本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

英国機密文書が公開されたけど、六四天安門事件の犠牲者数報道がおかしい(中国)

f:id:inatei:20171224114021j:plain

 

1989年に中国共産党が行った「六四天安門事件」について、英国の外交機密文書が公開されました。

 

 

 

「六四天安門事件」って何?

 

今更ですが、まずはおさらいを。

 

「六四天安門事件」というのは、 ‪中国民主化運動のことです。当時中国北京市の天安門広場で行われた中国人民による民主化要求デモを、中国人民解放軍が「無差別発砲」および「戦車での轢き殺し」など、文字通り大量虐殺で鎮圧したという事件です。

 

中国共産党政権にとっては当然ながら「汚点」ですので、ネットでも金盾(グレートファイヤウォール)などで厳重に情報統制されています。中国国内から「六四天安門事件」を検索しても、何の情報も入らないのですよね。恐ろしい。

 

これを逆手に取り、積極的に「六四天安門事件」と書き込むことで「中国から見られたくない情報」を中国側から意図的に見えなくさせる、なんていう手を使う人も結構います。

 

なお「天安門事件」と銘打った「事件」とされるものは他にも存在するため、事件の発生した6月4日を頭に冠して「六四天安門事件」と言って区別されています。

 

 

 

AFP通信「天安門事件の死者は1万人」

 

www.afpbb.com

 

1989年に中国の首都・北京の天安門広場(Tiananmen Square)で民主化運動が軍によって武力弾圧された「天安門事件」の死者が、少なくとも1万人に上るとする英国の公文書が新たに公開された。

 

AFP通信によると、今回の文書公開で判明した「六四天安門事件」の犠牲者数は、「少なくとも1万人以上」ということです。

 

事件当時の報道では「数百~千人余り」だったということで、実際の犠牲者数は十倍だったということです。

 

そして「先に公開された、米国の機密文書に書かれた犠牲者数とも整合性がある」という事ですので、この数字は精度が高いものと推測できます。

 

 

 

時事通信(香港時事)と共同通信(広州共同)は「千~三千人」

 

その一方、時事通信と共同通信はともに「千~三千人」と、事件当時に報道された最大数~三倍程度の数値に抑えて報道しています。

 

 

www.jiji.com

 

 【香港時事】23日付の香港紙・明報は機密扱いを解除された英公文書の内容として、1989年6月に中国・北京で発生した天安門事件に関連し、英政府が犠牲者を推計で最大3000人に達するとみていたと報じた。また、天安門広場からの退去期限より前に武力鎮圧が始まったとしている

 

 

this.kiji.is

 

 【広州共同】23日付の香港紙、明報は、中国当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した1989年6月の天安門事件で、英国の研究部門が北京での死者数は千~3千人と見積もっていたと報じた。機密解除された89年の英公文書の内容として伝えた。

 

この時事通信と共同通信の報道は、ともに不自然な点があります。

この両者ですが、それぞれ中国支社(?)からの情報をもとに日本語版の記事を打っています。

 

  • 時事通信は、「香港時事」経由の記事として配信
  • 共同通信は、「広州共同」経由の記事

 

そして両社の報道ソースは、ともに「香港紙・明報」という中国香港のメディアです。

 

なぜ英国外務省の出した公式情報ではなく、また欧米メディアからの情報でもなく、中国共産党の監視下にある香港のメディアから引用したのでしょうか?

 

しかも、時事通信と共同通信という2つの通信社が、同時に・・・。

 

 

 

香港では「自主規制」

 

www.sankei.com

 

 香港記者協会は22日、1989年の中国の天安門事件に関するネットメディア「香港01」の一部の記事が差し止められたなどとして「政治的に敏感な問題」に触れた報道への自己検閲を懸念するとの声明を出した。

 

「香港01」は20日、11月に機密解除された英公文書の内容を報道。天安門事件の翌日、英国の駐中国大使が、中国国務院(政府)筋から得た情報として「一般人の死者は推定少なくとも1万人」と英国に電報で伝えていたと報じた。

 

この産経新聞記事によると、「香港01」では犠牲者数を当初「少なくとも1万人」と伝えていたようで、これはAFP通信の内容と整合性がとれています。

 

中国共産党による圧力があったのか、それともその圧力を恐れての自主的なものなのかはわかりませんが・・・

 

実際に、何らかの情報修正は行われているようです。