本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

【7/9追記】巨匠動く!あの韓国・文在寅大統領が、ついにその重い口を開く・・・

f:id:inatei:20190708195913j:plain

 

日本政府による「韓国へのフッ化化合物の輸出優遇措置取り消し」の件で、対策しないどころかヴァカンスを楽しんでいたことで評判の韓国・文在寅大統領。

 

人呼んでムンムン。

 

問題から目をそらし続けて一週間、彼はついにその重い口を開きました。

 

いままでの沈黙は、いかなる深慮遠謀の上にあったのか・・・?

 

 

 

いままでのあらすじ:韓国「ふぅ~致命傷で済んだ」

 

www.inatei.com

 

www.inatei.com

 

簡単に書いてしまいます。

 

韓国経済は三星(サムソン)など財閥の比率が非常に巨大で、これらの財閥による半導体や有機ELの輸出による利益におんぶにだっこしていました。

 

その技術は日本の高品質な部材により成り立っているところが大きく、しかも日本がその部材を審査を優遇する形で輸出してくれていたおかげで現在の地位を確立する事ができていました。

 

しかし、その部材は核兵器製造など軍事目的に転用可能なものであるため、極端に大量の発注が出た際には日本国政府から韓国側に用途を確認したが無回答。

 

そんな状態がすでに3年以上継続、輸出量の3割が「行方不明」となっています。つまり「軍事転用」目的で韓国から「密輸出」された可能性が高い。

 

そんな事もあって、今回まずは3品目の輸出管理を厳格化・・・というか、他の国への輸出とおなじように扱うことになりました。

 

これにより、該当部材が優遇的に入手できなくなった韓国が大混乱。部材のストックが1ヶ月ほどのところ、審査に3ヶ月かかるとあって、普通に考えたら三星などは生産停止に追い込まれます。

 

この問題に対して、韓国・文在寅大統領は例によって逃げ続けていました。

 

 

 

ムンムン、ついに動く!!

 

そんな文在寅さんですが、今日7/8ついに動きました!!

 

www3.nhk.or.jp

 

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、日本政府が半導体の原材料などの韓国向けの輸出規制を厳しくする措置を取ったことについて、初めてみずからの考えを公にし、日本に措置の撤回を求めました。

 

しかし結局「韓国が困っているから日本がなんとかしろ!!」といういつもの他力本願、責任転嫁に終始していました。

 

半導体にしろ有機ELにしろ、他の国が生産量を増やしてしまえばいいだけの話なのですが、「韓国が困る=全世界が困る」という超解釈で居丈高に優遇措置を要求しています。

 

 

 

一方、ムン大統領は、日韓両国が対抗措置の応酬に陥ることを望まないとしながらも、「韓国企業に被害が発生した場合は、必要な対応を取らざるをえない」と警告しました。

 

いっそ、韓国さんがどんな「必要な対応」を取るのか、最後まで見届けさせていただきたい所存でございます。

 

 

 

韓国政府「実は日韓協議を調整中」

 

さてさて、勇ましい文在寅さんの口調の裏で、韓国さんは協議の準備をはじめているようですよ。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

日本政府が韓国への半導体材料の輸出管理を強化したことを受け、韓国の産業通商資源省はきょう午前、日本側との2国間協議の開催に向け、調整を進めていることを明らかにしました。

 

ほうほう、いつの間にそんな調整を・・・?

 

というか安保問題なのに、日本側が交渉に応じる余地なんてあったのか???

 

 

ただ日本側からは、「いまは応じられない」との回答を受けていて、開催時期などは決められない状況だということです。

 

全然調整できてねえじゃん!!

 

門前払いやん!!

 

 

産業通商資源省は、来週にも韓国政府の対策案を発表する方針で、WTO=世界貿易機関への提訴に向けても検討を進めているということです。

 

WTOへは、ぜひ提訴して欲しいのですよね。

 

まず「優遇措置の撤回」に過ぎないので、韓国が勝てる見込みは無い。

 

運良く勝てたとしても、結論が出るまでに2,3年かかるので、その頃には三星等が潰れて韓国経済が崩壊している。

 

 

それ以前に、訴えられた日本はまず「自らの正当性」を主張します。具体的には、その場で「該当3品目が大量に韓国に輸出された後行方不明になっており、これについて韓国が説明を拒んでいる」ことを訴えます。

 

ここで韓国が「該当品目の所在」を明らかにできれば韓国にも勝ち目が出てくるのですが、それができるなら、優遇措置が撤回される初報の段階で反論しています。

 

韓国側に問題が無いのであれば、実害が出まくる前に、正当性を訴えているはずなのです。

 

 

 

韓国人が日本人のふりして慰安婦像にツバ

 

this.kiji.is

 

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは6日、ソウル郊外の京畿道安山で慰安婦問題を象徴する少女像に日本人とみられる男性4人が唾を吐いたとの通報を受け、警察が捜査を始めたと報じた。しかしその後、全員が韓国人だったと判明。うち1人が日本語を話すといい、日本人を装った可能性がある。

 

いやー面白ぇ民族だなコンチクショー!!

 

 

 

7/9追記:ついにNHKが報道し、韓国の危険性が広く知られる事に

 

www.zakzak.co.jp

 

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が崖っぷちに立たされた。日本政府が、韓国向け半導体素材の輸出管理強化を公表した際、「韓国側の輸出管理に不備があり、『不適切事案』が複数発生した」と説明したからだ。与党幹部からは、軍事転用可能な戦略物資が韓国経由で行方不明になっているという衝撃情報も流れた。韓国で報じられた、北朝鮮とイランの名前。日本と米国が注視する「韓国の重大疑惑」と、文政権への不信感とは。今回の措置は「制裁・報復」ではなく、「安全保障上の対応」だった。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 

 この件と符合するように、朝鮮日報は5月17日、「大量殺傷兵器に転用可能なのに…韓国、戦略物資の不法輸出が3年間で3倍」というタイトルの驚くべき記事を掲載している。

 

ここまでは、読売新聞が比較的核心に近い報道もしていたものの、主要メディアの殆どは「徴用工問題の報復だー」という報道を、誤りを指摘されているにも関わらず繰り返してきていました。

 

つっこんだ報道も、ほとんどが週刊誌や三流紙、ゴシップ紙など。

 

しかし・・・

 

 

www3.nhk.or.jp

 

政府が、韓国に対する半導体の原材料などの輸出規制を厳しくした背景には、韓国側の貿易管理の体制が不十分で、このままでは化学兵器などにも転用される可能性がある物資が、韓国からほかの国に渡るリスクが排除できないという懸念があったことが、関係者への取材で分かりました。

 

こうした状況が続けば、軍事転用も可能な物資が韓国から大量破壊兵器を開発するほかの国に渡るリスクを排除できないという懸念があり、今回の措置に踏み切る背景となったということです。

 

ここに来て、ついにNHKが核心に迫る報道をはじめました。

 

これで、韓国の危険性が広く知られることになります。