本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

トランプ大統領の訪日にあわせた?物凄く不自然なマスコミ報道

f:id:inatei:20171105211533j:plain

 

本日ですが、ちょっと不自然な報道がいくつか出ていますので、敢えて指摘します。

 

 

 

トランプ大統領「日本は北ミサイルを迎撃すべきだった」と発言?

 

www.sankei.com

 

 外交筋によると、トランプ氏は8~10月、東南アジア諸国首脳らとの電話会談や直接会談で、北朝鮮への圧力強化策を協議。その際に「自国の上空をミサイルが通過しているのに、なぜ撃ち落とさないのか」「武士の国なのに理解できない」など、日本が破壊措置を取らなかったことへの不満を口にしていたという。

 

この報道ですが、強烈な違和感が拭えません。

 

まず、トランプ大統領が発言したとされる時期です。8~9月との事ですが、発言当時ほとんど(全く?)報道されず、トランプ大統領訪日当日に大々的に報じています。

 

印象操作を仕掛ける目的で、今日まで意図的に報道を控えていたのではないかと疑ってしまいます。

 

次に、「なぜミサイルを撃ち落とさなかったのか」ですが、言うまでもなくミサイル迎撃が可能なのは「ミサイルが落下運動に入った後」です。

 

日本の領空を通過している間、ミサイルは燃料を燃やして上昇運動を続けていました。いつ上昇をやめ方向を変えるか分からない状況では、迎撃できません。(そして、上昇運動中は落下してくる危険性は無い)

 

更に、ロフテッドでは迎撃可能高度を越えます。米国大統領がMDの特性を知らない筈はありませんので、この辺はブラフ発言か、そもそも発言自体捏造なんじゃないかと思います。

 

「武士の国なのに~」のくだりも不自然です。これは言わずもがな、先日まったく同じ言い回しがトランプ大統領関連のニュースで報じられています。

 

 

www.afpbb.com

 

【11月3日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、中国に対し、北朝鮮の脅威が対処されなければ「武士の国」である日本が自ら事に当たる可能性もあると警告した。

 

この「トランプ大統領が中国・習近平主席に警告した」ニュースとすり替える目的で、「武士の国云々・・・」という一文を適当に付け足したんじゃないかと疑っております。

 

1つのニュース内にこれだけ不自然な点があると、さすがにねえ。

 

 

 

韓国ムンムン「日本は同盟国ではない」

 

this.kiji.is

 

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは5日、9月の米ニューヨークでの日米韓首脳会談の際、韓国の文在寅大統領が「米国と韓国は(軍事)同盟を結んでいるが、日本は同盟相手ではない」と発言したと報じた。

 

この発言が事実であれば、朝鮮半島有事の際に日本が韓国人を救助しないても「名分が立つ」ことになり、とても有難い話になります。

 

一国の大統領としては、自国民を見捨てるような言質を勝手に「敵」に渡す間抜けな行為を行っていることになり、大統領失格と言わざるを得ません。

 

しかしこの発言も「9月」になされたものとされており、事実であれば「なぜ今まで報道しなかった?」という疑問が沸いてきます。

 

朝鮮半島有事で日本の後方支援が得られるか否かは、韓国はともかく米軍にとっても死活問題になります。このような大問題が米韓首脳会談で語られたのに、アラートが上がらなかったのであれば安保上きわめてリスクが高い状態にあると言わざるを得ません。

 

しかし、このニュースもこのタイミングで突如出てきていること、情報提供元が韓国側の高官とされていることから、おそらくはトランプ大統領の歴訪日程に不満を持った韓国人高官の狂言なんじゃないかと思います。