本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

太田充理財局長「忖度なんかしていない!!でも忖度したことを否定できない」

f:id:inatei:20180320190147p:plain

 

 3/19の衆院予算委で太田充理財局長が答弁に立ちましたが、答弁内容が矛盾している上に「悪魔の証明」を積極的に受ける態度を見せたために話題となっています。

 

 

 

太田充さん「野田佳彦前首相に忖度する筈がない!しかし安倍晋三首相には忖度したかもしれない」

 

www.asahi.com

 

太田充理財局長は、かつて野田佳彦前・総理大臣の秘書官として「消費増税」を主導した人物です。

 

この事から、自民党の和田政宗さんは「(野田佳彦前・首相に忖度して)増税派だからアベノミクスを潰すため変な答弁をしているのか」と詰め寄られます。

 

これに対し太田充さんは、「仕えた方に一生懸命仕えるのが仕事。いくら何でもそんなつもりは全くない」と、色をなして反発したそうです。

 

野田佳彦さんに忖度するような、いくら何でもそんなことは無い!という事ですね。

 

ところが・・・

 

 

www.yomiuri.co.jp

 

ただ、財務省の太田充理財局長は前任の佐川宣寿のぶひさ・前国税庁長官の答弁とのつじつま合わせが書き換えの主な理由としつつ、「首相らの政府答弁を気にしていないと言えるほどの材料を持ち合わせていない」とも語った。この曖昧さが野党のさらなる追及を招く要因にもなっている。

 

 安倍晋三夫妻に忖度するような、いくら何でもそんなことはあったかもしれない!という事ですね。

 

えらい都合の良いやっちゃな。

 

 

 

マスコミがミスリードしやすいよう、答弁に工夫がみられる太田充理財局長

 

この読売新聞の記事は、最後このように締めくくられています。

 

 では、なぜ昭恵氏の記述があったのか。共産党の小池書記局長に問われた太田氏が「それは基本的に総理夫人だということだ」と述べると、野党席は一斉に沸き立ち、小池氏は「まさに国会議員以上に配慮しないといけない存在だ」と指摘した。太田氏の発言は、忖度の証左というわけだ。

 

 

朝日新聞でも、「(安倍昭恵夫人の名前が記載されていた理由は)総理夫人だから」と、あたかも安倍昭恵夫人が問題に関与しているかのような見出しをつけています。

 

www.asahi.com

 

ところが実際には、この直後に発言を修正しています。

 

 太田氏は「(森友学園の籠池泰典前理事長が)盛んに昭恵総理夫人の名前を出していたので記述したということだろう」とも説明した。

 

安倍昭恵夫人は問題にまったく関与していないものの、天性の詐欺師である籠池泰典さんが夫人の名前を盛んに出したため、それを記載したというものです。

 

しかし、最初に「総理夫人だったから」と発言したため、ここが切り取られてマスゴミに印象操作の材料として便利に使われています。

 

 

太田充さんは以前から「印象操作を狙った」とおぼしき発言を行っており、今回も意図的にこのような答弁を行ったのではないかと疑われています。