本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

【野党終了のお知らせ】自民の若手が増税凍結を提言!

f:id:inatei:20180501185036j:plain

 

自民党の若手議員たちが、「デフレ回避」を理由として「消費増税凍結」の提言を行うことが分かりました。

 

 

 

自民若手有志、増税凍結を提言へ

 

jp.reuters.com

 

 自民党の若手議員有志が、2019年10月の消費税率10%への引き上げ凍結を求める提言をまとめたことが1日、分かった。デフレからの脱却前に増税すれば「再デフレ化」を招きかねないと懸念。今月中旬にも安倍晋三首相や党執行部宛てに提出する考えだ。

 

民主党・野田政権時に決定した「社会保障と税の一体改革」の流れをうけ、2019年10月から消費税が10%に引き上げられる予定となっています。

 

増税分の用途は、記事中にある通り「幼児教育・保育の無償化」とされています。

 

逆に言えば、これを延期すれば増税を回避できるという事にもなります。

 

 

 

デフレーションを招く危険性への言及

 

自民若手が消費増税凍結を唱える理由は「消費増税により、デフレを招く恐れがある」からです。

 

商品が増税分高くなるからみんな買い控える、企業は売れないから価格を落とす、そうすると従業員に払う賃金も低くなる、賃金が低くなるからみんな更に何も買わなくなる・・・

 

これは「ゆるやかなインフレーション」つまり「徐々に物価をあげてその分賃金をあげ賃金分を更に物価に反映し・・・」という政府の方針と逆行します。

 

なので、自民支持層・アベノミクス支持層でも消費増税に反対する声は少なからずありました・・・というか、私の周辺ではみんな反対していたような。

 

 

 

野党唯一最大の攻め手を奪われる

 

これが与党自民党内から出てきたことは、野党にとって致命的な意味を持ちます。

 

日銀の異次元緩和と消費増税の両方を行うのは、景気回復に向けてアクセルとブレーキを同時に踏むようなもので、自民支持層の中では「異次元緩和を継続しつつ増税を延期(凍結)する政党が出てきたら、自民は危ない」と言われていました。

 

結局野党はむしろ異次元緩和の否定、それどころかゴシップネタに邁進。あげくの果てに、本来野党が唱えるべき消費増税凍結を、自民党内部に言わせてしまいました。

 

これで野党がまともな政策で政府与党と対峙する案はほとんどなくなったと言えます。ほとんど・・・というか、まともな政策での勝ち手は封じられてしまったのではないでしょうか。