本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「チバニアン」正式決定!!-日本由来の「地質年代」命名は初-

f:id:inatei:20200117154122j:plain

 

地球の「地質年代」のうち、これまで名称が決まっていなかった「約77万~約12万年前」の時代。

 

この時代の名称が、正式に「チバニアン」に決定しました!!

 

 

 

チバニアン、正式決定!

 

this.kiji.is

 

 46億年の地球史を時代ごとの特徴で分けた「地質年代」のうち、まだ名前が決まっていなかった約77万~約12万年前を「チバニアン(千葉時代)」とすることを、国際地質科学連合(IUGS)が正式決定した。命名を申請した日本の研究チームなどが17日、明らかにした。

 

千葉県市原市田淵の地質に当時の磁場逆転の痕跡が見られることから、「地球の地質年代名がチバニアンになるかも?!」ということで、にわかに注目を集めていたこのお話。

 

紆余曲折ありましたが、ようやう本決まりとなったようです。

 

実際に現地に行って、激しいアップダウンに四苦八苦したのはいい思い出です。あれからはや1年経ったんですね・・・

 

 

 

ここまでのチバニアン(このブログ的に)

 

第二次安倍改造内閣で松野博一議員が文部科学大臣になったが・・・

 

www.hiro-matsuno.net

 

www.sankei.com

 

 3日に行われた内閣改造で、文部科学相として初入閣が決まった松野博一衆院議員(53)。地元の千葉3区(千葉市緑区、市原市)の支持者からは喜びと期待の声が上がった。市原市内にある松野氏の地元事務所では、秘書ら関係者数人がテレビの前で内閣改造に関するニュースを見守り、菅義偉官房長官が松野氏の名前を読み上げると、大きな拍手が巻き起こった。

 

 また、地元の市原市田淵には、地質時代を代表する場所(模式地)として国際的に選ばれる可能性がある地球磁場逆転地層「千葉セクション」が近年話題になっている。国際的な学会で模式地に選定されれば、地球史に「千葉時代(チバニアン)」が刻まれるとみられ、松野氏も3月、自身のフェイスブックでこの地層について「地球の地質年代に千葉期の名前がつくといいな」などと記している。

 

2016年8月に第二次安倍改造内閣が発足し、文部科学大臣に松野博一議員が任命されました。

 

市原市を含む衆院千葉3区を地盤とする議員が文科相に登用されるとなると、これはもうチバニアンシフトか・・・?

 

と思ったのもつかの間、1年で外れました。

 

 

2017年11月、一次審査通過

 

www.inatei.com

 

地球の歴史年代名の候補である「千葉時代(チバニアン)」が一次審査を通過、ほぼ決定しました。

 

松野さんが退任してから間もない2017年11月、名称「チバニアン」の審査が一時審査を通過しました。

 

この時点で命名はほぼ確実・・・と見られていたのですが、ここから妨害が入ります。

 

 

国内から「待った」

 

www.inatei.com

 

地球で最後に起こった磁場逆転の痕跡を残すという、千葉県市原市田淵の地層。

 

この地名をとって、その時代の名称が「千葉時代」になることでほぼ決まったかに見えましたが、なんと国内から「待った」がかかってしまいました。一体どういう事でしょう?

 

ライバルのイタリアチームとも良好な関係を保ちつつも、着実に命名に向けて審査が進んでいたチバニアン。

 

しかし、国内の「楡井久」チーム(といか市民団体)から「根拠は捏造だ!」などの指摘が入ると、イタリアチームも「審査は白紙に戻すべきだ」などと主張しだしてしまいます。

 

ただこの件は、茨城大学内の権力闘争?のような面が前面に出ていたこと、楡井久さんは小池百合子さんのいわゆる「豊洲市場汚染問題」に関わった人物らしいということもあり、当初から狂言が疑われていました。

 

 

申請チームはもちろん反論

 

www.inatei.com

 

しかし、それが対立市民団体からの妨害であったこと、更にその中心にいる「楡井久」なる人物が豊洲市場でやらかした経緯を持っており、しかも筑波大内の権力争いの様相まで透けて見えるなど、ちょっとぐんにょり感が漂っていました。

 

そして5/17、申請チーム(研究チーム)はあらためて反論となる報告書を提出。5/18に会見をおこないました。

 

市民団体からの物言いに対し、申請チームはあらためて反論報告書を提出しています。

 

 

 

最終(三次審査)通過!そして・・・

 

f:id:inatei:20200117154200j:plain

 

www.inatei.com

 

地球の歴史年代名の候補「千葉時代(チバニアン)」が,、三次審査を通過しました。

 

去年末の11/29までに、チバニアンは三次審査を通過。

 

これにより事実上の決定となり、あとは今月に予定されていた正式決定を待つのみの状態でした。

 

そして本日、あらためて正式決定されたということです。