本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

中国の環球時報がウーマンラッシュアワーの村本大輔さんを報道

f:id:inatei:20180102135959j:plain

 

中国の「環球時報」が、先の村本大輔さんの一件を報道していました。

 

 

 

本当かいな?と思ってソース探ってみたら、本当に報道されてた

 

「先の一件」というのは、今朝書いた「非武装中立白旗論」のことです。

 

www.inatei.com

 

まあ、中国様からすれば「非常に都合の良い主張」ですよね。

 

これについて、ツイッターランド等で「中国・環球時報が喜んで報道してるぞ!」という噂が流れていました。

 

しかし、ついてる証拠は全部画面キャプチャー、これでは改竄されている可能性がある・・・

 

ということで、調べてみたら本当にありました。

 

world.huanqiu.com

 

村本大輔さんしゅごい・・・

 

 

 

翻訳してみました(機械翻訳+意訳)

 

さっそく、機械翻訳+意訳で翻訳してみました。

意訳入れてるので、精度低いのは勘弁してくださいまし。

 

  • 日本の芸人:釣魚島が「侵略」していれば、日本は白旗をふって降伏するだろう! (ビデオ)

 

  • 「中国が沖縄をよこせと言ったらどうする?」12/31の夕方、日本のお笑い芸人「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんが、テレビ朝日の討論番組の中でこの問題について質問された。彼は「もともと中国から取ったんでしょ」と答えた。尖閣諸島についての村本大輔の答えは驚くべきもので、「手を挙げて言います。白旗を挙げて…」「僕は取られても良いです」と主張した。「だって、だって…、もし皆さんの身内に自衛隊とか軍隊がいて、その身内が人を殺して国を守ることって…」と。

 

  • 1月1日の日本のメディア報道によると、日本の芸人村本大輔と中川パラダイスによって構成された "ウーマンラッシュアワー"は、日本最大の芸能プロダクション会社でありテレビ番組制作会社である吉本興業株式会社所属のお笑い芸人。12/31の夕方、村本大輔さんは、テレビ朝日の深夜放送「朝まで生テレビ元旦スペシャル」のプログラムに参加しました。

 

  • 報道によると、31日の夕方には、「平成30年の日本の未来」というテーマがあり、プログラムに参加する他のゲストは、立憲民主党所属の長妻昭国会議員ら、 また東大教授井上達夫、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹にして元・日銀北京事務所所長の瀬口清之ら学者など。

 

  • 「尖閣諸島」の問題について議論した際、「(尖閣諸島が)もし侵略されたらどうするの」という問題に対し、村本大輔氏は「(日本は)手を挙げて言います。白旗を挙げて…」そして「なぜ、中国や北朝鮮が日本を侵略するという発想になるのか、私、分からない」と素直に言った。村本大輔氏は「(尖閣諸島を守ろうとすれば)だって、だって…、もし皆さんの身内に自衛隊とか軍隊がいて、その身内が人を殺して国を守ることって…」と述べた。

  

  • 龍谷大学の李相哲教授は「尖閣諸島をよこせと言ったら大丈夫だと言ったけど、じゃあ、沖縄を下さいと言ったらあげるんですか」と質問すると、村本大輔は「もともと中国から取ったんでしょ」と批判した。

 

  • この前、村本大輔と中川パラダイスはフジテレビの12/17放送「THE MANZAI」出演中、日本の沖縄米軍基地の問題で「日本全体の問題なのに、沖縄だけに押し付けている」「(日本政府は)困ったことに、見て見ぬふりをしている」と述べた。

 

  • また、日米関係を嘲笑した。「米国のために、大量の米国製ミサイルや戦闘機を購入した日本は、(米国にとって)”良い国”ではなく”非常に都合の良い国”である」

  

  • 日本のメディアによると、日本のツイッタラーは一斉に村本のアカウントに非難のコメントをつけた。多くの人が彼を「低能」「教育の失敗」「小学生レベル並みの幼稚さ」と呼んだ。

 

  • 日本のツイッタラーたちは、テレビ朝日がこのような番組を放送したことを「大問題」と考え、今後村本大輔を招かないようテレビ朝日に要求した。

 

 

 

本人の反応は・・・

 

 

なんだ、これは、、 https://t.co/TwycrOBtFI

— 村本大輔(ウーマンラッシュアワー) (@WRHMURAMOTO) 2018年1月2日

 

 

 

え! https://t.co/hRD3vhOsZN

— 村本大輔(ウーマンラッシュアワー) (@WRHMURAMOTO) 2018年1月2日

 

 

一見すると同様しているように見えますが、その後の twitter 投稿を見る限り、本人もまんざらではなさそう。いけ赤き使者村本大輔!大中華帝国万歳!習近平皇帝万歳!六四天安門事件万々歳!!

 

 

 

中国人民の反応は・・・

 

これを知った中国人民の反応ですが、やはり村本大輔同志を賞賛する声が多いようです。

 

その一方で、「安倍晋三首相が独裁者なら、こんな発言は許されなかった」「日本には言論の自由があるという証拠」「琉球が中国であった歴史はない」「中国でやったら監禁される」といった声も、少なからず上がっているようです。

 

ツイッターでは村本さん本人が「きわどい事を言ったら声がかからなくなった。テレビから消えた」と主張されていましたが、中国人民は「日本には言論の自由がある」と、冷静に見ているようです。