本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

5/11追記:国民民主党と立憲民主党のはずかしい戦いの道へ

f:id:inatei:20180510072957j:plain

 

新生「国民民主党」と立憲民主党が、はずかしい戦いの道を突き進みだしました。

 

というか、国民民主党の大塚耕平共同代表さんが、馬鹿王子っぷりを発揮しているような感じです。

 

 

 

「偏った野党・・・政権に近づけぬ!!」 ←カコイイ!!

 

mainichi.jp

 

 国民民主党の大塚耕平共同代表は9日の党会合で、立憲民主党を念頭に「偏った野党は政権には絶対近づけない。ずっと野党にいる気ならどうぞあちらに行ってください、という感じだ」と述べた。

 

民進党と希望の党が合流した結果、両党の実に4割の議員が離脱、あまつさえ立憲民主党に移籍してしまうという失態を招いた大塚耕平さん。

 

怒りさめやらぬ大塚耕平さんは、その怒りにかまけて「偏った野党は政権には絶対近づけない!!」という、ちょっとカコイイ名言を残しました。

 

「ずっと野党にいる気ならどうぞあちらに行ってください」という捨て台詞も残して。

 

 

 

「与党を目指す集団であることを共有したい」←?!

 

その一方で、「与党を目指す集団であることを共有したい」とも発言。

 

きっと、永遠に与党を「目指す」集団であり続けるのでしょうね^^

 

 

そして立憲民主党に喧嘩を売りながら、その一方で「連携できるところはぜひ連携したい」とか、お前一体何やりたいねんと

 

 

 

台湾民進党激怒「どれだけ国民党に弾圧されてきたか・・・」

 

 

台湾民進党の友人から怒りのクレーム。私たち民進党(民主進歩党: Democratic Progressive Party, DPP)がどれだけ国民党から弾圧を受けたか!事もあろうに、その民進党から国民党(国民民主党)へ党名変更するとは!しかも、英語名がDPP(Democratic Party for the People)とは!いい加減にしろと。

長島昭久 (@nagashima21) 2018年5月8日

 

日本の民進党が国民民主党(略して国民党)に名称変更したことについて、台湾民進党の人物が「怒りのクレーム」を入れているとのこと。

 

いかにもありそうな話ではありますが、情報源が「今回合流を拒否した長島昭久さん」である点には留意が必要です。この発言の主自体、不明ですしね。

 

 

 

政党ロンダリング(政治資金横領(仮))に使われた「国民党」

 

www.j-cast.com

 

希望の党と民進党が合流して「国民民主党」が発足する裏で「中継ぎ」としてわずか1日だけ存在した政党があった。その名も「国民党」。国民党は希望の党が分裂する形で立ち上がり、同じ日のうちに解散。民進党から名前を変えた国民民主党に合併した。

 

政党助成法の規定では、仮にA党から一部のメンバーが抜け、B党として「分派」する場合は、A党が受け取る政党助成金は引き続きA党が全額を受け取り、B党は受け取ることができない。これに対して、A党が解散してB党とC党に「分割」されるパターンでは、単純に議員数に応じてB党とC党に配分される。松沢氏の希望の党と玉木氏の「国民党」はまさにこのパターンで、旧希望の党の助成金を人数に応じて配分できる。

 

今回の民希合併・・・に限らず野党再編では度々おこなわれていますが、政党ロンダリングにより政党助成金が国庫に返納されないという「事件」が発生しています。

 

国民民主党は民進党の存続政党として誕生していますので、民進党の政治資金がそのまま引き継がれます。

 

希望の党が民進党へ合流するために解散すれば、その助成金は国庫に返納されるはず。

 

・・・ですが、新生「松沢希望の党」と「国民党」という2つの政党に分党することで、両方に政党助成金を按分。国民党は単純に民進党に合流する形となるため、その分の政党助成金は「国民民主党」に引き継がれることになりました。

 

今回は特に「国民党」という政党助成金引継ぎのためだけの政党を1日だけ誕生させ、合流先の新政党の略称を同じ「国民党」とすることで、これらの実態がわかりにくくなるように画策しています。私も騙されました。

 

この辺に、玉木雄一郎(タマキン)という男のゲスっぷりがあますことなく出ていると思います。

 

 

 

5/11追記:大塚耕平さん「立憲民主党中傷発言は”誤報”」

 

www.sankei.com

 

 国民民主党の大塚耕平共同代表は10日の記者会見で、旧民進党の所属議員が立憲民主党に移ったのを念頭に「ずっと野党でいる気なら、どうぞあちらに行ってください」とやゆした9日の自らの発言を報じた記事に関し、「誤報だ」と述べた。 

 

 

www.asahi.com

 

 国民民主党の大塚耕平共同代表が9日の党会合で、「あまり偏った野党では、政権に絶対近づけませんので、ずっと野党でいる気なら、どうぞあちらに行ってくださいという感じだ」と述べた。政権との対決姿勢を明確にする立憲民主党を念頭に置いた発言と誤解されたとして、大塚氏は10日朝、立憲の枝野幸男代表に電話で謝罪した。枝野氏は「気にしていません」と応じたという。

 

国民民主党の大塚耕平さんは、先の発言について「立憲民主党を揶揄した訳ではない!誤報だ!」と主張。

 

そりゃ「あまり偏った野党では、政権に絶対近づけません」で終わらせていれば、その可能性も考えてあげることは出来たんですけどねえ・・・

 

その後「ずっと野党でいる気なら、どうぞあちらに行ってください」と発言してしまった以上、この言い訳は苦しいなあ^^