本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

自民党の竹下亘さん「安倍晋三首相は韓国に行って!五輪に出席して!」

f:id:inatei:20180120180258p:plain

 

 

自民党の竹下亘さんですが、1/19の記者会見での発言で大炎上しています。

 

 

 

事の発端は、例の「嘘つき民国」

 

www.inatei.com

 

今回の事の発端ですが、まず「韓国が慰安婦合意を反故にした」ことにあります。

 

多くの第三者が監視する中で締結された国際合意を、いとも簡単に反故にする信用できない国。韓国。

 

そんな連中のプライドのために、わざわざ日本の首相が行ってやる義理はありません。

 

 

それでなくても、北朝鮮による度重なる挑発により不安定化している朝鮮半島情勢。有事ともなれば国賓は即人質となるため、各国首脳とも出席を見合わせています。

 

韓国で行われるピョンヤン五輪いやピョンチャン五輪でしたっけ?への出席など、回避する理由はあれども出席する理由はまったくありません。

 

 

 

「スポーツはスポーツだと割り切って行ってくれればいい」

 

www.sankei.com

 

 自民党の竹下亘さんですが、1/19の記者会見でこんな発言を行ってしまったようです。

 

「スポーツの祭典であり、政治利用は全く考えないでいい。スポーツはスポーツだと割り切って行ってくれればいい

 

この発言がネットで大変な反発を受けてしまっているのですが、今回とくに深刻なのは、「自民党支持層の逆鱗に触れてしまった」という点でしょう。

 

島根2区は竹下家が非常に強い地盤を持っている地域ですが、今後投票ボイコットなどの行動に繋がっていくかもしれません。保守系の対立候補が出てくれば、自民支持層からかなり流れてしまうのでは・・・?

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

竹下亘さんはこれまでにも再三「失言」を繰り返してきていますが、その度に擁護してきた自民党支持層を敵に廻してしまっては、今後の政治活動にもすくなからぬ影響が出てくるものと思います。

 

 

 

「スポーツを政治利用すべきではない」

 

竹下亘さんは「スポーツを政治利用すべきではない」とも発言されていますが、だったらスポーツの祭典に出席するために、安倍晋三首相がわざわざ韓国に行くべきではないと思います。

 

 

 

「平成研(竹下亘さん自身の派閥)から総理を出したい!」

 

www.sankei.com

 

「遠くない将来、私が副会長を務める平成研究会(自民党額賀派)から総理・総裁を出したいですね。具体的に「誰」とは言えませんが…。加藤勝信厚生労働相や茂木敏充経済再生担当相はどうかって? 十分に総裁候補になり得ます。」

 

もう無理でしょう。

 

石破茂さんも同様の事態を招いていますが、今回の一件で自民党支持層には「総裁選で、竹下亘と同じ派閥の人間は支持しない」という考え方が定着すると思います。

 

 

 

えっ?!「米国務省日本部長」が韓国を擁護?!

 

www.sankei.com

 

米国務省の日本部長には「ジュリー・チャン」なる怪しい人物が就任していますが、この人がトンデモ発言を行っているようです。

 

「(日韓両国に対し相互に信頼し合い、和解できるような前向き志向の解決策を模索するよう促している」

「米国は日本からのさらなる投資と雇用増加を求めている

 

発言は、「日韓慰安婦最終合意」の立会人たる米国にあるまじき異様な内容ですが、これを見て何か気がつかれた方も多いのではないでしょうか?

 

名前からしてアレですが、特にその発言内容。「自分にとって都合の良い和解案を勝手に提示しつつ、相手に更に身勝手な要求を突きつける」。

 

 

kh.usembassy.gov

 

I still remember arriving in the United States from Korea with my family when I was five years old,

 

I struggled with the new culture and the new language, and desperately wanted to go back to Korea.

 

てけとう翻訳

 

私はまだ私が5歳の時に私の家族と共に韓国から米国に到着したことを覚えています、

 

私は新しい文化と新しい言語に苦労して、必然的に韓国に帰りたいと思っていました。

 

皆さんが想像した通りでして、この「ジュリー・チャン」なる人物、5歳の時に両親とともに韓国から移住してきた「韓国系米国人」なんだそうです。アイデンティティは韓国にある・・・。

 

アチャー