本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

細野豪志さん合流否定で民進党系野合一歩前進?と思ったら立憲民主党暴走

f:id:inatei:20180404190709j:plain

 

旧・民進党再結集を目指すことになった民進党と希望の党、そして予断を許さない立憲民主党。

 

民進党・岡田克也さんは立憲民主党に心を寄せる一方で、「排除の理論」の首謀者である細野豪志さんに嫌悪感を見せていました。

 

その細野さんが「民希合流には参加しない」と宣言し・・・

 

いっぽう立憲民主党はますます革新色を強め、憲法違反の訴訟までをも検討するなど暴走を続けています。

 

 

  

「頑固に立憲」無所属の会(実は衆院民進党)岡田克也さん

 

www.sankei.com

 

 民進党の岡田克也常任顧問が手詰まり感をにじませている。

 「新党構想にどういうスタンスをとるかは現時点では決めていない」

 

 

希望の党の「排除の理論」を首謀した細野豪志さんを嫌悪する一方、立憲民主党に心を寄せる岡田克也さん。あくまでも、「3党合流」に執着していますが、展望は開けていないようです。

 

細野さんへの嫌悪感から希望の党との合流には難色を示しながら、逆に立憲民主党からは合流に否定的な回答をうけてしまっているためです。

 

 

 ある党幹部は「岡田氏らは希望の党との統一会派結成交渉を土壇場でひっくり返し『立憲民主党との交渉は任せろ』とタンカを切った。なのにこの数カ月間、何をやっていたんだ」と不満を漏らす。理想論を振りかざす岡田氏らへの不満が執行部内には渦巻いている。

 

岡田克也さんは前回の野合を土壇場でひっくり返した張本人でもあるため、現時点でなおも合流への展望をあらわすことが出来ないことで、民進党・希望の党所属議員たちからの求心力を、急速に失ってしまっているようです。

 

 

 

 細野豪志さんの「民希合併合流否定」で展望開けるか?!

 

ryukyushimpo.jp

 

 希望の党の細野豪志元環境相は3日、自らのツイッターで、民進党との新党構想を巡り「『新しい民主党』に入る選択があり得ないのも、私の取ってきた政治行動からすれば、当然のことだ」と表明した。安全保障の現実主義と憲法改正を旗印に希望を結党したと説明し、この旗は降ろさないとも強調した。

 

希望の党の細野豪志はツイッターで、「民希合流」には参加しない意向を表明しました。これが事実であれば、合流の障壁は1つ取り除かれることになります。

 

問題は、立憲民主党抜きの合流に岡田克也さんが首を縦に振るかどうか・・・。

 

 

 

その間にも「立憲民主党」は憲法違反?!立憲って何だ?!護憲って何だ?!俺たちはどう行動すればいい・・・?

 

www.nikkei.com

 

 立憲民主党の逢坂誠二衆院議員は2日、国会内で記者団に、3月27日の証人喚問で証言した佐川宣寿前国税庁長官を議院証言法違反の疑いで告発を検討する方針を明らかにした。

 

 学校法人「森友学園」に関する改ざん前の決裁文書に安倍昭恵首相夫人の名前を見た感想について、刑事訴追の恐れを理由に答弁を拒んだのは、過剰な証言拒否だと問題視した。

 

立憲民主党の逢坂誠二さん・・・

・・・

・・・ハァまたこいつか・・・

 

「自己負罪拒否特権(自分に不利な証言はしなくて良い)」は、日本国憲法第38条第1項に規定されています。

 

刑事訴訟法上の「黙秘権」ともなれば、さらに広範囲にわたりますが・・・。

 

偉そうに立憲立憲と名乗る以前に、まず自分たちが憲法を遵守するという姿勢を見せていただけないものでしょうかね?逢坂誠二さん。

 

 

不思議なのは、「答弁を拒否したという事は、答弁者が罪を問われる事象を隠しているからだ」というツッコミが野党から出てこない点です。

 

これは「罪を問われる可能性があるのは答弁者であり安倍晋三夫妻ではない」ためか、或いは「今後検察の手柄になるだけであり、野党連中の手柄にはならない」ことが理由でしょうか?

 

 

 

立憲民主党、日教組候補を擁立して革新色を鮮明にする

 

r.nikkei.com

 

立憲民主党は3日の常任幹事会で、2019年の参院選比例代表に日本教職員組合(日教組)出身で元職の水岡俊一氏(61)の公認を内定した。日教組の組織内候補を同党が擁立するのは初めてで、連合傘下の労働組合で立候補するのは私鉄総連に続き2例目。

 

立憲民主党は総評系の支持を受けていますので、今さら言うまでもなく革新系政党の道をひた走っていることになります。

 

そして今回あらためて「日教組候補」である元職・水岡俊一さんの後任を内定したのですが・・・。

 

この人、ある意味えらい有名人ですよね。写真見たら思い出す人けっこういるんじゃないかと思います。

 

 

 

立憲民主党、川内博史さんは国会で答弁者を馬鹿にする態度を見せる

 

立憲・川内博史議員がモノマネや答弁中のヤジの挙げ句に「答えさして」委員長に懇願 | BN政治ニュース

 

 川内「(馬鹿にしたような口調で)『書き換えなくてもよかったんだけど、周りの雰囲気が異常だったから、仕方なくやったんだもーん、僕たち悪くないもん』みたいなですね、(中略)罪の意識というか、そういうものが甚だ希薄ではないかと、いうふうに私は、私は感じてしまう」

 

立憲民主党の川内博史さんは、国会質疑で答弁者である太田理財局長を馬鹿にした態度で質疑。

 

更に、自らの質疑であるにも関わらず野次を飛ばし続けるなど、おおよそ大人とは思えない恥ずかしい態度を終始見せつけていました。これが、立憲民主党の本質でしょう。