本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

立憲民主党、憲法違反!!

f:id:inatei:20171127183324j:plain

 

本日、衆院予算委が開かれました。

 

 

 

自民党、インターネット生放送で、衆院予算委を解説

 

www.yomiuri.co.jp

 

 自民党は、27、28両日の衆院予算委員会に合わせ、インターネット上の生放送で与野党論戦を「実況解説」する。


 中堅議員が難解な用語や議論の経緯を分かりやすく説明し、若年層に支持を広げるのが狙いだ。

 

今回の予算委は、自民党がリアルタイムでネット中継を行っています。用語解説・議論の経緯を解説することで、結果として支持の拡大につなげようという思惑だそうです。

 

  • 田村 憲久(自民)
  • 菅原 一秀(自民)
  • 新藤 義孝(自民)
  • 加藤 鮎子(自民)
  • 石田 祝稔(公明)
  • 竹内  譲(公明)
  • 長妻  昭(立憲)
  • 阿部 知子(立憲)

 

今日は与党の質疑が多かったこともあり、解説も盛り上がったようです!!

 

その一方、明日は野党の質疑ばかりということで「ゴシップネタばかりで、政策論争ができないのではないか」という懸念も出ています。

 

 

 

 

立憲民主党の長妻昭さん、安倍晋三首相に「憲法違反を要求」!!

 

www.sankei.com

 

 午後は、立憲民主両党の長妻昭氏が森友学園への国有地売却額がずさんに算定されたとする会計検査院報告や、憲法9条改正に対する首相の見解をただす。

 

午前中から午後16:00までの質疑は、与党議員が行ったこともあって問題の論点がいちいち明確になり、かなり充実した内容になったようです。

 

問題はやはり「立憲民主党」の2名で、まず後から出てきた阿部知子さんはいきなり「通告外の質問を2つ行う」という暴挙にでました。質疑時間が減ることに文句を言っている割に、時間短縮の努力すらしていない。

 

より酷かったのは、先に登場した長妻昭さんです。

まだ記事が出ていないので、記憶にある内容で:

 

質疑の出だし20分程度を「質疑時間が減った!!」「質疑時間が足りない!!」と繰り返し、質疑時間を無駄に浪費します。

 

驚いたのは、安倍晋三首相に対し「質疑時間の配分を変えるよう国会に要求したのか」と問いただしたところからです。

 

安倍晋三首相は行政の長、国会は立法府です。そのような要求がもし行われれば、三権分立は崩壊します。安倍首相は、当然これを否定。

 

すると、長妻昭さんは驚くべき発言を行ったのです。

 

安倍首相から国会に、質疑時間配分を戻すよう要求しろ

 

これにはさすがに驚きました。「立憲」を冠した名前を持つ政党の所属議員が、他人に憲法違反を促すとは・・・。

 

 

netgeek.biz

 

長妻昭「安倍総理が指示したんだろ!」

安倍総理「しておりません」

長妻昭「これほどですね~日本の大新聞が全部揃って誤報をするのかと」

 

長妻昭・・・

お前は一体何を言っているんだ

 

 

28日は、希望の党の長島昭久さんらが質疑

 

www.buzznews.jp

 

長島「我々希望の党はですね、もちろんあの立法府ですから行政監視をきっちりやっていく、これは勿論のことなんですが、スキャンダル追及に延々と時間をかけることはしない。そのかわり批判するなら提案する、対案を出す、こういう姿勢で基本的には臨みたいと思います」

 

 

 

  • 川内 博史(立憲)
  • 逢坂 誠二(立憲)
  • 長島 昭久(希望)
  • 井出 庸生(希望)
  • 津村 啓介(希望)
  • 今井 雅人(希望)
  • 後藤 祐一(希望)
  • 原口 一博(無会)
  • 宮本 岳志(共産)
  • 下地 幹郎(維新)

 

長島昭久さんは「スキャンダル追及に延々と時間をかけることはしない」と発言されていますが、ご本人はともかく、希望の党の面々はいづれも民進党時代にゴシップネタのスキャンダルに明け暮れていた人たちばかりです。

 

長島昭久さんの発言が有言実行となるのか、要注目です!