本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

日本維新の会の足立康史さん、うっかり「立憲パートナーズ」に登録してしまう

f:id:inatei:20180427175252j:plain

 

日本維新の会の足立康史さんが、うっかり「立憲パートナーズ」に登録してしまうという事件が発生しました。

 

登録料の¥500のみならず、¥10,000献金するという気合の入れようです!!(これやっていいのか?正直なところ)

 

 

  

足立康史さん「これでワイも立憲パートナーや!!」

 

www.zakzak.co.jp

 

 「国会の爆弾男」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員が、立憲民主党が募集を始めた準党員制度「立憲パートナーズ」に登録した

 

日本維新の会の足立康史さんが、目の敵にしていた立憲民主党の「立憲パートナーズ」に登録したという・・・。

 

一体どうしたというのであろうか?その謎を追って、足立は立憲パートナーズに登録した・・・おわり。

 

 

 

立憲民主党の美しいスローガンに心を惹かれた

 

 「登録したのは、単に入りたかったから。枝野幸男代表は『まっとうな政治』など、ものすごく美しい表現を使っている。『本当の中身はどうなのか?』と、自分の目で見て確かめたかった」

 

どうやら足立さんは、立憲民主党が掲げる美しきスローガンに心を惹かれた

 

という訳では全くなく、立憲パートナーズが掲げる「国民と政治家がパートナーシップを結び、立憲民主党が実現すべき社会に向かってともに議論し、行動するネットワーク」というスローガンが実態と合っているものか確認するために加入したようです。

 

但し、既に説明中にある「国民」と言う表現は実態を表しておらず、規約上「18歳以上の個人(外人OK!)」という事が判明しています。

 

 

 

大好きな辻元清美さんとお話できる

 

 足立氏は「登録すると、地元の集会に参加できるという。僕は地元・大阪の住所で登録したので、立民の辻元清美国対委員長から連絡をもらうことになる。国会では彼女に質問できないので、集会でいろいろ質問をしたい。とても楽しみだ」と語った。

 

足立さんは、大好きな辻元清美さんと直接お話しできることを楽しみにしているようです。

 

日本の国会は、その仕組み上野党から野党への質疑がほぼ出来ない非対称な構造となっていますが、パートナー登録されとあれば、所属議員も無視するわけにはいきませんよね。