本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

年金問題で国民を騙して政権を盗み取った末により悪化させた旧・民主党の連中の態度がでかすぎる件

f:id:inatei:20190612195419j:plain

 

風俗性党・風俗立憲民主党の辻元清美さんが、恥も外聞もなく横柄な態度を取っていると話題になっています。

 

 

 

風俗立憲民主党の辻元清美、自分の不手際を棚に上げて他人様に対し「謝れよ!!」と恫喝

 

www.asahi.com

 

(金融庁が5月22日、老後資金について年金だけでは足りず、さらに1300万~2千万円が必要になるなど国民に自助を求める内容の指針を示したことに)びっくりした。国民に対し、老後は年金だけでは暮らせないから、投資も含め2千万円かかるぞ、と。政治の責任を放棄したと言わざるを得ない。また、それに対して麻生さん(太郎財務相)の(閣議後会見での)「人生100年になったんだろ」と。だから仕方ないと言いたいのでしょうが、まず謝れよ国民に。

 

風俗立憲民主党といえば、性犯罪者や不倫魔をかき集めたどうしようもない集団です。そんな風俗性党の中にあっても、辻元清美は品性の無い人物としして、また生コン事件の主犯としてとても有名な人物です。

 

その辻元清美が、「老後の生活は年金だけでは足りないから貯蓄しろ」と発言した麻生太郎副総理兼任財務大臣に対し、突如「謝れよ!!」と恫喝しました。

 

 

 

問題山積の辻元清美発言

 

年金は「世代間の相互扶助」、支払年金額がそのまま老後に満額戻ってくる代物ではなく、支払った時点の高齢者に支払われるものです。

 

ですから人口オーナス局面では受給額は減り続けるけれども、人口ボーナス局面では支払った以上の受給額になります。

 

人口オーナス(人口減少)の局面では、年金の受給額は少なくなる。それは今まで散々指摘されており、あまつさえ辻元清美らかつての民主党は「消えた年金」と大騒ぎして政権を盗み取り、一ヶ月で諦めて逃げ出した実績があります。

 

それを今頃になって他人様に「謝れよ!」などと、よくもまあぬけぬけと恫喝できたものです。人類とは対極の位置にいる存在だと思います。

 

いづれにせよ、辻元清美ら風俗立憲民主党・国民民主党の連中は、他人様に因縁つけて口汚く罵る前に、自分たちなら老後の年金不足問題をどう解決するのか、少しは言って見てほしいものです。

 

かつて年金問題で国民を騙し、挙句の果てに悪化させて投げ出した事実があるのですから。できないならでかい面するな。物理的にでかいだけなのかも知れんが。

 

 

 

あの「ミスター年金」こと長妻昭はいま・・・

 

web.archive.org

 

期限切れ「公約未達成」 不明年金名寄せ
2008年4月1日

 民主党の長妻昭政調会長代理らは31日、約5000万件の宙に浮いた年金記録について、政府・与党が3月末までに名寄せを終えるとした公約が達成されていないとして、国会内で舛添要一厚労相に対し、公約違反と認めて国民に謝罪するよう求めた。

 

 

辻元清美たち旧・民主党の連中は「年金問題」で国民を騙して政権を簒奪しましたが、その中核に位置していたのが長妻昭その人でした。

 

長妻は上の引用部分の通り、2008年時点の政府与党(自公政権)に対し、年金記録の全件調査・不備究明を要求。その末に、今回の辻元清美と同じく、他人様を口汚く罵りまくりました。

 

 

 

「人のせいにするなら政権交代しろ」

 

web.archive.org

 

 「人のせいにするなら政権交代してください」。民主党の“ミスター年金”長妻昭政調会長代理は9日のNHK番組で、年金記録問題の解決が遅れているのは社会保険庁の労働組合に原因があると主張した自民党の石原伸晃幹事長代理にかみつき、激しい応酬となった。

 長妻氏は、社保庁が「解明」に分類した記録の中には実態が分からないものがあるとして「(自民党は)官僚の報告をうのみにし、官僚をコントロールできていない」と批判。

 これに対し石原氏は「一番の問題は、一部の非常に強い組合の人が(記録管理を)サボったことだ」と反論。社保庁の最大労組が、民主党支持の連合傘下にあることを念頭に労組批判を強めた。

 

その1年後、2009/08/09に長妻昭は「人のせいにするなら政権交代しろ!」と怒鳴り散らしています。これも今回の辻元清美と非常によく似た言動です。

 

長妻昭は、先に書いた通り他人に対して無理難題を押し付けて居丈高になるどうしようもない人物です。

 

自民・石原幹事長代理から自らの支持母体である「労組」の問題点を指摘されると、長妻昭は激怒します。しかし激怒したところで事実は変わらない。逆に、労組加入者(社保の職員)でなければ一体誰が作業するのか?という話になります。

 

 

 

鳩山由紀夫「実は100%解明は無理なんです」

 

web.archive.org

 

 民主党の鳩山由紀夫代表は23日、「宙に浮いた」年金記録5095万件のうち未解明の1695万件について「100%(の解明)はできない」との見通しを示した。その上で「領収書や証拠がなくても、ある程度の条件が満たされたら、一括して補償して解決するしかない」と強調した。

 

08/28に衆院選が公示された直後、民主党の鳩山由紀夫代表は「年金問題の100%解明はできない」とTV番組でこっそりと言い放ちました。

 

いままでの長妻昭らの発言との整合性を、一体どうやってとるんだろう?と思われた8/30に民主党は政権交代を果たしてしまいますが、鳩山はその長妻昭を厚生労働大臣に起用するという荒業を行っています。発言の責任は取れ、という事だったのでしょう。

 

長妻昭の着任時、出迎える職員はいませんでした。

 

 

 

罵倒した相手に泣きつく長妻昭

 

web.archive.org

 

 「私は年金しか分からないんです。いろいろ教えていただけませんか」

 17日午前に行われた新旧閣僚の事務引き継ぎの前、長妻昭厚生労働相は前任の舛添要一前厚労相にこう打ち明け、頭を下げた

 

結局年金のこともなーんもわかってませんでしたが・・・

 

 これに先立つ長妻氏の初登庁時には、出迎えの職員らからは恒例の歓迎の拍手も起きなかった

 

 これを耳にした舛添氏は引き継ぎでじっくり課題ごとにポイントを説明した上で、大臣室に局長らを集め「長妻氏をいじめるな。国民のために支えてあげてほしい」と訓示、独自の人脈でつくっていた「ブレーン役の官僚特命チームもそっくり引き継いだ」(厚労省幹部)という。民主党内からは「舛添氏は意外に『いいひと』だった」(政調関係者)と再評価する声も。

 

 

 

長妻断念

 

web.archive.org

 

年金「4年で全件照合」断念、半分以下に後退
 長妻厚生労働相は12日、年金記録問題の対応策の一環であるコンピューター上の記録と過去の紙台帳記録約8億5000万件との照合について、2013年度までの全件照合完了という目標を見直す方針を固めた。

 

長妻昭は結局、「全件照合」の期間を4年間に大幅拡大したあげく、わずか3ヶ月で断念しました。

 

 

 

終わりに

 

いやあ、もう・・・

 

終わりにも何も、長妻昭のこんな顛末があったにもかかわらず、辻元清美がこんな態度に出たことに失笑を禁じえません。

 

ただ前回と大きく異なるのは、有権者がもはや旧民主党、風俗立憲民主党や国民民主党のこの手の詐欺には引っかからなくなったという事ですね。