本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

希望の党と民進党が統一会派結成で大筋合意したけど誰も話題にしてくれない

f:id:inatei:20180114145825p:plain

 

なんか、希望の党と民進党が統一会派組むことで大筋合意したみたいですよ。

 

需要あるのかな、これ・・・?

 

 

 

民進党大分裂後、12月中旬から続いていた合流騒動

 

www.inatei.com

 

小池百合子旋風(の終盤)&民進党凋落の影響を受けた前原誠司さんが、「民進党は衆院選で公認を出さない」「代わりに希望の党から公認貰う」(そのほうが当選確率高そう)って方針を決めたことから発生した、民進党大分裂。

 

その直後から、「大民進党主義(民進党&無所属の会+希望の党+立憲民進党)」「小民進党主義(民進党&無所属の会+希望の党)」の2つの統一会派案が噂されてきました。

 

なお「大民進党主義」「小民進党主義」はワイが適当につけた呼び方で、他で通用することもなければ立憲民主党を排除するどころかむしろ立憲民主党が合流を拒んでるので、言葉としてどうなんだ?というのはちょっと黙っててください。

 

 

 

そして統一会派へ

 

www.jiji.com

 

www.nikkei.com

 

www.nikkansports.com

 

時事通信や日経新聞の報道では内容はよく分かりませんが、日刊スポーツによると「安全保障関連法への対応に関して折り合いが付いた」ことで大筋合意に至ったようです。

 

希望の党は、小池百合子さんの強い影響下にあったため民進党系にしてはややまともな安保政策を掲げていましたが、おそらくはこれが撤回されたのでは・・・?

 

 

www3.nhk.or.jp

 

NHKも同様のことを報じています。

 

正式な合意に至るかは明日次第で、合意に至ればその後事務手続きに入るということのようです。

 

 

 

やはり安保を捨てた「希望の党」。主導権は誰の手に?

 

www.sankei.com

 

タマキン(玉木雄一郎)さんが党代表になって以来、民進党系にしてはややまともだった部分が軒並み撤回されてきた「希望の党」。

 

こんなんでは希望もへったくれもあったもんじゃあありませんが、最後の砦だった安保まで投げ捨てちゃいましたので、もうそのまま民進党に戻っちゃえばいいじゃない、という気がします。

 

と思いきや・・・

 

 安保法制の白紙撤回を求める声が多い民進党に配慮し、「玉虫色」の表現を用いることで両党の見解の違いを棚上げする狙いがある。

 

「玉虫色」の表現ってあーた・・・

 

またそれかよ!! ><;

 

民進党所属議員の主張が終始バラバラだった根本原因を、そのまま踏襲するんかい!!><; だめだこいつら・・・

 

 

さて政策面では「希望の党」側が明らかに譲歩、というか小池百合子系の影響を排除して元に戻したわけですが、これが民進党との勢力争いの結果かというと別問題でしょう。

 

希望の党のメンバーは、その殆どが自発的ではない理由で民進党からの離党に追い込まれた経緯を持っています。希望の党の公認を得る際に政策を受け入れたはずですが、本心からその政策を受けいる気などもともとありませんでした。

 

彼らは「希望の党」の政策の撤回に特に抵抗はなく、「民進党メンバーに貸しを作った」ぐらいの気持ちでいるでしょう。

 

一方民進党側は、地方組織・支援組織そして旧・民主党以来のカネで交渉を優位に行いたいはずです。こちらも、希望の党に主導権を渡す気は無いでしょう。

 

このまますんなり統一会派を結成できるのか、できるとしたらどちらがイニシアチブを握るのか、まだ予断を許しません。

 

 

 

またも「政策を無視した政局ごっこ」

 

www.sankei.com

 

「昨年の特別国会で、やはり野党がバラバラではダメだなと痛感した…」

 

 主要政策の違いを棚上げにした連携は、衆院選の比例代表で希望に投票した1千万人近い有権者への背信に等しい。

 

有権者にとって大事なことは、該当政党や政治家がどのような政治を行うかにつきます。自分たちの望む政治を行ってくれるのであれば、それがどの政党でもどの議員でも良いのです。

 

であるにも関わらず、民進党系野党の皆さんは、政策を無視して「いかに自分たちが票をかき集め、国会で生き残るか」だけしか考えていません。政策を無視して政局にばかり勤しんでいます。

 

これが野党凋落・自民一強の根本原因ですが、希望の党と民進党は、相変わらず同じことを繰り返しているようです。

 

 

 

希望のタマキン党分裂か?!

 

mainichi.jp

 

 希望の党の階猛幹事長代理は12日、民進党との統一会派結成について、同党参院議員の松沢成文氏、行田邦子氏、中山恭子氏がいずれも反対していることを記者団に明らかにした。

 

希望の党の中からは、既に統一会派に反対する声が出ているようです。

 

松沢成文さんや行田邦子さんは、一時期民主党に所属していた経緯もあるのですが・・・。民進党は嫌なんでしょうか?

 

そして、希望の党設立前に民進党から離党した、細野豪志さんや長島昭久さんたちは、この統一会派の動きにホイホイついていってしまうのでしょうか?

 

また、民進党で好き勝手にやらかしたあげく、上から目線で民進党をバッシングして希望の党に参加してしまった後藤祐一さんは、一体どうするつもりなんでしょうか?楽しみです^^

 

www.inatei.com

 

 

 

追記:民進党の小西洋之さんが相変わらず訳わかんない

 

 

民・希幹事長、統一会派で大筋合意=両党内になお異論 https://t.co/2xRjyRfeXn

民進と希望が統一会派を組めば衆院で第一党となる。改憲議論がどんどん進められ、年内にも発議に至るだろう。
この野合は日本政治最大の惨事である。

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2018年1月14日

 

民進党の小西洋之さんですが、twitter で「民進と希望が統一会派を組めば衆院で第一党となる」と意味不明な発言をしています。過半数の議席を持つ自民党以上になるのか・・・?

 

まあ「野党第一党」の間違いだろうとは思いますが、そうなると「民進党が野党第一党になると困る」と言っていることになるわけで、この人本当に何をしたいのかさっぱりわかりません!!