本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

ノーベル平和賞の授賞式で演説する、サーロー節子さんが凄すぎる!!

f:id:inatei:20171210192136j:plain

 

日本時間の今夜(12/10)、ノーベル平和賞の授賞式が行われるんだそうです。

 

 

 

ノーベル平和賞は、国際NGO ICANが受賞

 

www3.nhk.or.jp

 

ノーベル平和賞にを受賞するのは、国際NGO ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)という組織だそうです。

 

まあ、「核兵器反対」とか言うだけならだれでもできますけどね・・・。このへん、自薦式の賞ですから何でもありっちゃあありです。

 

そしてこの授賞式ですが、被爆者で現在カナダ在住のサーロー節子さんという方も演説するんだそうです。

 

なんで組織外の人間が演説すんの???と思いますが、まあ単に何かあるって事でしょう。

 

 

 

サーロー節子さん「北朝鮮問題は日本に道義的責任」

 

このサーロー節子さんという人なんですが、やはりいろいろ問題のある方のようです。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

サーローさんは対立が激化する米国と北朝鮮に「絶対に核兵器を使ってはならない」

日本は核廃絶を目指す「道義的責任がある」

 

ニホンノセイ?!ニホンノセイナンデ?!

いやいやいやいや、核兵器を保有していない日本が核廃絶を目指したところで、事態は変わらんでしょうよ。

 

その一方で、核実験を進める北朝鮮や核兵器を保有している米国に対しては「使っちゃいけない(捨てろとは言ってない)」ってそれおかしくありません?

 

中露その他の核保有国に対しては、言及すらしていない・・・それで日本に「道義的責任」っすか・・・

 

 

 

そもそも「ノーベル平和賞」って

 

先に書いた通り、ノーベル平和賞ってのは何かの実績があったという事より、本人たちの自薦で決まっちゃうんですよね。

 

それはそれでまあいいんですが、そこにどれだけの価値があるのかは疑問です。

 

自薦による問題が顕著になったのが、2000年の金大中韓国大統領(当時)のノーベル平和賞受賞でしょう。これは「朝鮮半島南北首脳会談」を実現させたことが理由ですが、大きな実績はなく、ちょっと会って会話しただけです。

 

問題は、「南」の金大中さんが受賞したにも関わらず、北の金正日さんは受賞してないってことです。北朝鮮は韓国同様国連加盟国ですので、本来であれば南北双方の立役者が受賞すべきでしょう。片方だけというのはおかしな話です。

 

2009年には米国のオバマ大統領が受賞していますが、受賞理由は「核廃絶演説をした」だけでしたし。

 

こういった事が続いていますので、ノーベル平和賞ってのもまあそういうもんなんじゃないかと思います。