本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

破局~対立を極めた民進党系野党に悲しみしかない~

f:id:inatei:20180629190301j:plain

 

もう元の鞘に戻ることは不可能なのでしょうか?

 

悲しいなあ。

 

 

 

国民民主党の大塚耕平さん「一方的に電話切られた・・・」

 

news.tv-asahi.co.jp

 

 国民民主党・大塚耕平共同代表:「先立って枝野さんからお電話を頂きましたが、十分にこちらが色々、お話をする前に電話を切られてしまいましたので、コミュニケーションを円滑にする努力は双方さらにしなくてはいけないなというふうには思います」

 

立憲民主党の枝野幸男さんは6/22、わざわざ国民民主党の大塚耕平さんに電話をかけた上で国会運営を批判。

 

一方的に電話を切ってしまい、その後音信不通になったとのことです。

 

この事実が、大塚耕平さんによって暴露されました。

 

もっとも「反対のための反対」や「国会妨害のための問責・解任決議濫発」など、立憲民主党の言動にはまったく評価すべき点はなく、立憲民主党と一線を画した国民民主党には一定の評価があってよいと思います。

 

 

 

立憲民主党の枝野幸男さん、逆ギレ!!

 

news.biglobe.ne.jp

 

「大塚代表に限らず、他の党首やリーダーの方と非公式に電話で話したりお会いしたりがないわけではないわけではないが、まさに非公式にしているわけなので、会ったとか会わないとか、話したとか話さないとかということを、相手側の了解なく話すべきではないと思っているので、今のお尋ねに対してはお答えを控えさせていただきたい」

 

ガチャ切りの貴公子・立憲民主党の枝野幸男さんは、大塚耕平さんに「ガチャ切り」の事実を公表され逆恨みしているようです。

 

うん枝野らしい。

 

 

 

所属議員間でも・・・

 

 

何故か消えてたので再掲→今日の参院厚労委で「働き方改革法案」採決を止める為に立憲民主党と共産党が委員長解任決議案を提出。
だが国民民主党が賛成しなかった為、採決が決定。
。今から委員会が再開され「働き方改革」採決へ。同じ野党から法案可決側に回られた事が悔しくてならない。#高プロ制度

— 参議院議員 川田龍平(立憲民主党) (@KawadaOffice) June 28, 2018

 

 

 

それは違う。ここまで採決を伸ばし、衆議院以上の審議時間を確保できたのは参院国民民主党の成果では?
それを言わず最後の対応が分かれたことを批判しては、それこそ分断になってしまうよ。

— 泉ケンタ (@office50824963) June 28, 2018

 

立憲民主党の川田龍平さんは、解任決議案の濫発に同調しなかった国民民主党に逆ギレ。これに対し、国民民主党の泉健太さんが反発しています。

 

(^o^)ノ ころしあえー

 

 

 

もはや破局は決定的・・・悲しいなあ

 

news.biglobe.ne.jp

 

 衆参それぞれの野党第一会派である立憲民主党と国民民主党の路線対立が臨界点に達しようとしている。立憲民主党が28日、参院厚生労働委員会での働き方改革関連法案の採決をめぐり、国民民主党抜きで島村大委員長(自民党)の解任決議案提出に踏み切った。野党第一会派以外が主導する委員長解任決議案提出は極めて異例で、立憲民主党の根強い不信感が一気に表面化した。

 

ああ、わずか1年前は同じ政党の仲間同士だった、国民民主党と立憲民主党。

 

両者の破局はもう避けられないのでしょうか?

 

悲しいなあ。