本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

江田憲司さん「加計学園実はもう詰んでいる」→自分が詰んでました!(てへべろ

f:id:inatei:20180518075411j:plain

 

5/15に無所属の会(衆院民進党系)の江田憲司さんが”加計問題。実はもう詰んでいる・・・「本人自白」だけがない状況”という訳のわからないブログネタを書いていましたが、その内容がなんと江田さん本人が詰んでいる内容であると話題になっています。

 

 

 

「お前はおう詰んでいる」

 

blogos.com

 

加計問題。実はもう詰んでいるんですね。あとは「本人自白」だけがない状況。
これが裁判なら100%有罪です。証拠固めはほぼ終わっていますから。

 

江田憲司さんは日ごろからその言動の非常識さが問題となる人物ですが、このブログでも「加計学園前川喜平事件」について「(加計学園選定プロセスに問題があったという)証拠固めはほぼ終わっている」と明記していました。

 

証拠固めがほぼ終わってるのになんで1年半たっても有罪にもっていけないんだよ?!というツッコミはしてあげてはなりませぬ。

 

江田憲司さんは愚かなことに、「交渉の終盤まで加計学園しか手をあげていなかったのにも関わらず、交渉の場に加計学園しか出ていなかったことを問題視している」点。

 

更に、偽証や虚偽のオンパレードのピーチ前川喜平証言を有難がっている点、上記を補強する文書を有難がっている点などなど。なんなんだろうこの人。

 

 

これが裁判なら、この文書を書いた人に出廷を要請し、証人尋問をするでしょう。

 

そんなに自信があるのであれば、江田憲司さんが訴訟を起こせばいいのではありませんか?きっと勝てますよ。知らんけど。

 

 

 

 

自分が詰んでましたあ!!(てへべろ

 

vpoint.jp

 

はてさて、先の江田憲司さんの すっとこどっこい 意識の高いブログに対し、  新宿会計士さんがえらい指摘をなされていました。

 

 むしろ違法性を問われるならば、文部科学省の側でしょう。あるいは、違法行為をしてきた側である前川喜平・前文科省事務次官を筆頭に、獣医師会関連団体から巨額献金を受けていた玉木雄一郎・国民民主党共同代表、繰り返し印象操作の虚報を続けている朝日新聞社の違法性を問うべきです。

 

 そして、江田憲司議員が執筆したこの文章自体、常軌を逸しています。もはや加計学園に対する名誉棄損であり、威力業務妨害です。江田憲司氏を衆議院に送り込んだ神奈川8区の選挙民には猛省を求めたいと思います。

 

まあ、加計学園のみに獣医学部新設が認められた正統性は既に「野党の執拗な追及の結果」明白になっていますので、江田憲司さんの言動は誹謗中傷であり、加計学園の評判を意図的に貶めようとした意味で威力妨害でもありますね。

 

 

更に、大阪地検特捜部長・山本真千子さんの責任についても「容疑者」として追及されていました。

 

 江田憲司氏のツイートした内容が事実ならば、これは山本真千子「容疑者」による犯罪です。なぜなら、山本真千子「容疑者」が行った行為は、れっきとした国家公務員法違反です(ただし、公務員の守秘義務違反のペナルティは「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」であり、罰が軽すぎます)。
 一方、江田憲司氏のツイートが虚偽であれば山本真千子氏に対する名誉棄損であり、これはこれで江田憲司氏は釈明する必要があります。

 

www.inatei.com

 

これは先に江田憲司さんが「大阪地検特捜部長から情報がどんどんリークされてくる!!」とツイッターランドにうっかり書いてしまった実験のことです。(上記参照)

 

江田憲司さんのツイートが事実であれば、大阪地検特捜部長の山本真千子さんが国家公務員法に違反していることになります。

 

事実でなければ江田憲司さんが山本真千子さんに対して名誉棄損・冤罪でっちあげを行っていることになります。山本真千子さんが江田憲司さんを訴えなければおかしい、という話になります。院外ですので、不逮捕特権や免責特権もありませんし。

 

はてさて、最近報道が薄くなっていた山本真千子さん。これをきっかけに、問題が再燃するのでしょうか。