本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

日本政府関係者さんたちが北朝鮮No.2を取り囲む事案が発生

f:id:inatei:20180213200550j:plain

 

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)の開会式には北朝鮮No.2の金永南さんも出席したようですが、安倍晋三首相は一応握手などの挨拶をしたそうです。

 

 

 

地元知事「安倍首相は度量が大きい」

 

www.sankei.com

 

地元知事によると、安倍晋三首相はレセプションの場で自ら金永南さんに歩み寄り握手を求め、「かなり長く」会話をしていたとのこと。

 

これをもって、「安倍晋三首相は度量が大きい」と評したようです。

 

 

 

でもそれは罠だったのです。

 

 

 

拉致問題の解決を直接要求

 

www.nikkei.com

 

レセプション時の金永南さんとの会話内容について、安倍晋三首相は今日2/13の衆院予算委で答弁。

 

拉致、核・ミサイル問題を取り上げ、日本側の考えを伝えた」

「全ての拉致被害者の帰国を含め、拉致問題の解決を強く、直接求めた

 

北朝鮮No.2に対し、拉致問題・核兵器問題・ミサイル問題の解決を直接要求したそうです。

 

 

 

日本政府容赦ねぇ・・・

 

www.sankei.com

 

今朝の産経新聞によると、前述のような友好的な会話ではなかったようです。日本政府関係者が金永南さんを取り囲んでの直接要求だったとのこと。

 

しかし北朝鮮側もSPが控えているはずで、本当にこんなに一方的に取り囲むことができたのか、記事の信憑性はちょっとわかりません。

 

いずれにせよ、今回の安倍晋三首相の訪韓は、韓国に対しては「有事の際の邦人救助にむけた直接交渉」、北朝鮮に対してはこの場に乗じての「拉致問題解決」が主眼にあったようです。