本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

厚生労働省の不適切調査問題で、主犯の筈の風俗立憲民主党・長妻昭がドヤ顔

f:id:inatei:20190208172027j:plain

 

2/3~2/4にかけ、「厚生労働省の不適切調査に気がつきもしなかった」風俗立憲民主党の、それも「民主党政権時の厚生労働大臣」であった長妻昭が国会で追求する珍事が発生しました。

 

 

www.inatei.com

 

 

民主党政権時に不適切調査を「見過ごしていた」メンバーが、続々とドヤ顔

 

www.asahi.com

 

(厚生労働省の「毎月勤労統計」の不正調査問題をめぐり)

(3日、NHK討論番組で)

 

あれっ?


風俗・逢坂誠二の発言を引用しようとしたけど、引用するだけの価値のある部分ありませんでした。

 

NHKの番組でドヤ顔決めていたという事実だけが、おもしろ情報として存在するだけですね。民主党政権時の厚労相だったら面白かったところですが、違いました。

 

 

 

「ミスター遁走」こと風俗立憲民主党の長妻昭、自らの責任を棚上げしてドヤ顔

 

www.jiji.com

 

衆院予算委員会で質問する立憲民主党の長妻昭代表代行(左手前から2人目)と根本匠厚生労働相(中央)=4日午後、国会内【時事通信社】

 

2/4の国会衆院予算にでは、風俗の長妻昭が例によって謎のヒステリーを起こしていたようですが・・・

 

こいつ「民主党鳩山由紀夫政権時の厚労相だった」のに、大丈夫なんでしょうか?

 

自分の責任は・・・?

 

 

 

blogos.com

 

 衆院予算委員会で4日、安倍総理と全閣僚出席して2018年度第2次補正予算に関する基本的質疑が行われ、立憲民主党・無所属フォーラムから長妻昭、大串博志、小川淳也各議員が毎月勤労統計問題を中心に政府の見解をただしました。

 

風俗立憲民主党・・・むしろ主犯中の主犯の一人である長妻昭を、なぜここで投入してしまったのか・・・?

 

 

 

民主党政権時の厚生労働大臣はこの人たち

 

民主党政権時の厚生労働大臣は、この4名です。

したがって、彼らが質疑を行った瞬間それは本人に跳ね返ってくるのですが・・・

 

鳩山由紀夫内閣

 長妻昭

 

菅直人内閣

 長妻昭 細川律夫

 

野田佳彦内閣

 小宮山洋子  三井辨雄

 

このうち長妻昭さんが現役議員としてこの日も国会質疑を行っていますが・・・なにぶん人望があまりにも無い人物で、厚生労働大臣就任時に誰一人挨拶に出向いてくれなかったという逸話を持っています。

 

普通の人間なら、いくら何でもお義理で挨拶ぐらいされるところですが、なにぶん野党議員として厚生労働省を散々いじめまくっていた人物ですので、嫌われ方も激しいものがありました。

 

最終的には、同じ民主党政権内の藤井裕久議員から「駄目な大臣の例をあげよう。長妻だ」と名指しされてしまう有様でした。

 

www.j-cast.com

 

 

続く細川律夫さんは2012年と2014年の衆院選に続けて落選し、おそらく失意のうちに引退されたのかと思います。

 

小宮山洋子さんも、2012年に選挙区で破れ比例復活もならず、翌2013年そうそうに引退を表明しています。

 

三井辨雄さんも、2012年の衆院選で落選・比例復活もできず、2014年の衆院選では健康上の理由ということで出馬を見送っています。こちらも事実上の引退でしょう・・・

 

ということで、おもしろブーメランは長妻昭に頼るしかなさそうです。