本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

維新と立憲民主が喧嘩をふっかけて立て続けに返り討ちにされた

 

 今国会で審議された「政治資金規正法改正案」ですが、審議の過程で日本維新の会が衆院で賛成した後、一転して参院で反対したことで与野党各党から批判されています。

 

 その一方、立憲民主の泉健太代表も党首討論で自らの問題を棚上げにして攻撃を仕掛けたにもかかわらず、反撃されてあきらかな動揺を見せてしまうという失態を晒してしまいました。

 

 いったいどうしてこんなことに・・・

 

 

 

最初から合意を反故にし、便利に利用する気満々だった日本維新の会

 

www.asahi.com

 

(自民党と日本維新の会が)党首間で結んだ合意は重い。そこには(調査研究広報滞在費=旧文通費の使途公開の)期限も書いていない。文書で結んだ以上は、文言がすべて。(維新は)期日を書き込ませるべきだったし、それがない以上、いくら求めてもせんない。

 

今国会では「政治資金規正法改正案」が議論されましたが、審議の中で与党に改革案を飲ませて衆院賛成にまわったはずの維新が参院で突如反対にまわり、問題となっています。

 

この記事には書かれていませんが、この会見で国民民主党・玉木雄一郎代表は問題点を2つあげています。1つは「反対理由としている旧文通日の使途公開期限(期日)の話は、そもそも改正案審議の本質ではない」ということです。

 

 

 

計画された「騙し討ち」ではなく、自らの意思で明示的に合意した上で手のひらを返した日本維新の会

 

もう1つ、これは私も勘違いしていた部分がありました。もともと衆院採決前、自公との協議を終えた維新・馬場代表は「”原則”賛成だ」と発言していました。協議で合意したにもかかわらず、なぜ「原則」なのか。この時点で、反故にする気満々だなとわかりました。

 

「使途公開期限」を参院で反対する理由になるほどこだわるのであれば、与党との合意形成時にしつこく要求して言質を取っていなければおかしい。馬場は敢えて内容を詰めず、あとで合意を反故にする道具にしたのだろうと思っていました。

 

ところがこの玉木雄一郎会見によると、「使途公開期限」は自公維の協議の俎上に上がった上で、自民から明記しないよう要請があり、馬場が明確に承諾していたとのことです。馬場自身が明確に承諾したにもかかわらず、参院で突如馬場が「与党に裏切られた!」と騒ぎたてたということです。

 

これはもう、維新がクズだとしか言いようがない。

 

この維新の対応が、与野党双方からすこぶる評判が悪い。裏切られた自民は当然ながら、「維新など信用するんじゃなかった」と酷評。国民民主からは上の通り衆院で自らの修正案を飲ませて合意したものを参院で否定するというちぐはぐっぷりを指摘され、立憲民主からも冷ややかな目が

 

・・・飛んでいたのですが泉健太さんだけは謎のジミンガー飛ばしてましたね。この件でおかしなことをのたまってたのは泉健太さんぐらいのもんでした。

 

 

 

自らの党の「問題」には頬かむりをしておきながら、自称「誠実」をアピールする愚かな泉健太さん


はてさて、6/19に行われた党首討論。朝日デマ新聞社は岸田首相四面楚歌とか書いていましたが、実際には首相に憲法改正などを突き付けられた泉健太がしどろもどろになる、面白い展開だったようです。

 

www.sankei.com

 

立民の泉健太代表は19日の党首討論で改正政治資金規正法は企業・団体献金、政治資金パーティー、政策活動費の禁止が盛り込まれておらず落第点だと批判。「裏金体質を抱える自民党よりも誠実な政治ができる」と衆院解散を求めたが、首相は拒否した。

 

安住淳国会対策委員長をはじめとして、「同じことをやっている」議員を大量に抱えている立憲民主党が、よくもまあぬけぬけと言えたものだと思います。自民は自浄能力を見せていますが、立憲民主党は責任をとらないどころか、自らのことを棚に上げてしれっと追求側にまわっています

 

あまつさえ、政治資金パーティー全面禁止法案を提出しておきながら、党幹事長や国対委員長、選対委員長が相次いで資金パーティーの開催を宣言する始末。

 

こんなことをやっている立憲民主党になど、とてもとても政治を任せるわけにはいきません。

 

 

www.sankei.com

 

「政治とカネ」問題を巡る自民批判には一定の説得力があったが、基本政策に関する「責任ある態度」の欠如を首相に指摘されると動揺をあらわにし、次期衆院選への不安要素を露見させた。

 

序盤は首相が防戦に徹している印象が強かったが、15分強が経過したところで潮目が変わる。首相は、安全保障やエネルギー政策、憲法に関する「責任ある態度」を立民に促し、攻勢に転じた。

 

泉氏がうろたえていることは明らかだった。首相が口にした3つの基本政策は、次期衆院選での野党間の連携を阻む最大の懸案になっているからだ。

 

「敵将」にアキレス腱(けん)を突かれた泉氏にとって、初めて臨んだ党首討論は後味の悪いものとなったに違いない。印象的な首相の答弁を記者団に問われると「印象に残ったところはない」と強弁した。

 

泉健太は衆院解散を要求しましたので、総選挙で勝つ自信があるんだと思います。多分。

 

しかし万が一立憲民主党が勝ててしまった場合、単独過半数は無理ですので他の政党と連立を組まなければなりません。当然、安保・エネルギー・憲法改正で合意形成できる政党と組まなければ、それぞれ多数決で否決され速攻でレームダックになってしまいます。そこをきちんとやるんだろうね?と問われたわけです。

 

この一言で、泉健太さんは明らかに動揺。なんせ、他党との連立はおろか、立憲民主党単独ですらこれら重要項目のコンセンサスがまったく取れていないのです。これで政権をよこせとか、国民をナメくさっているにも限度というものがあります。