本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「経済の東スポ」日経新聞、「首相は6日に”書き換え”把握していた」と捏造報道する

f:id:inatei:20180316194217p:plain

 

 

 いまや東スポの情報精度があがってきており、このような表現は失礼ではあるのですが・・・。

 

「経済の東スポ」として悪名名高い日経新聞が、また捏造報道を行ってしまいました。

 

 

 

 

安倍晋三首相は3/6の時点で財務省の「書き換え」を把握していた?

 

www.nikkei.com

 

 首相、6日に「書き換え」把握 証人喚問で論点に

 

タイトルでは「首相は6日の時点で財務省の文書書き換えを把握していた!!証人喚問の論点になる!」と煽っていますが・・・。

 

 

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書を財務省が書き換えた問題で、同省が認める前に首相官邸が書き換えの可能性を把握していたことが分かった。

 

ログインせずに読める冒頭部分に、既に「~の可能性を把握していた」と一気にトーンダウンしておりました。

 

具体的には、

 

  • 3/5 国交省から「財務省が文書書き換えを行った可能性がある」と報告
  • 3/6 同情報が、安倍晋三首相と菅義偉官房長官に報告され、財務省に確認
  • 3/7 財務省から、「31名にヒアリングしたが書き換えの事実は無い」と報告
  • 3/11 官邸から再度の調査要求を行った結果、財務省から「書き換え」の報告

 

3/6 の時点では、国交省から「可能性」の報告がなされただけでした。言うまでもありませんが、国交省から聞いただけでは事実確認できません。一次資料(物証)があって、はじめて事実認定できるのです。

 

マスコミや野党のように、証拠もないのに他人様を疑い犯罪者扱いする行為は「魔女狩り」以外の何物でもありません。民主主義国家、文明国に対する挑戦と言えましょう。

 

 

 

菅官房長官は「不確実なことを言うのは控えるべきだ」

 

news.livedoor.com

 

国交省からそれらしい情報が入ったからといって、証拠も無いのに財務省を悪人に仕立て上げるのは民主主義国家に暮らす人間の行うべき行為ではありません。

 

魔女裁判を行わずに証拠を求めたのが政府与党であり、証拠もなく事実関係を適当にクリエイトして魔女裁判を続けているのが、野党とマスゴミです。

 

ここに引用した記事中にある、菅義偉官房長官の発言は、その辺の意識の違いを痛感させられる内容でした。

 

菅官房長官「政府の立場で不確実なことを申し上げることは、やはり控えるべきではないかなというふうに思います」

菅官房長官「まず事実関係を徹底して、財務省において、まず調査を行っている段階だというふうに私は思ってました」

 

 

 

相変わらず、物証を提示しようともしない朝日新聞社

 

www.asahi.com

 

いまだに「財務省による文書書き換え」報道の物証を出そうともしない朝日新聞社ですが、自らは責任を果たそうとしない割に、与党対しては「責任を自覚せよ」とか主張していました。

 

朝日新聞さん、「書き換え」の情報をどこから入手したんですか?まさか、刑事事件になる案件ではありませんよね?問題無いなら情報源出せますよね?

 

 

初報以来、他人事のような報道を続けている朝日新聞社ですが、合法的に入手することが困難な筈の情報をどのような手で入手したのか?しつこく追求し続ける必要があります。