本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

立憲民主党の枝野幸男さん、堂々と違憲行為を連発!!三権分立知らないの?!

f:id:inatei:20180204181932j:plain

 

立憲民主党の枝野幸男さんが、憲法違反の要求・三権分立の無視を要求した主張を次々と展開し、問題視されています。

 

 

 

「今回の」事の発端は、「籠池釈放しろ!」事件から

 

www.asahi.com

 

とはいえ、「立憲民主党」という大層な名前を名乗っておきながら、憲法違反に事欠かない枝野幸男さん。

 

今回は特に、先日の「籠池釈放要求」事件からのものに絞ります。

 

 (森友学園前理事長の)籠池(泰典)さんが長期にわたって勾留されて外部とやりとりができない。第1回公判まで保釈がされにくい日本の司法の仕組みは分かっているが、これは一種の政治犯勾留を続けていることは「不当だ」と言われても仕方がないのではないか。籠池さんに今さら証拠隠滅の恐れはないですよ。証拠隠滅してきているのはむしろ財務省。保釈を認めない理由はない。保釈をして、(音声データなど)新しい材料も出てきているので、ご本人に説明を求めたい。

 

この主張ですが、2つの「三権分立違反」を行っています。

 

籠池泰典被告を理由も無く「政治犯」と定義し、まるで政府与党が政治的理由で籠池泰典被告を拘束しているかのように主張しています。

 

しかし籠池被告は詐欺容疑などで拘置されているのであり、その拘留命令は司法(裁判官または裁判所)から出ています。行政(政府)や立法(政治家)は介入できないのです。

 

もう1つの問題は、「籠池被告の保釈要求している」点です。これも司法が判断すべき内容ですので、枝野幸男という政治家個人や安倍晋三「自民党総裁」といった「立法」、安倍晋三「総理大臣」といった「行政」の判断では、どうすることもできません。

 

枝野幸男さんは政治家として三権のうちの「立法」に所属していますし、弁護士資格を持っていますので「司法」にも精通していなければおかしい筈です。

 

そんな立場の人間が、このような主張をおこなうことはまったくの理解の外にあります。あたかも安倍政権が何かの悪事をはたらいているかのように思わせるため、わざと国民を騙しているとしか思えない。

 

 

先に述べた通り、だ枝野幸男さんは弁護士資格を持っている筈です。籠池泰典被告の弁護を買って出て、裁判で無罪を勝ち取ってあげれば良いんじゃあないでしょうか。

 

なんで、やらないんですかね?

 

 

 

非難が集中し、言い訳の嵐・・・が言い訳になってない!!

 

 

同様のご批判がいくつか見られます。
権力分立原則に基づけば、内閣には最高裁判事人事を通じて人事権があり、これを背景にして司法機能そのものに影響力を及ぼすことは許されません。個別司法案件に意見を述べることも影響力を及ぼす恐れがあることから禁じられます。 https://t.co/0cEZmx0Vmo

— 枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年2月3日

 

 

議院内閣制で内閣と国会の多数派、つまり与党は政治的に一体ですから、与党議員の発言も同様です。
これに対し、議会の少数派である野党は、裁判所予算に反対することできても否決する力はなく、それ以外、司法に対する権力としての影響力を持っていません。持っているの言論的影響力だけです。

枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年2月3日

 

当然ながら猛烈な非難を浴び続けた枝野幸男さんですが、耐えきれずに言い訳を試みます。

 

しかし三権分立をないがしろにした事実を覆するはずもなく、いきなり「政府・与党は多数派だからNG」「野党は少数派だからOK」という「謎の枝野理論」を作り出します。

 

この時点で、はやくも「行政+立法の一部」vs「立法の残り」という、訳わからん区分けをやらかしやがりましたよこいつ。

 

 

 

一方、立法、司法、行政の中で、司法だけが民主的コントロールを直接的には受けませんが、無関係で良いわけではありません。司法は、多数意見でなく法と証拠に基づいて行動しなければなりませんが、法と証拠に基づいて行動しているという信頼を民主的に受けていることが求められます。

— 枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年2月3日

 

 

本当に法と証拠に基づいて行動しているのか?という視点での国民からの監視や指摘は必要です。その問題提起をできる立場の一つが政治であり、内閣や与党は権力的な影響力を持つため介入とも受け止められかねない言動が許されず、必然的に、野党の役割となります。

枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年2月3日

 

いきなりとんでもない事を言い出しやがりましたよこいつ・・・。

 

そりゃー司法といえども、枝野幸男「弁護士」は、「法と証拠に基づかない弁護」を行っているのかも知れませんけどね。

 

大体、野党様がどれほどお偉いのか知ったこっちゃあありませんが、立法府に司法を監視するような権限はございません。国民馬鹿にしてるのか?こいつ。

 

 

 

「言論活動をして欲しくない」と内閣が思っているのでは?と想像される人物を、長期間言論活動できないように勾留している現状は、裁判所の忖度ではないかとの疑義も生じています。保釈一般についての問題点も含めて、権力的影響力行使でなく言論活動として問題提起するのは、権力分立に反しません

枝野幸男 (@edanoyukio0531) 2018年2月3日

 

嘘つけ!!

 

これほど能動的に「釈放要求」だの「不当拘留」だの騒いでおきながら、「権力分立に反しない」なんて訳あるか!!

 

大体、「忖度だー」とか騒ぐんだったら、一次資料たる物証をそろえて持ってきなさいという事です。

 

頭の中の妄想だけで、忖度だー、司法は自らの職務を放棄して、政府与党にとって都合のいいことを適当にやっているー!と騒いだところで、それは司法に対する侮辱でしかありませんし、脳内のお花畑としか言いようがありません。

 

先にも述べましたが、枝野幸男さんは弁護士資格を持っているのですから、裁判という司法の場で、籠池被告の無罪を堂々と勝ち取ってあげれば良い。それだけの話なのです。とっととやれ。