本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

2/6追記:原口一博さんが国民民主党の努力を台無しに。風俗立憲の安住淳は新聞を恫喝

実験に失敗した博士のイラスト

 

今国会の質疑では、国民民主党と民主党系無所属が「新型コロナウィルス問題」を中心に、社民党が「自衛隊の中東派遣」を中心に質疑。

 

従来の「政策を無視して政局遊びに勤しむ」野党の姿とは一変し、一定の評価を受けている状態です。

 

相変わらず政治政策の足を引っ張ることだけが目的の、風俗立憲民主党や共産党との違いを明確にしているように見えましたが・・・

 

 

 

国民民主党の今までの努力を台無しにした、原口一博

 

 

1月27日から開催された衆参予算員会の各政党の質問テーマの時間割合をまとめました。
立憲民主党と共産党は“コロナウイルス”や“経済政策”や“外交・安全保障問題”よりも【桜を見る会】の方が重要だと思ってるとよくわかる結果になりました。#kokkai pic.twitter.com/EAaIqP6ptB

— Dappi (@dappi2019) 2020年1月30日

 

事の発端は、この Dappi さんのツイ。

 

このツイでも、やはり「風俗立憲と共産党が、新型コロナウィルス問題という政策上の緊急課題を無視し、自分たちのことだけを考えて政局遊びに勤しんでいる」といった指摘をされています。

 

ところが、ここで批判対象にはされていないはずの国民民主党・原口一博がなぜか超理論を駆使して激高しはじめました。

 

 

 

データを整然と出す。ある意味立派だが広告代理店が後ろにいるの?それにしても危機管理事態に何を言いたいのだろう?
 危機管理に追われている部署への配慮も考え質疑を分担している。国会答弁には、膨大な労力も必要だからだ。
質疑をするなと言うなら事態が落ち着くまで予算審議を中断する事も。 https://t.co/HV0gxlhjAP

原口 一博 (@kharaguchi) 2020年1月30日

 

まず、叩かれているのは風俗立憲民主党と共産党だけなのに、なぜ国民民主党の原口一博が騒ぐのかがまったく理解できません。

 

「危機管理事態に何を言いたいのだろう?」という素晴らしい一言が出ていますが、「危機管理事態にくっそどうでもいい政局遊びで、重要関係閣僚を足止めしまくった上、対策法案の提出や審議を著しく妨害するな!」と言いたい。

 

「広告代理店が後ろにいるの?」に至っては、お前は小学生かと。陰謀論は国民民主党内でやれ

 

 

 

風俗立憲民主党のクズ・安住淳が、都合の悪い記事を書いた新聞を「クズ」呼ばわりし問題に 

 

mainichi.jp

 

 立憲民主党などの衆院会派の控室ドアの廊下側に4日午前、新聞各社の4日付紙面6枚が張り出された。蛍光ペンの書き込みがあり、個別に「100点!」「0点」「出入り禁止」「論外」などと記されていた。論調への評価とみられるが、報道機関への圧力ととられかねない。

 

 毎日新聞の記事によると、昨日2/4午前、風俗立憲民主党「など」の控室ドア廊下側に、自分たちにとって都合の良い報道を行った新聞社に対し「100点!」都合の悪い報道を行った新聞社に対しては「0点」「出入り禁止」「論外」などと書き込んだ紙面が張り出されたとのことです。

 

この時点で既に「メディアに対する恫喝・圧力」で大問題なのですが、毎日変態新聞社は張り出した主体を明確にせずぼかしている等、この時点でもまだ風俗立憲民主党をエクストリーム擁護する気満々な報道をしており、いまいち詳細がわかりません。

 

 

www.yomiuri.co.jp

 

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は4日、国会論戦を伝える新聞6社の報道内容に「くず」「論外」などと批評を加えた記事のコピーを、国会内の立民控室のドアに掲示した

 コピーは昼頃に1時間前後、廊下に面した場所に貼り出された。野党質問などを中心に報じた記事には花丸をつけて「すばらしい」と記し、別の3社の記事には「×」「出入り禁止」「ギリギリセーフ」などと書き込んだ。

 安住氏は記者団に「感情のままに書いた。反省している」と陳謝し、枝野代表から「理性的に対応してください」と注意されたことを明かした。福山幹事長は「(報道への)圧力だとは思わない」と記者団に語った。

 

この読売新聞の記事では、貼りだした主体が明確にされています。

 

風俗立憲民主党の安住淳が、「風俗立憲民主党の国会対策委員長として」主体的にこの暴挙に及んだことがわかります。

 

安住淳本人が枝野幸男から注意された、という点から、実際に張り出したのも、下っ端議員や職員ではなく、安住淳本人であったであろうことが読み取れます。

 

そして福山(陳)哲郎は、「圧力とは思わない」という独特な個人的見解を垂れていますが、この辺の感覚は、さすがに日本人とは乖離した異質性を感じさせてくれます。

 

 

www.jiji.com

 

 貼り出しについて、自民党の森山裕国対委員長は記者会見で「報道を真摯(しんし)に受け止めることが基本だ」と強調。公明党幹部は「言論弾圧だ」と非難した。

 

時事通信も、無理やりジミンガーに持ち込もうとしている点があること以外、おおむね同等の報道。

 

 

www.nikkansports.com

 

NHK記者出身の安住氏は、記者が編集権への介入ではないかと尋ねたのに対し「そんな大げさな話ではない。介入しようとは全然思っていない」と否定。「出入り禁止」の表現に関しては「そういう気持ちになるぐらい残念だったということで、取材はフルオープンだ」と釈明した。(共同)

 

 風俗立憲民主党の恫喝魔・安住淳ですが、この日刊スポーツ(実際には共同通信)の記事にある通り、「皆様のNHK出身」です。

 

メディア出身の人間ですから、今回の恫喝は当然「メディアへ圧力をかける意図があり、敢えてそう受け取られるように行動した」ことは明らかです。もし意図が無いのであれば、メディア出身者以外の人間よりもこの辺の行動は慎重になる筈です。

 

悪意が明らかであるにも関わらず、「そんな大げさな話ではない」とか「介入しようとは全然思っていない」とか、どこまで有権者をナメくさってんでしょうかこいつ。

 

 

www.news24.jp

 

安住⽒「私どもで毎⽇、政治⾯を⾒ながら論評を加えてたんですけども、ちょっと調⼦に乗りまして、不快な思いをしたんなら反省をしております」

 

当事者が不快にならないとでも思ったのかこいつ。どこまで人間の気持ちを理解できない、クソザコチンピラなんだこいつ。

 

 

www.sankei.com

 

 元NHK記者の安住氏は、特定の報道機関に取材規制とも受け取れる論評を加えたことについて「そんな大げさな話ではない。介入しようとは全然思っていない」と否定し、取材規制はしない考えを示した。政府・与党が同様の行為に及んだ場合の対応を聞かれると「人徳の問題だ。私に人徳がなかった。深く反省している」と答えた。

 

産経新聞の報道内容でナイスだったのは、ここで敢えて「政府・与党が同様の行為に及んだ場合の対応」という質問に対して言及している点です。

 

これ、今後政府与党が何かしらの失言をした場合、カウンターとして今回の一件がセットで報道されるぞ、と予告しているようなもんです。素晴らしい!

 

 

 

生コンの辻元清美がヒステリーすぎると話題に

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

だが、ツイートの中身は「辻元さんは内容もひどいが、それ以前にヒステリック過ぎだ」「立憲民主党のイメージをガタ落ちさせた」などと、批判が噴出する予想外の展開になった。

 

 辻元氏はその後も、収支報告書への不記載について安倍首相を追及しようとしたが、棚橋泰文予算委員長が答弁に高市早苗総務相を指名し、紛糾する場面も。辻元氏は「委員長のような仕切りでは、いくら質問しても答えを得られない。反省して」と棚橋氏へ矛先を向けた。

 

 これに自民党議員は「高市総務相が選挙資金規正法について説明しようとした時、辻元氏は『総理だよ、総理!』と大声で怒鳴り散らし遮った。フェアじゃありません。安倍首相に対する『異常』という発言も暴言に値します」と激怒した。

 

 辻元氏は、社民党時代の2002年に、元政策秘書の給与不正受給疑惑の責任を取って衆院議員を辞職。その後、秘書給与をだまし取った罪に問われ、逮捕され有罪判決を受けた。

 

 ネット上では辻元氏に「外国人献金、秘書給与をピンハネ、そんな人間に言われてもねぇ」という反応が示された。のらりくらりの首相と詰め切れない野党が際立った。

 

相変わらず、政策を無視して政局遊びに没頭する風俗立憲民主党ですが・・・

 

世間が新型コロナウィルスで混乱し、国民民主党や民主党系無所属もこの問題を議題に上げている中で、風俗立憲民主党の異様さが目立ち過ぎました。

 

これも毎度のことですが、この日も風俗立憲の生コン・辻元清美は政局遊び、それも度重なる理不尽な恫喝する姿は、有権者からはヒステリーとしか受け取られていないようです。

 

なお風俗立憲のイメージなんてとっくに地に堕ちてるので、気にしなくてOKです。

 

 

www.zakzak.co.jp

 

 安倍晋三後援会のA氏はこう語った。A氏の保管していた領収書は、昨年の「桜を見る会」の前日(4月12日)、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開かれた「前夜祭」に夫婦で出席した際、ホテル側から手渡された2枚という。

 

 A氏は前夜祭について、「応援する安倍首相の顔を見たいだけだ。あと、後援会の人々と交流するのが目的。料理なんて期待していない。自分はビールを口にしたぐらい。野党議員が『銀座久兵衛の高級寿司が出ていた』と大騒ぎしていたが、完全なウソだった。政権批判のためなら何でもアリなのか。民主党時代の『偽メール事件』を思い出す」と語った。

 

 さて、左派野党やメディアが地元・山口県を回っても「領収書が出てこない」と言っていることに、A氏は続けた。

 「不信感でしょ。初めから『政権批判ありき』『疑惑ありき』で接触してくるそんな人たちには協力したくないですよ。昔の野党には、もっと骨太の政治家がいた。いまは質が悪すぎる。マスコミも裏も取らずに、疑惑を垂れ流している。うんざりしますよ」

 

ここで「偽メール事件」と書かれているのは、有名な「永田寿康メール事件」のことです。

 

ご存じない方は、以下のリンクをご参照くださいまし。

 

 

www.inatei.com


 

「永田メール事件」。「堀江メール問題」などとも呼ばれていますが、堀江貴文さんは本件では被害者ですので、事件名に冠するのは適切ではないでしょう。

 

2006/02/16。民主党の永田寿康議員が、衆院予算委で次の指摘を行ったことから、事件が始まります。

 

 

 

原口一博その2:恩を仇で返す鬼畜

 

blogos.com

 

2017年、難病で入院していた原口一博のもとに、安倍晋三首相から激励が届きました。

 

復帰した当初は、「とりわけ安倍総理にはお礼を申し上げたい」と言っていた原口一博ですが・・・

 

 

blogos.com

 

そのうえで「桜を見る会」を巡る問題は「税金の私物化、税制民主主義を問うている」、また「安倍首相が総理大臣としてよりも、議員としての資格があるかを問うている」とその本質を語った。

 

3年前の出来事をすっかり無かったことにし、政策を無視して政局遊びで「激励をくれた相手」を欠格者であるかのように悪しざまに言う。

 

原口さん、あなたこそ人間として生きていく資格ありませんよ。

 

 

 

2/6追記:「くず」の安住淳「野党が国民から出入り禁止」

 

www.fnn.jp

 

そして一夜明けた5日午前、安住氏は野党の国対委員長会談を受けて、記者団の取材に応じた。そして前日に安倍首相が野党議員を嘘つきだと批判したことについて問われ、次のように述べた。

「私もミスショットはしてるんで、偉いことは言えませんけれども、これあの委員会の中で、テレビの中でやってる話なので、テレビの中でいずれ総理にはきちっと謝罪をしてほしい

 

風俗立憲民主党の安住淳は、何をとち狂ったか安倍晋三首相に対して「謝罪せよ!賠償にだ!」と騒ぎだしましたが、これ以上醜態を晒す前にとっとと氏んでくださって構わないんですよ?

 

しかし野党はこれまで、安倍首相や自民党がメディアに圧力をかけているなどと批判してきた経緯がある。それだけに安住氏の今回の行為には野党内からも厳しい声が相次いでいる。

 

安住氏の上司にあたる立憲民主党の枝野代表はラジオ番組で「ちょっと調子にのったかなと思いましたので、私から注意させていただきました」と述べた。

 

また国民民主党の玉木代表も会見で、「調子に乗りすぎていると、野党全体が国民から出入り禁止を受ける」と、安住氏の行為の影響が野党全体にまで広がることへの危機感を示した。

 

さらに立憲民主党の山尾志桜里衆院議員はツイッターで「自分が立憲民主党所属であることが恥ずかしいレベル。議員が幹部に物言わない党内文化が引き起こした結果でもあるから、自分自身も恥じてます」と綴った。

 

さすがに、今回ばかりは野党内からも批判が出ているようですが・・・

 

枝野幸男は相変わらず身内に甘すぎる。

 

 

news.nicovideo.jp

 

 新聞記事はすぐに撤去され、真意を問われた安住氏は「調子に乗って冗談のつもりで感情の思うがままに書いてしまった」「笑い話でやって、記者さんも大笑いしていた。気に障ったとすれば申し訳ない」などと釈明。

 

 このニュースが報じられると、Twitterでは「くず・0点」「立憲・安住氏」がトレンド入り。そして、「特定報道機関に“くず・0点”とつけて言論弾圧している。大問題だ」「政治家が感情で報道機関に暴言を吐く。そんな人間のいる組織を与党にできない」「調子に乗っていても、報道機関の悪口を書き入れて掲示するようなことはしない。人間として間違っている」などと批判の声が殺到し、炎上状態になっている。

 

 政治家が特定報道機関に「くず・0点」と罵った今回の事態。立憲民主党は安住氏を処分する気はないようで、「あくまでも冗談」として片付ける様子。このまま「不問」で終わらせるのなら、少なくとも安倍政権の失言とされる発言を批判する資格はないとの見方が広がっている。

 

むしゃくしゃしてやった。

アベを叩ければ何でもよかった。

今は反省している。

 

アベをアベベにしてしもうた