本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

野党「解散総選挙されると困るから不信任案出さない」→「解散なさそうだから不信任案出そう」

f:id:inatei:20190613190145j:plain

 

「参院選にあわせて衆院解散・総選挙をされたら、勝ち目が無いどころか全野党とも崩壊しかねない!!」

 

悲痛な叫び声をあげ、「内閣不信任案を提出したらそれを大義名分として衆院を解散されかねないから提出しない」と言っていた、風俗立憲民主党ほか共謀野党各党。

 

しかしここにきて、マスゴミ各社が「解散総選挙はなさそうだ」と報じ始めたところ、「解散しないんだったら安心して不信任案出す!!」と態度を一変させてしまいました。

 

こいつら本当に選挙の事しか頭にないんですね。

 

 

 

内閣不信任案を提出したら、解散総選挙をやられてしまう!!そしたら勝てない!!・・・風俗立憲民主党など

 

www.tokyo-np.co.jp

 

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十七日の記者会見で、野党が内閣不信任決議案を提出した場合、安倍晋三首相が衆院を解散する可能性があると明言した。内閣不信任決議案提出が衆院解散の大義になるかとの質問に「当然なるんじゃないでしょうか」と答えた。

 

野党から内閣不信任案が提出され可決してしまった場合、内閣は総辞職するか、さもなくば衆院を解散して信を問わなければならなくなります。

 

もちろん基本的には与党の反対多数で否決されますが、野党から鼎の軽重を問われたことになるため「与野党どちらが正しいか、有権者に信を問う」という意味で、首相が衆院を解散する可能性があります。可能性、というより、解散の大義名分になります。

 

 

www.nikkei.com

 

野党が6月26日までの終盤国会の戦略を練り始めた。立憲民主党は内閣不信任決議案を提出し、夏の参院選を前に安倍政権との対決姿勢を示す路線を探る。参院選に合わせた衆参同日選の観測を踏まえ、野党内には衆院解散を誘発するとの警戒感が広がる。衆院選の準備が遅れているためで、立民や国民民主党は候補擁立を急ぐ。

 

国民から総スカンを食らっている野党各党ですが、解散総選挙ともなれば壊滅的な被害も免れることができません。

 

悪いことに、野党間の選挙協力も思うように行っていない・・・というより、政策協定も候補者調整もおこなっていない連中が、選挙のときだけ「お前らは黙ってうちの候補者を応援すればいいんだよ!!」と言ったところで、まともに機能する筈はありません。

 

このため風俗立憲民主党ら共謀野党は、衆院解散・総選挙を恐れ、内閣不信任案の提出をためらっていました。

 

 

 

・・・と思ったら解散なさそうだから不信任案提出するわwwww

 

www.nikkei.com

 

7月の参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選が見送られる方向が強まり、野党に波紋が広がった。衆院解散を誘発すると慎重論のあった内閣不信任決議案提出の機運が再び盛り上がってきた。衆院選の候補擁立を急いできた立憲民主党などは選挙準備の軌道修正も強いられそうだ。

 

ところが、マスゴミ各社が「どうやら衆院解散はなさそうだ」と報じ始めた途端、風俗立憲民主党などは「解散が無いんだったら安心して不信任案を提出できる!!」と、手のひらを返して不信任案提出に向かって動きはじめました。

 

 

www.nikkei.com

 

立憲民主党などの野党5党派は衆参同日選が見送られる方向が強まったのを受け、26日までの今国会で内閣不信任決議案を提出する調整に入る。衆院選の準備が整わない状況で解散を誘発する不信任案の提出に及び腰だった。慎重論が強かった国民民主党内も容認に傾いている。

 

もはやどう転んでも致命傷しかない国民民主党なども、風俗立憲民主党の言うがままに賛同するようです。

 

しかし、本当に政治自体はそっちのけ、選挙のことしか考えていない、どうしようもないクズ揃いですね。>風俗立憲民主党ら共謀野党

 

とはいえ、流石に露骨すぎて反吐がでる。

 

こうなったら、なんとしても野党に内閣不信任案を提出させ、安倍首相には解散総選挙を断行していただきたいものです。