本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の小西洋之さん、外相を向こうに廻して格の違いを見せつけられる

f:id:inatei:20180201211740j:plain

 

民進党の電波王・小西洋之さんが、河野太郎外務大臣を向こうに廻して格の違いを見せつけられて話題になっています。

 

 

 

河野太郎外相、中国の華春瑩副報道局長とのツーショット写真をツイッターランドに投稿

 

 

With a famous Chinese lady! pic.twitter.com/7aY3j5IGZw

— KONO Taro (@konotaromp) 2018年1月28日

 

話は1/29にさかのぼります。

 

河野太郎外相は、1/27~1/28の中国訪問の際に撮影した写真をツイッターに投稿。

 

 

 

www.asahi.com

 

普段強面?の華春瑩副報道局長の笑顔とあいって、国外では「ツイッター外交」としてなかなかの評判でした。

 

※このツイートは、普段と異なるアカウントで行われていました

 

 

 

中国の王毅外相との会談で、これまでの日中関係の原点を振り返りながら、全面的な関係改善を進めていくため、建設的な姿勢で対話を行いました。 pic.twitter.com/9iQsHjx5v9

— 河野太郎 (@konotarogomame) 2018年1月28日

 

王毅さんのこんな表情も、過去に見た記憶がありません。

 

 

 

小西洋之さん「河野大臣は馬鹿ではないのか」「格下の相手に・・・」「これは朝貢だ!!」

 

 

河野外相の「ツイッター外交」、海外メディアが注目https://t.co/X1jBoRK4O8

河野大臣は馬鹿ではないのか。相手は中国政府の報道官に過ぎない。外交交渉の相手ですらない格下の人物だ。その人物とニヤケ顔でツーショットを撮るのは外交ではなく中国への「朝貢」だ。そんなことも分からないのか。。

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年1月31日

 

常に異様な言動ばかりを繰り返している小西洋之さんですが、今回も河野太郎さんに対し「馬鹿ではないのか」と罵ったり、華春瑩さんに対して「格下の相手」と見下したり、ツーショット写真の撮影を「朝貢」と表現するなど、おおよそ常人には理解できない奇行を行っていました。

 

 

 

河野太郎さん「えっ、写真撮る時に相手の『格』を考えるの?!」

 

 

写真撮る時に相手の「格」を考えて撮っている人もいるんだ。疲れそう。 https://t.co/LnsDhctiiQ

— 河野太郎 (@konotarogomame) 2018年1月31日

 

小西洋之さんの心無いツイートに対し、河野太郎さんはあっさりと一行で反撃。外相の好感度がうpする一方で、もはや地に堕ちたと思われていた小西洋之さんの悪評が地中深くを掘り進む事態に発展しました。

 

 

 

小西洋之「国会議員はかつて自分達で戦争を起こし空襲で国民を殺した」

 

 

この衆院の避難訓練は、かつて自分達で戦争を起こし空襲で国民を殺しながら議事堂の避難訓練に励んでいた太平洋戦争下の国会議員と本質的に何ら変わらない。国会議員の役割は、安倍政権の米軍共同訓練が生み出した「北朝鮮が日本国民を攻撃対象とする事態」を改めさせ、国民を危機から救うことである。 https://t.co/5NupBvbLwm

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年1月30日

 

おまけ

 

小西洋之さんですが、1/30にはこんな訳のわからないツイートも行っていました。

 

「太平洋戦争時の国会議員は、空襲で国民を殺していた」という意味にしかとらえられないのですが、本当は何を言いたかったんでしょうか?

 

元々あまりにも日本語が拙い上、そもそもの思考が常人とは全く異なる異様なものですので、真意を推測するのも困難です。

 

小西洋之さんなだけに、「国会議員は空襲で国民を虐殺していた!!」と、本気で言っているのかも知れません・・・

 

 

 

「国会の暴行犯・小西洋之」が、言葉の定義を勝手にクリエイト

 

 

河野大臣にリツィート頂き光栄。私が指摘した「格」は外交の交渉相手か否かだ。報道官は交渉役の決定を喋るだけの役割。大臣は一国の外交交渉の最高責任者。この外交上の「格」の違いが考えられない大臣は「国益」が分からない無能だ。
大臣の無邪気で愚かな行為を外交防衛委員会で厳しく追及したい。 https://t.co/L0VKsA6pyR

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年2月1日

 

「格」にそんな意味はねえよ勝手に定義変えるな馬鹿野郎

 

 

 

河野大臣は日本外交の破壊者。昨年に佐藤外務副大臣が自衛隊「服務の宣誓」で所信表明した憲法66条(文民条項) 、外務省設置法違反を必死に擁護。私の追及に「外務副大臣として職務を全うする基本的な姿勢を述べた」と哀れな詭弁をろうするだけ。ニヤケ朝貢写真の前にさっさと武人副大臣を罷免すべきだ https://t.co/L0VKsA6pyR

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年2月1日

 

 国会で暴行事件を起こしながら、すんでのところで佐藤正久外務副大臣に防衛されてしまった、小西洋之。

 

いまだに逆恨みをしているらしく、ここで突如佐藤副大臣に対する恨み節を書きだします。

 

国会の暴行犯である小西洋之が、何を言ってやがるとしか思いません。

 

 

 

ちなみに、かつて河野大臣は外務省を「害務省」呼ばわりしODA予算半減を主張。このようにコロコロと信念が変わる政治家は各国の外交関係者からまともに相手にされない。https://t.co/0cFxnJ8ojL https://t.co/L0VKsA6pyR

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年2月1日

 

さすがですね。

 

「自転車の飲酒運転は絶対にしないという強い信念を持っている」人は、言うことが違いますね。

 

いつになったら亡命してくれるんですか?コロコロと信念を変えずに、有言実行でさっさと日本から出て行ってくれませんかね?

 

ところで、安倍晋三総理大臣から相手にされない理由は何なんですかね?やっぱ、格が違うからですかね?