本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民放各社さん、「放送法4条などの規制が撤廃される!!」と混乱

f:id:inatei:20180318093536j:plain

 

「安倍晋三首相が民法団体を解体しようとしている!!」として、民放各社や関連企業である新聞社などマスコミが大混乱しています。

 

 

 

読売新聞「首相を批判する報道が不満なんだろう!!」

 

www.yomiuri.co.jp

 

 安倍首相が目指す放送事業の見直しは、放送法4条などの規制の撤廃が目玉となる。背景には、首相に対する批判的な報道への不満があるようだ。

 

記事の出だしがまず不自然です。

 

普通「政府の誰々は昨日、〇〇の場で記者団に対し、〇〇を見直しする方針であると述べました」などといった事実報道から入るものですが、情報源などに一切触れないまま、記事が突如途中から始まったような違和感ある書き出しです。

 

 

 

「放送法第4条」は「政治的に公平であること」などを掲げているが・・・

 

 今回の規制緩和は、AbemaTVに代表されるような「放送法の規制がかからないネットテレビ」(首相)などの放送事業への参入を狙ったものだ。首相は衆院選直前の昨年10月、AbemaTVで1時間にわたり自説を述べた経緯もある。政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない。

 

 ネット事業者などに放送事業の門戸を開放すれば、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながる。首相の動きに、放送業界は「民放解体を狙うだけでなく、首相を応援してくれる番組を期待しているのでは。政権のおごりだ」と警戒を強めている。

 

読売新聞の記事にある通り、放送法4条には「政治的公平」を規定する内容が含まれています。正確には・・・

 

放送法第4条

一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

 

 

この「二  政治的に公平であること。」だけを見ると、読売新聞の主張は正しそうに見えます。

 

しかし、実際はどうでしょうか?

 

 

>政治的中立性の縛りを外せば、特定の党派色をむき出しにした番組が放送されかねない。

(´Д` )
(´Д` )

今もなお、そんな番組ばかりで、野放しですが

— 衆議院議員 長尾たかし (@takashinagao) 2018年3月17日

 

長尾議員(民主党→自民党)のツイートを引用するまでもなく、現在のマスコミ報道はとてもとても「政治的公平などとは言えない」状態が続いており、この規定は有名無実と化しています。

 

本来であれば、この規定一発で解体されるべき状態にあるのが、現在のマスコミであると言えるでしょう。しかし、各社ともこれをまったく無視している状態です。これが無くなったところで、各社とも痛くもかゆくも無い。

 

しかし、事実はひん曲げるわ、極端に偏った主張ばかりたれ流すわ、マスコミ本当に放送法4条踏み躙りまくっててますね・・・。

 

 

 

放送法の管轄である野田聖子総務相は、少なくともこれを発表していない

 

www.soumu.go.jp

 

放送法の所轄省庁は総務省ですので、法令を変えるとなれば総務大臣からその情報が流れてきそうです。しかし・・・

 

総務省|野田総務大臣閣議後記者会見の概要(平成30年3月16日)

 

問: 放送法についてお尋ねします。政府内で政治的公平を求める放送法第4条撤廃を含めた放送制度改革について議論されていると、一部伝わっているんですけれども、まず事実関係と放送法第4条に対する大臣のお考えをお聞かせいただけますか。


答: まず、そのような報道があったことは私も知っています。今のような制度改革については、具体的に検討しているという事実は承知していないので、今日のこの段階でのコメントは差し控えたいと思います。

 

総務大臣が「具体的に検討しているという事実は承知していない」と回答したということは、読売新聞社はこの情報を誰からどのような手段で入手したのでしょうか?

 

記事の出だしの不自然さを含めて、かなり怪しい記事であります。

 

放送業界が規制緩和されることを警戒した民法団体が、既得権益を守るためにフェイクニュースを流したんじゃないでしょうか。

 

 

 

希望の党の大串博志さん「事実であれば」

 

blogos.com

 

毎度おなじみ電波芸人・希望の党の大串博志さんが、物凄いブログを書いてくれました。

 

安倍総理が放送法を改正して、現在の民放の報道姿勢に圧力をかけようとしている

 

なにその最後の「?」は

 

ことの真偽は別として、そんな報道が出ることと自体、大変な驚きです。

 

ことの真偽大切やろ?!

というか、偽だったらまずいでしょうよ。

 

そういう報道があるということは、政府内でそのようなことを言っている人がいるということ。しかも森友学園問題で安倍総理に厳しい視線を注がれる中、報道に対して圧力をかけようということ

 

「・・・か?」ですって?!

 

本当に事の真偽はわかりませんが、こんな前近代的な圧力が存在する日本では絶対にあって欲しくない、と私は思います。

 

?!

 

うっかり全文引用してしまいました!!

 

「憶測で人を叩いている」箇所だけを抜き出そうとしたら、なんと全文引用になってしまいました!!私は悲しい。あんま悲しくもない。

 

 

おわりに

 

なんか怪しいですね、このニュース。

 

後日、財務省書き換え問題の「朝日新聞」と並んで、この件の「読売新聞」が「違法な手段で情報を入手した」として大問題になったりしなければよいのですが・・・期待しつつ続報を待て!

 

 

 

番外編:民進党の杉尾秀哉さん「ネットアンケートと一般調査は別!」

 

 

https://pbs.twimg.com/media/DYfpyYnVAAI_iqr.jpg

 

https://pbs.twimg.com/media/DYfpz0IVMAUf8mI.jpg

 

「世論とは何か」杉尾秀哉議員が「麻生辞任・夫人喚問不要」出演したネット番組内調査結果に | BN政治ニュース

 

民進党の杉尾秀哉さんが Abema TV 「みのもんたのよるバズ」に出演しましたが、番組内で行われたアンケートの結果に激怒。

 

調査の内容は「⿇⽣⼤⾂は引責辞任すべき︖」「佐川⽒だけでなく昭恵夫⼈も証⼈喚問すべき︖」の2点で、それぞれ4000票前後の回答。

 

⿇⽣⼤⾂は引責辞任すべき︖

  • 辞任すべき:8%
  • 辞任しなくてよい:92%

 

佐川⽒だけでなく昭恵夫⼈も証⼈喚問すべき︖

  • 証人喚問すべき:12%
  • しなくてよい:88%

 

この結果に激怒した杉尾さんは、「ネットは麻生太郎財務相や安倍昭恵夫人など(与党に?)偏っている」という独自の見解を主張していました。

 

「この番組ネット番組だし、ネット関係者の中では⿇⽣⼤⾂もそうですし昭恵夫⼈もそうですけどやっぱり⼈気があるんですよね」

⼀般の世論調査をするとぜんぜん違う数字なんですよね。やっぱり6割7割は辞任すべきっていうふうに」 

 

しかし・・・

 

総務省|平成29年版 情報通信白書|インターネットの普及状況

 

インターネット普及率は2016年の時点で人口比83.5%。去年の数字はまだ出ていませんが、85%近い数字になっているものと思います。

 

この比率から、やはりマスコミの一方的な影響は、急速に衰えてきているものと思います。杉尾さんはTBS出身者なので認めたくないのでしょうけど。