本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

令和最初の終戦の日。悲劇を繰り返さない事を誓う日に、野党連中ときたら…

ãæ¦è¦å¤§åæ°éç¢æï¼ç¥å½ãè­·ãå士ãå®ããã«ãç ãä¸ãã | ã±ãããããªã¼ç´ æãã®åç

 

今日2019/08/15は、令和最初の「終戦記念日(終戦の日)」です。

 

これに伴い、今上天皇陛下が「おことば」を発せられました。

 

 

 

今上天皇陛下、上皇さまのご意思を踏襲

 

www.jiji.com

 

 終戦から74年を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。

 

「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」

 

 

平成から令和に元号がかわって初めての終戦記念日となった、今日2019年8月15日。

 

日本という国が第二次世界大戦に破れてから、74年ということにされています。

 

※厳密には昭和天皇陛下の「玉音放送」から74年であり、日本が武装解除した日、とはいえその後も戦闘は続けざるを得ず、実際に戦火が止んだのはもっと後のことです。

 

 

即位後はじめての終戦記念日をむかえた今上天皇陛下は、このような「お言葉」を発せられました。

 

大きくは、上皇さまのご意思を踏襲された内容となっています。

 

 

 

各政党の反応は?

 

mainichi.jp

 

終戦記念日にともない、与野党各党が談話を発表しています。

 

各党とも、冒頭で哀悼の意を出しています。

 

まずは、それなりにまともっぽい政党から:

 

自由民主党は、「現在、平和な状態が続いている」ことに言及。平和が持続できている理由を「国民一人ひとりが恒久平和の実現に全力を尽くしてきた」ためとして、この「平和国家日本」を次世代に引き継ぐとしています。

 

国民民主党も、現在の平和は「戦争によって命を落とされた方々の尊い犠牲と、戦後の辛苦に耐え、復興の道を歩んでこられた先人のご努力の上に」成り立っていると言及。自民党と近しい談話でした。

 

公明党も「戦後は不戦と平和への貢献を掲げて努力」した結果「日本は世界から平和国家としての信頼を得る」までになったと言及していますが、先の2党よりより積極的に、世界的な戦争の傾向や将来展望に言及しています。

 

日本維新の会も、概ね自民党や国民民主党と同じような内容でした。

 

 

 

何考えてんだこいつら:

 

立憲民主党は、なぜか安倍政権叩きに終始。日本の原油輸入の生命線である「ホルムズ海峡警護」を非難しています。彼らは「反原発」であったはずですが、原発を廃止した上原油も輸入できなくなったら、一体どのようにして電力を確保するつもりなのでしょうか?

 

風俗立憲民主党は更に、集団的自衛権や安保法制、護衛艦「いずも」や防衛予算までも厳しく非難。国を守る術を放棄せよという事でしょうか?侵略されても「反撃せずに殺されろ!」と国民に強要するつもりなのでしょうか?

 

「焦土と化した国の復興に云々・・・」と訴えていますが、風俗立憲民主党の主張通りに国家を運営すれば、それこそ日本は焦土と化します。侵略されても抵抗できなくなるのですから。

 

共産党も風俗立憲民主党と同じような有様で、まあ語る価値は無いのですが、面白いのは「参院選で改憲勢力を2/3割れに追い込んだのは大きな成果だ!!」と自画自賛している点です。なかなか幸せそうですね。

 

社民党も同様。

 

 

 

立憲民主党・共産党・社民党は、終戦の日を一体何だと思っているのか

 

立憲民主党・共産党・社民党の3党に関しては、いったい終戦記念日を何だと思っているのか、本気で問いただしたいです。

 

多くの方々の命を奪った戦争を、政局の道具としてしか考えていないのでしょうか。

 

いくら野党とはいえ、少しは場をわきまえて欲しいものです。人間としてありえない談話です。

 

 

 

安倍晋三首相、玉串料奉納。稲田朋美特別補佐、靖国神社参拝

 

www.sankei.com

 

終戦の日にあわせて、安倍晋三・自由民主党総裁は、靖国神社に玉串料を奉納しました。

 

但し首相でもあることから今回は参拝は見送り、代わりに稲田朋美・総裁特別補佐が参拝しています。

 

閣僚の参拝はなかった模様。