本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「野党のねじれ」解消絶望的!政局すら考えられない無能すぎる野党

f:id:inatei:20180421073335j:plain

 

以前「希望の党と民進党が再合流すると、衆院・参院とも野党第一党が『新・民主党』となり、野党のねじれが解消し、国会運営が正常化される可能性がある」と書きました。

 

www.inatei.com

 

まあ、そんな事を野党の議員連中に期待するだけ無駄でしたね!!

 

いや冗談抜きで、今までも野党連中になんかまったく期待していませんでしたが、どん底だと思っていた野党への評価がさらに下がるとはさすがに思いませんでしたよ、ええ。

 

 

 

合流拒否されたけど「友党」

 

mainichi.jp

 

民進党の大塚耕平代表は20日、地方議員代表の会合で、希望の党の民進出身者らと結成する新党の党名に「民主党」を使わない考えを示した。

 

民希合併後の新党の名称に「民主党」という名前が使えない、ということですが、これは再三報道されている通り「立憲民主党が、党の略称として届け出ちゃった」せいなんですね。

 

それはどうでもいいんです!!問題は、

 

民進の羽田雄一郎役員室長は「(正式な政党名と略称を巡る)裁判を友党と起こすつもりはない」と記者団に語った。

 

いや、あのねえ・・・

 

合流拒否されたんでしょ?あんたらと一緒にやっていく気はさらさらないと言われたんでしょ?その一方で、自分らは民主党って名前使いたいんでしょ?相手は単なる略称として届け出ただけでしょ?なんで戦って取り返そうとしないのよ?ほんと訳わかんねーよ!!(元・新党大地・真民主の松木謙公さん風に)

 

 

 

衆院第一党は困難!「野党のねじれ」解消は絶望的!!

 

www.sankei.com

 

 産経新聞は20日、民進党と希望の党の合流構想に対する両党所属議員計107人の動向を分析した。少なくとも23人の新党不参加が固まり、衆院では野党第一党・立憲民主党の54人に届くことは困難な情勢だ。

 

 この23人が不参加の場合、新党参加者は衆院53人、参院31人の計84人で、平成28年3月の民進党結党時の約半数にとどまる。

 

この新党ですが、衆院議員数は既に合計53人以下となることが決定的となってしまっています。

 

一方参院も減るものの第一党の座は確保できる見通しで、新党誕生後も「衆院野党第一党は風俗立憲民主党、参院野党第一党は新・民主党」というねじれ状態が、相変わらず続くことになります。

 

「衆院で行われた与野党協議の結果が参院で野党に覆される」といった国会の機能不全が、今後も続く・・・

 

 

 

あの「不倫界の大御所」いまこそ淫獣の集いし聖地・風俗立憲民主党へ!!

 

hbol.jp

 

 新党結成へ一気呵成に話が進む中、一人だけ排除されている男がいる。希望の党の細野豪志・元環境相だ。

 

希望の党というか民進党系野党の中で、浮きに浮きまくってしまったモナ王こと細野豪志さん。小池百合子さんの威光を笠に着た、あの勢いは一瞬の間に消えてしまいました。どうしてこうなった・・・

 

「細野豪志といえば、民主党政権時は、小沢一郎・幹事長の下で幹事長代理を務め、よく仕えた。菅直人政権でも大臣を歴任し、菅氏を支えた。野党転落後の民主党では、海江田万里・民主党代表の下で幹事長を務め、忠実に親分を立てて『三歩下がって師の影を踏まず』で、評判は良かった。」

 

「結局、自民党に行くんじゃないでしょうかね。」

 

小沢一郎・菅直人・海江田万里といった左翼・市民団体系に使えていた人間が、いざ身の振り方を考えた時の移籍先第一候補が自民党とか訳わからないのですがそれは。

 

不倫の代名詞・モナ王の名をほしいままにする細野豪志御大には、ぜひとも性獣・山尾おしりさんやセクハラ青山・初鹿明博さんたち性獣ひしめく風俗立憲民主党に参加して頂きたい気持ちでいっぱいです。