本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

タマキン叩かれる

f:id:inatei:20180315190052p:plain

 

 

 3/14に放送されたテレビ番組で、希望の党のタマキン(玉木雄一郎)さんがフルボッコにされる惨劇が発生しました。

 

 

 

元・検事(現・弁護士)に「悪魔の証明」の誹りを受けるタマキン

 

玉木代表を前に元検事が野党批判「事実関係曖昧で責任追及するのは順番逆」「ついていけない話」 | BN政治ニュース

 

希望の党のタマキンこと玉木雄一郎さんですが、3/14に放送されたBSフジの番組「プライムニュース」でフルボッコにされてしまったようです。

 

基本的にはこのページで再三言及してきた通りですが、「悪魔の証明」の強要に対する批判でした。まあ、司法や行政に関わる人であれば、当然の主張ですよね。

 

反町理キャスター

「(政府が情報など)何か出しても、これじゃ⾜りない不⼗分・不明確だ、疑惑は更に⾼まったと言っていればいい

ないことを証明しろと野党が求めているように⾒える」

 

⾼井康⾏・元東京地検特捜部検事(現・弁護士)
「ないことの⽴証は不可能。だから悪魔の証明と⾔われる」

「いろいろ今おっしゃってますが、証拠はあるんですか

 

しかしタマキンは、「⽴証責任は常に⾏政側にある」などと意味不明な事を喋っていました。

 

 

 

民進党「関連文書を全部出せ!!」

 

blogos.com

 

反町キャスターの、「政府が何を出しても、野党は”疑惑は更に深まった!”と言っていればいい」という批判通りの言動が、同じ3/14に発生していました。

 

これは「逆ギレ恫喝男」として有名な櫻井充さんの発言ですが、「森友関連に関係する文書をすべて出せ!」と主張されておりました。

 

これは見え透いた手で、財務省がどのような資料を提出したところで、自分たちにとって都合の良い情報が出てこなければ「財務省は問題を隠している!!」と恫喝し続けることができます。

 

これも、悪魔の証明の亜流といえるでしょう。

 

 

 

希望の党の松沢成文さん、謎の「2人目の死者」怪情報で政局遊び

 

 

財務省で2人目の死者が出たという噂が永田町に流れた。自殺か? 過労死か? もし事実だとすれば財務大臣辞任ではすまない。政権転覆に繋がる大事件だ!

松沢しげふみ (@matsuzawaoffice) 2018年3月14日

 

希望の党の松沢成文さんですが、謎の「2人目の死者」情報を持ち出し、「自殺か?過労死か?!政権転覆につながる大事件だ!」とうれしそうにツイートされていました。

 

事実に基づかない主張であることもさることながら、人の死を喜んで政局に利用するもんじゃあないと思います。

 

 

 

同じく希望の党の今井雅人さん、事実誤認を指摘される

 

blogos.com

 

自民党の和田政宗議院がフジテレビの「グッディ」に出演した際、希望の党の今井雅人さんがおかしな発言をしたようです。

 

いつもおかしな発言をしているとかいうツッコミはちょっと控えてください。

 

 

希望・今井雅人氏が「森友の前に学校法人の購入希望があったのに、そちらには売らずに森友にわざわざ8億円値引きして売った」

 

森友の前に購入希望を出した学校法人(音大)の購入希望額は7億円。財務省の売却希望額は当時の時価9億円

森友学園の購入希望額は、賃借料年間2700万円×10年=2億7000万円+時価(つまり11億7000万円)で売却なので、森友のほうが条件がはるかに良い。

 

厳密には、

  • 音大なら、即9億円で売却できる(実際には瑕疵費用考慮で5.8億円に下げられた)
  • 森友は合計11億7000万円で売却できるが、満額支払われるのは10年後になる

という違いがあります。

 

10年間の金利を考慮するまでもなく、校舎のほうが高値で売れたといえるでしょう。