本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の小川敏夫さん、衆院選のやり直しを堂々要求!!なお参院議員

f:id:inatei:20180326182328j:plain

 

 

民進党の小川敏夫さん、衆院選のやり直しを要求したそうです。

 

お前参院ちゃうんか

 

 

 

民進党の小川敏夫さん、衆院選のやり直しを堂々要求!!なお本人は参院議員

 

www.fnn-news.com

 

 民進・小川敏夫参院議員会長は、「総理言ってましたよ。『親切に丁寧に説明する』。そう言って(昨秋に衆院)選挙をやった。行政の説明がうそだったのだから、選挙をやり直してくださいよ。総辞職じゃ足りない。即刻、選挙をやり直して、国民の本当の正しい声が反映できる議会に戻そうではありませんか」と述べた。

 

 「行政の説明が嘘だったから、立法府の選出をやり直せ

 

????

 

自分で言ってておかしいと思わないんですかね???

 

 

というか、有権者がそんなくだらない理由で投票行動を変えるとでも思ってんですかね?民意を全否定して衆院選を「なかったことにする」という横暴な主張をするあたりは、DVで訴訟沙汰になった人の面目躍如といったところでしょうか。

 

 

  民進党の小川参院議員会長は25日、森友学園への国有地売却をめぐる、財務省の文書改ざん問題を受けて、2017年10月の衆議院選挙をやり直すよう求めた。

 

そりゃ小川敏夫さんは参院議員だから、衆院選やり直したとしても痛くもかゆくもないでしょうけどね。

 

 

 

民進党は「首相の解散権」を非難していたはず

 

www.tokyo-np.co.jp

 

 民進党は二十二日、党本部で開いた全議員政策懇談会で、来月予定の衆院選公約について協議し、改憲議論の対象項目として「首相の解散権の制約」を盛り込む方針を確認した。

 

2017年9月の時点では、民進党は安倍晋三首相に対し「衆院を解散しろ」「受けて立つ」と勇ましく主張していたものです。

 

ところが本当に衆院を解散されると一転、「首相の意思による解散は横暴だ!!」と、手のひらを返していたのですよね。

 

そこで出てきたのが、この「首相の解散権(7条解散)の制約」です。

 

小川敏夫さんは、自らの政党のこの主張との整合性を、一体どのように取るつもりなのでしょうか?

 

 

 

 おか志位和夫さん「安倍晋三首相は憲法を壊してきた」←?!

 

 共産党の志位委員長は、安倍首相が自民党大会で、「憲法9条への自衛隊の明記」に強い意欲を示したことについて、「憲法を壊してきた総理に憲法を語る資格はない。やるべきは憲法を変えることではなく、総辞職だ」と訴え、安倍内閣の退陣を求めた。

 

共産党のおか志位和夫さんは「憲法を壊してきた」と主張されていますが、どういう意味なんでしょうね?

 

憲法改正のことを悪質な印象操作で呼び換えているのだとしても、ようやく自民党内でまとまろうとしている段階のものを「~壊してきた」と主張するのは謎です。

 

関係ないですが、私の心の中では志位さんは「人差し指を立てて相手につよく諭すけど内容がおかしいおっさん」として定着しています。

 

たぶんそんなに間違ってないとおもいます。