本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

風俗立憲民主党の枝野幸男、石油シーレーン防衛に反対。日本のエネルギー政策を破綻させる目的

f:id:inatei:20200105140826p:plain

 

原理的反原発でベースロード電源を否定している、風俗立憲民主党の枝野幸男。その枝野幸男が中東のシーレーン防衛にも反対し、いよいよ日本のエネルギー政策を本格的に破壊しに動きはじめました。

 

 

 

米国、イラン革命防衛隊司令官を殺害・・・キルクーク攻撃への報復

 

www.yomiuri.co.jp

 

米国防総省は2日、声明を発表し、米軍がイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと明らかにした。

 

すでに報道されている通り、米国がイランへの空爆を敢行。

革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害しました。

 

 

www.afpbb.com

 

【12月28日 AFP】イラク北部キルクーク(Kirkuk)で27日、イラク軍の基地がロケット弾による攻撃を受け、民間業者の米国人1人が死亡、米国とイラクの複数の軍人が負傷した。イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」と戦っている米軍主導の連合軍が発表した。

 

米軍がイランへの空爆を敢行するに至った経緯について、日本の特に地上波ではほとんど報じていません。

 

実は空爆の一週間ほど前、現地時間12/27にイラクのキルクーク駐留米軍基地がロケット弾による攻撃を受け、民間人などが死傷するという事件が発生していました。

 

 

www.jiji.com

 

【ワシントン時事】米国防総省は29日、イラクとシリアで、イランを後ろ盾とするイスラム教シーア派組織「カタイブ・ヒズボラ」の拠点5カ所を空爆したと発表した。27日にイラク北部の油田都市キルクークで、駐留米軍の基地がロケット砲攻撃を受けたことに対する報復という。

 

当初、米国は攻撃者について明確にしていませんでしたが、12/29に親イラン派拠点への空爆を敢行。空爆の理由としてキルクーク攻撃をあげた際に、これがイランによる攻撃であったことを明らかにしています。

 

 

 

米国を中心とした有志連合がホルムズ海峡を警備、日本は参加しない形での派遣。一方中露イランは

 

www.tokyo-np.co.jp

 

【ワシントン=共同】イラン沖・ホルムズ海峡などの安全確保を目的とする米主導の有志連合の司令部発足式典が七日、バーレーンで開催された。対イラン包囲網構築を目指す米国に、英国やサウジアラビアなどを加えた七カ国が参加。各国艦船による「番人(センチネル)作戦」が本格始動する。イランの友好国の日本は加わらなかった。

 

さて時をさかのぼってその2ヶ月前となる11/7、かねてより交通の要衝・ホルムズ海峡の特にイランからの防衛を検討していた米国は、「有志連合」をつのり、この日発足させていました。

 

 

www.inatei.com

 

【12月2日 AFP】イランは1日、同国から輸出した原油の代金を物品で受け取る取引を行うことで、韓国と最終合意したことを明らかにした。米国がイラン産原油に対して再発動した禁輸措置の回避を図る。

 

ちょっとここで脱線します。

前回のネタに書いた通り、韓国がイランから購入した原油などの代金を遅滞させていたというか支払っておらず、「物々交換とする」ことで一旦手打ちとなっていました。

 

ところが、横流しをしようとしていた戦略物資の輸出を日本が厳格管理しはじめたため、韓国は余剰部材がなくなり横流しできなくりました。

 

 

jp.reuters.com

 

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国は、ホルムズ海峡での船舶の航行の安全確保を目指す米国主導の有志連合に加わるため、駆逐艦1隻を含む海軍の部隊を派遣する計画。韓国の経済紙「毎日経済新聞」が報じた。

 

韓国は原油代の支払遅滞のみならず、この「有志連合」への参加を前提とした訓練を早期から実施しており、これらによりイランの対韓国感情は険悪なものとなっています。

 

脱線ここまで。

 

 

www3.nhk.or.jp

 


中国国防省は、27日から中国、イラン、ロシアの3か国がインド洋のオマーン湾海域で軍事演習を行うと発表し、軍事、経済両面でイランへの圧力を強めるアメリカをけん制するねらいがあると見られます。

 

話は戻りますが、キルクーク駐留米軍基地が攻撃された12/27から12/30にかけ、米軍主導の有志連合に対抗する形で、中国・ロシアそしてイランがオマーン湾で軍事訓練を実施しています。

 

もうテロとか海賊とか以前に、下手したら2大勢力が交戦状態になりかねない事態になっていました。

 

 

米国・イラン双方と良好な関係を築く日本は、有志連合に参加しない形で自衛隊を派遣

 

www.sankei.com

 

一方、有志連合への参加は日米安全保障条約の義務ではないが、米国の要請を拒否し、日本だけ高みの見物を決め込めば対日不信を招き、日米同盟に波風が立ちかねない。そこで自衛隊を独自に派遣することで、地域の安定化に主体的に取り組む姿勢を米国など関係国に示しつつ、活動範囲からホルムズ海峡を除外してイランにも配慮した。

 

 関係国の理解を得るための根回しも進めた。首相は20日、来日したイランのロウハニ大統領と会談し、海自派遣計画を説明。ロウハニ師は「日本が透明性をもってイランに説明していることを評価する」と理解を示した。政府は当初、20日の閣議決定も検討したが、同日来日したロウハニ師にも配慮し、27日とした。

 

いっぽう米国・イラン双方と良好な関係を持つ日本は、実際にこの海域でタンカーが攻撃された直後ということもあり、自衛隊の派遣を決定しています。

 

単純に断れば米国との関係が悪化しかねず、逆に有志連合に加わればイランとの関係を損ねる事態になりかねない・・・という状況で、安倍晋三首相は双方に根回しをした上で「有志連合に参加しない形での防衛協力」を行うことで、双方から理解を得ます。

 

難しい局面でこの場はうまく切り抜けた、という印象ですが、逆に言うとやはり米国・イラン双方との関係を損ねたくないはずの韓国が、なぜ安易に有志連合への参加を前提に行動していたのかは理解に苦しむところです。

 

まして、文在寅政権はむしろ「反米」とも言える政権ですので・・・

 

 

 

風俗立憲民主党野枝野幸男、石油シーレーン防衛を非難

 

www.asahi.com

 

風俗立憲民主党の枝野幸男ですが、相変わらずおかしなことをべらべらと喋っています。

 

アメリカによるイラン司令官の殺害は、中東地域における緊張を極度に高めていると非常に危惧している。そもそもこの行為が国際法上正当化出来るのかどうかについて疑問があるし、中東の安定を損なうリスクが非常に高いという意味で、我が国にとっても軽視出来ない状況だ。

 

まず米国による空爆・イラン革命防衛隊司令官殺害の一連の件ですが、それを行う一週間前にキルクーク駐留米軍基地に対する攻撃があり、それに対する報復であったことは先に述べた通りです。

 

枝野幸男の上のコメントを見ると、枝野はその事実をまったく知らないか、或いは知った上でわざと無視していることが分かります。

 

これが民間人であるならともかく、紛いなりにも公党の党首の立場にある人間が、このような重要イベントに関する情報を全く把握していなかったとなると、政治家・政党としての存在価値が根本から否定されることになると思います。

 

 

 そんな状況の中東地域に、自衛隊を国会の審議もなく調査という目的で送り出す。自衛官の安全を含めて、大変由々しき事態だ。自衛隊のみなさんを行かせて良いのかどうか、国会における抜本的な議論が必要だと思っている。

 

そしてここが重要な部分なのですが、ホルムズ海峡・オマーン湾など中東付近の海域は、テロや海賊に加え、ここまでに述べてきた通り非常に不安定な状態にあります。

 

そして日本の石油は、そのほとんどがこの海域を経由して輸入されています。このシーレーンに関しては、今更書くまでもなく、常識というのもおこがましいほどの事実かと思います。ここを防衛するのは当然です。

 

ところが枝野幸男の上のコメントを見た限り、彼らはこの「常識というのもおこがましいほどの事実」すらまったく知らないのではないか、と疑わざるをえません。

 

 

 安倍総理は、同盟国であるアメリカがトランプ大統領の直接の指揮の下にこういうことを行ったことについて、どういう事前の説明を受けていたのか、そして現在どういう説明を受けているのか。本当は、総理も今日あたり記者会見をして、説明していただく必要がある。

 

毎度のことながら、この枝野幸男の卑劣卑怯な言動には、怒りを禁じえません。

 

米国とイラン、対立する両者との関係を損ねずに外交を展開する・・・枝野幸男はここまででかい口を叩いているのですから、まずは安倍晋三首相がとった行動よりもより良い一手を即刻披露しなければならないはずです。

 

ここまで大きな顔をして、安倍晋三首相を罵っているのですから。まあ、枝野幸男のことですから、遁走しか出来ないと思いますが。

 

 

www.nikkei.com

 

立民が唱える「原発ゼロ政策」に関しては電力労組出身議員などを中心に温度差がある。

 

また、枝野幸男率いる風俗立憲民主党は、「原発ゼロ政策」なる主張を展開しています。

 

もし本当に原発を止める一方で石油もシーレーンを封鎖され輸入できなくなったら、こいつらは電力をどのようにまかなうつもりなのでしょうか?

 

不安定かつ絶対量の少ない再生可能エネルギーを持ち出してお茶を濁すだけでしょうか?それとも、CO2議論を向こうに張って、石炭火力を展開する覚悟があるのでしょうか?

 

長い政治家生命のなかで最後の1回だけでも、政策について語ってみる気はないのでしょうか。

 

 

www.jiji.com

 

 立憲民主党の枝野幸男代表は4日、三重県伊勢市での記者会見で、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の国外逃亡について「わが国の法秩序に対する挑戦だ」と厳しく批判した。また、政府に対して速やかに経緯を説明するよう求めた。

 

蛇足ですが、枝野幸男さあ・・・政府(行政)に対して司法に介入しろって言ってんのかよ。ほんと、枝野幸男ネタになると、怒りしか感じない。