本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

罪深い立憲民主党の小西洋之さんは口だけの国会議員が大嫌い

f:id:inatei:20180719185054j:plain

 

「クイズ王」「暴行王」「罪深い男」「自転車の飲酒運転は絶対にしないという強い意志を持っている男」など数々の異名を持つ立憲民主党の小西洋之さんが、またおもしろツイートを展開して話題になっています。

 

 

 

罪深い小泉進次郎さんネタに飛びつく、罪深い小西洋之さん

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 一方、小泉氏は党幹部が衆参両院のあり方を党内で議論する場を設けることを検討していることを挙げて「国会を変えなきゃいけないとの思いを込めた賛成だ」と記者団に説明。ブーイングを浴びたことには「色々な議員が賛成票を投じたなかで、私だけにブーイングをしてくれるというのは名誉のブーイングだ」と語った。

 

事の発端は、参院制度改革で自民党の小泉進次郎さんが野党にすり寄る姿勢を見せ、最終的に賛成したことにあります。

 

野党連中はブーイングをしましたが、本気で造反するとでも思ってたんですかね・・・?

 

 

蛇足1:国会議員は不足している

 

参院6増に反対する事自体、大きな謎です。「一票の格差」を是正するためには議席削減での対応には限界があり、参院ではその限界を超えたがゆえに合区問題が発生しています。

 

格差是正は議席増が認められれば比較的簡単に解消しますし、1人の議員が複数の委員会を掛け持ちするなど「慢性的な国会議員不足」ももちろん解決します。

 

議員を増やすことに伴う国民一人あたりの負担は、今回のケースでは年間1人あたり¥1~¥5といった試算が多いようです。

 

 

蛇足2:野田佳彦が約束を守った???

 

今回の参院改革に対して、「自民党は定数削減の公約を破った。民主党政権時の野田佳彦首相(当時)は約束を守った!」という、不思議な主張をされている方々がいます。

 

民主党(現・立憲民主党や国民民主党など)は2009年の衆院選で、「3年間は増税しない」と主張して政権を簒奪しています。その方針を覆し、社会保障と税の一体改革と称して「消費増税」を導入したのは野田佳彦政権です、

 

約束を守ったどころか根本から覆しているわけで、野田佳彦さんたちを称賛している方々はどれだけマゾなんだろうか?と心から思います。

 

 

更に蛇足ですが、2017年衆院選時の自民党公約を眺めてみたものの、定数削減とおぼしき公約は見つかりませんでした。検索の仕方が悪いのか、野党支持層が嘘をついているのか、どっちだ・・・?

 

 政策パンフレット2017

 政策BANK2017

 

2014年当時の公約を見ると、30議席削減に対する言及はありました・・・が、「各党との合意には至りませんでした」という言及でした。

 

 政権公約2014

 

 

 

罪深い小西洋之「口だけの国会議員は罪深い・・・」

 

 

進次郎氏「名誉のブーイング」 参院6増賛成し野党からhttps://t.co/yH7qujbaEV @YahooNewsTopics

口だけの国会議員ほど罪深い存在はないと思う。小泉議員の奮起に期待したい。

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) July 18, 2018

 

罪深すぎて、思わず笑ってしまいそうな人は必死にこらえてつかあさい。

 

しかし、口だけではなく根性もひん曲がってる人が言と、重みが違いますね。

 

 

 

罪深いおーぷん2chで大人気

 

【政治/twitter】立憲民主党会派・小西ひろゆき『口だけの国会議員ほど罪深い存在はないと思う。小泉議員の奮起に期待したい。』[H30/7/19]

 

おーぷん2chを覗いてみたところ、例の「亡命」発言への言及が怒涛の如く繰り広げられていました。

 

罪深い小西洋之さんは、ぜひ口先だけではなく亡命を実践していただきたいものです。