本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

英FT紙「イギリスもEU離脱したらTPPに参加するで」

f:id:inatei:20180103125251p:plain

英国が、TPPへの参加の検討に入ったみたいです。

 

いきなり変化球来たなーと思ったんですが、FT紙報道ってことで信憑性もありそう。

 

 

 

EUを離脱してTPPに

 

www.jiji.com

 

EUからの脱退を決めた英国ですが、これは軍事経済の自由を取り戻した一方で、欧州自由貿易圏からの脱退というデメリットも甘受しなければならない選択でもありました。

 

そこで個別にFTAを締結し、そちらの貿易で優位に立とうという動きを見せています。日英FTAも昨夏加速しましたし、対日で言えば軍事面でも2+2で準同盟関係を深化させています。

 

www.nikkei.com

 

www.mofa.go.jp

 

で、どうせ日本とFTA結ぶなら「いっそTPPに参加して、一気に11カ国と自由貿易協定を結んじゃったほうが手っ取り早い」って事になったようです。

 

将来的に米国が復帰すれば、TPPに参加することによる経済的な優位性は計り知れないですしね。

 

 

 

イギリスのTPP参加は、日英にとってメリットが多い

 

今回の報道は、ちょっと唐突感のある内容ではありました。

 

しかし、よく考えてみるとイギリスにとってはEU加盟と比べてメリットが大きいですし、逆に日本にとってもメリットのあるものです。

 

まず日本にとってですが、先に述べた英国との「準同盟」の進展があります。

 

これはイギリスのTPP参加というよりEU脱退によるものですが、イギリスがEU加盟国として行動した場合、どうしても中国の工作活動の影響を受けざるをえません。

 

外交政策をEUから独立して策定できることは、日英双方にとって計り知れないメリットになるでしょう。

 

 

続いて英国にとってのメリットですが、これも先に述べた経済面、そして日本との準同盟関係に見られる「EUから独立した外交」の獲得でしょう。

 

TPP参加は、EU脱退による経済面のデメリットを打ち消します。

 

そして重要なのは、通貨政策などの独自性を維持し続けることができる点にあります。EUは外交の制約もさることながら、通貨政策も事実上「ドイツのためのユーロ」になってますので。(なのでギリシャなどが苦しんでる)

 

TPPであれば、アフリカ等から流入してきた(武装)難民を受け入れる必要はありませんし、東欧の安い労働力に侵入されて仕事を奪われることもありません。

 

EUが、半ば欧州統一国家的な性質を帯びてしまったことに発生したデメリットは、TPPには存在しません。

 

問題は、まだ正式発効に至っていない点。そして、最大の経済規模を誇る米国が現在離脱中である点でしょうか。もしイギリスの参加が実現すれば、後者のデメリットはかなり和らぎます。

 

 

 

TPPって「環太平洋」でしょ?太平洋に面してないえげれすさん大丈夫?

 

さてTPPは「環太平洋連携協定」ですが、困ったことに英国は太平洋には面していません。まあ単なるネーミングの話なので、太平洋に面してない国が参加したら戦争がおこるとかそういう話でもないんですけど。

 

このへん、ハンズ通商政策担当閣外相がFT紙に「多国間協定に地理的な制約は必要ない」と語っているとのことです。

 

さて「英国は太平洋に面していない」と書きましたが、すんません嘘です。

チリ沖に、ピトケアン諸島という海外領土を持ってたりします。

 

この辺です。

 

 

 

 こんな感じの、いわくつきの場所です。

 

ピトケアン島

 

これはあかん

 

 

 

TPP絡みの動きはこんな感じ

 

www.inatei.com

 

TPPは、米国がトランプ大統領就任により離脱を表明。その後残る11カ国で米国抜きでの交渉を進め、2017/11/10に大筋合意に達しています。

 

2018/1/3には、この記事で書いた通り「EUから離脱したイギリスが、経済協力・自由貿易圏の交渉相手としてTPP参加に意欲」を示しています。

 

www.inatei.com

 

2018/1/26には、米トランプ大統領がTPP参加に言及。

 

しかし(米国にとって)良い条件になるなら、という条件つきでしたので、他の11カ国との溝は埋まらないものとおもいます。12か国での交渉時の内容でなければ全ての交渉を最初からやり直す事になり、それはTPP自体の締結が不可能になる事を意味します。

 

www.recordchina.co.jp

 

他にもコロンビアや韓国も色目を使っていますが、これらの国々が参加交渉を行う場合でも、TPP11や米国を含めた12カ国交渉時の合意を呑むことが条件となる筈です。