本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

4/25追記:【大阪地検特捜部長疑獄】かの安積明子さんが朝日リーク直後に指摘していた

f:id:inatei:20180408120354j:plain

 

3/2に朝日新聞社が「森友文書、財務省が書き換えか」と報道したことから、イキり野党が佐川元局長を人民裁判にかけ、自殺者まで出したこの事件。

 

しかしそのイキり野党が「情報リーク元は大阪地検特捜部長」と漏らしてしまったことから、ネット上では大変な騒ぎになっています。

 

過去のニュースなどを調べてみたところ、かの安積明子さんが早い段階で「大阪地検」の疑惑を指摘していらっしゃいました。

 

 

 

初報は3/2。情報源や信憑性が語られないまま、人民裁判が行われた

 

www.inatei.com

 

3/2に朝日新聞社がこの文書書き換え疑惑を報じた直後から、「事実なら朝日新聞社はどこからその情報を入手したのか?」という疑惑が問われていました。

 

しかしその理由は語られないまま、官邸側と財務省側の自主的な調査の結果、書き換えが判明。証人喚問や自殺者が出る事態に発展しています。

 

 

 

無所属の会(衆院民進党)の江田憲司さん「情報源は大阪地検特捜部長」

 

www.inatei.com

 

www.inatei.com

 

www.inatei.com

 

しかし無所属の会(衆院民進党)の江田憲司さんが突如「情報源は大阪地検特捜部長」とツイッターランドに投稿したため、事態は思わぬ方向に進みます。

 

事実であれば、大阪地検特捜部長である山本真千子さんが違法行為を働いて情報をリークさせたことになります。

 

虚偽であれば、現役野党代議士が「風説を流布して個人を陥れようとした」ことになります。

 

その後の江田憲司さんの言い訳は後者に近いようで、そうであれば責任を取って議員バッジを返上し、その上で大阪地検特捜部長からの民事訴訟を甘んじて受けて欲しいところです。

 

というか、放置しておけば自らが立件されてしまう訳ですから、事実でないのであれば大阪地検特捜部長である山本真千子さんは江田憲司さんを名誉棄損で必ず訴えることでしょう。

 

 

  

かの安積明子さん、早くから「大阪地検」を疑ってた

 

news.yahoo.co.jp

 

現物を公表することなく報じたほど朝日新聞が自信を持つということは、その出所はおのずと限定される。まずは最有力視されているのが、原本を持っているとされる大阪地検説だ。

 

かの安積明子さんは、3/9の時点で大阪地検を疑う記事を書かれていらっしゃいました。流石というか何というか。

 

そういえば、そんな記事見た記憶あるなあ・・・。確定情報ではないので流してたけど。

 

 

 

4/25追記:大阪地検、いまだ情報の違法リークを繰り返している模様

 

dialog-news.com

 

大手メディアは4月23日、一斉に「大阪地検特捜部が佐川宣寿・前国税庁長官から任意で事情聴取したと関係者の取材でわかった」と報じた。

 

大手メディアは大阪地検の行動について「〜のようにしたとみられる」と取材源は明かさないように報道した。

 

これらの記事を大阪地検のリークなしにどうやって書けるのか。

 

大手メディアが偶然に同じタイミングで「佐川氏から確認」、もしくは「エビデンスなしで書いた」とは考えにくい。

 

4/23に大阪地検が佐川宣寿さんの任意事情徴収を行いましたが、これをNHKや大手紙が同時に伝えたことから、またも「大阪地検によるマスコミへの情報違法リークが行われた」のではないかという疑惑が出ています。