本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

新型コロナウィルス(武漢肺炎)国内感染者数の内訳(5/7版)

f:id:inatei:20200421070625p:plain

 

河野太郎防衛大臣のツイからデータを拾ってグラフ化している、「新型コロナウィルス(武漢肺炎)国内感染者数の内訳」の5/7正午まで版です。

 

 

 

Δ退院者数>Δ感染者数(2日連続3度目)

 

f:id:inatei:20200508103841p:plain

 

まずいつもの積み上げグラフですが、今更ながらこれどうしたもんか。

 

最初から感染者数増(入院や確認中など)と感染者数減(退院と死亡)を分けておけば分かりやすかったのに、河野ツイの記載順にあわせて深く考えずにこさえたもんだから感染者数が増えたのか減ったのかわからないグラフになってます。

 

しかも一番下の退院者数が増加しているために、その上に乗っかってる数値が全部退院者数の影響を受けて押し上げられているというよろしくないグラフ。

 

 

f:id:inatei:20200508104303p:plain

 

今回注目すべきはこっちのグラフで、Δ退院者数(Δ=前日比の増加数=新規退院者数と考えてくだされ)がΔ感染者数を2日連続で上回っている点です。

 

となると、5/6~5/7にかけて入院患者が減少傾向に転じたとみることができます。

 

当初「非常事態宣言」の期間を5/6までに置いた政府(に助言した専門家たち)の見解は、日付精度で的中していた、ということでもあります。

 

 

 

積み上げグラフの順番差し替え版

 

f:id:inatei:20200508104830p:plain

 

最初の積み上げグラフを、退院+死亡要するに既に患者ではない人を上に、重症軽症確認中を問わず「患者」を下に集めた積み上げグラフです。

 

これを見ると、総患者数がやはり5/4に最大値に到達してここ2日ほど減少に転じている、また退院者が急増していることがわかるかと思います。

 

もう最初のグラフやめて、こっちだけにしようか・・・?

 

 

f:id:inatei:20200508105426p:plain

 

それぞれの項目を、積み上げではなく単純に患者数で折れ線グラフにしたものです。

 

まず「軽症者」と「症状有無確認中」患者がそれぞれ伸びていきましたが、特徴的なのはどちらも直線的に増加している点かと思います。

 

諸外国では患者数が指数的に増加している一方、日本はなぜか直線的な増加傾向を見せていることで、急激な医療現場崩壊を免れることが出来ていたということです。これ何故なんでしょうね?

 

軽症者は4月末をピークに減少に転じ、症状有無確認中の患者も5/5あたりで今のところ減少傾向に転じたように見えます。退院患者数は、基本的に積みあがる一方です。

 

 

f:id:inatei:20200508110106p:plain

 

そうすると今度は「重傷者(ICUに入ってる人など)の数がわかりにくい」という話になってきます。絶対数が少なく、グラフの下に追いやられているからです。

 

なので重傷者だけを抜粋したのがこのグラフ・・・ですが、やはり4/29頃をピークとして減少に転じているようにみえます。

 

 

某責任転嫁都知事とかがまた「土日の数字は信用できない」とか「月曜の数字は持ち込み数が少ない」とかケチつけたりしますので、なんとか今日5/8(金)正午の数字でもこの傾向を見せてほしいものです。