本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

トランプ大統領、来日

f:id:inatei:20171105123437j:plain

 

米国のトランプ大統領夫妻が来日、横田基地に到着しました。

 

  

※交通規制については、昨日のエントリーを参照してください。

 

www.inatei.com

 

 

 

大統領専用機や専用車も輸送

 

flyteam.jp

 

いきなり変化球持ってきてもうた

 

トランプ大統領は来日にあたり、大統領専用機VC-25「エアフォース・ワン」で飛来しましたが、すでにVH-3Dマリーンワンなど、移動時に使用する専用機や車両が横田基地に輸送されています。VH-3D、または大統領が乗車する大統領専用車「ビースト」などの輸送は、アメリカ空軍のC-17AグローブマスターIIIで輸送されています。

 

いやあ、ついうっかり航空ファンサイトを開いてしまったもんで。

 

そういえば今まで疑問にすら思っていなかったのですが、言われてみれば専用車両なども輸送する必要があるんですよね。

 

ちなみに、C-17Aという機体はこんなのだそうです。

 

f:id:inatei:20171105124242p:plain

 

 

横田基地に到着して即演説

 

 

www.sankei.com

 

 トランプ米大統領は5日午前10時半過ぎ、大統領専用機で米軍横田基地(東京都)に到着した。トランプ氏の来日は初めて。

 

トランプ大統領は、そのまま横田基地内で演説しました。

 

   

「日本は貴重なパートナーで同盟国。皆さんのリーダーシップと奉仕に感謝する」

「(北朝鮮等)いかなる独裁者も米国の決意を過小評価するべきではない」

「米国の素晴らしい男女の軍人と、すばらしい自衛隊が集まる横田基地に来れて非常に感謝している」

「(原発事故時のトモダチ作戦で)何千人もの日本人を救った。みなさんは決して国を失望させたりしない」

「同盟国と協力を模索し、自由で開かれたインド洋・太平洋地域を推進する」

 

昨今注目されているのは、最後の「自由で開かれたインド洋・太平洋地域」の箇所です。

 

前・オバマ政権ではその末期、外交政策を「リバランス政策」に転換しました。これはアジア太平洋地域への米国の軍事的な関与を再開するというもので、特に対中外交で融和的に動いた結果、特に中国による南シナ海侵略を許す結果になったという反省に基づくものです。

 

トランプ大統領の「自由で開かれたインド洋・太平洋地域」政策はこれを発展させたもので、インド洋諸国を取り込もうとする中国への牽制を目的としています。

 

 

 トランプ氏は横田基地訪問後、安倍晋三首相らと埼玉県内のゴルフ場でラウンドする。6日には安倍首相との首脳会談に臨み、北朝鮮の核放棄に向けた圧力強化を確認。7日に次の訪問国・韓国へたつまでに安倍首相と4度、食事をともにし、緊密ぶりをアピールする。

 

あ、ゴルフって埼玉でやるんですね^^;

 

同席したハガティ大使が、演説時の画像を何枚か投下されています。

 

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領、ゴルフ動画を華麗にうp

 

今日のゴルフの状況を、トランプ大統領・安倍晋三首相がそれぞれ動画・画像としてツイッターランドに投稿されています。

 

日米の難所は経済政策・・・そこで何が語られたのか。

 

  

 

 

 

 

 

 

「希望の党」の超有力議員が、事実を捻じ曲げて安倍晋三首相バッシング

 

ところで、トランプ大統領夫妻の来日に先立ち、先日来日したイヴァンカ大統領補佐官。いわゆる「イヴァンカ基金」は、共同通信などによる「事実誤認を誘導する報道」により、一時バッシングされる羽目になりました。

 

www.inatei.com

 

 

しかし当日のうちに、事実誤認で非難していた人たちのほとんどは発言を撤回するなどし、騒動は一時的なものに終わりました。

 

ところが・・・

 

www.buzznews.jp

 

「これイバンカ基金ね。トランプ大統領のお嬢さん。57億円の拠出を表明されてますけども、ま、女性活躍のための応援はいいですけども、まぁ国民の税金は安倍総理のポケットマネーではありませぇん。57億ものお金があればね、いや待機児童問題とか介護の話も含めて、もっと国民にとって何が必要なのかスーパーセレブのトランプさんのお嬢さんにね、そこまで拠出する必要があるのかなど、非常に私の中では、国民の中でも、驕り緩みが出てきてるように思いますねぇ。」

 

この期に及んで、「外貨準備」をさも税金であるかのように騒ぎ立てるかね・・・。

しかもこれ、イヴァンカ補佐官個人に拠出するかのように喋っちゃってる。

これはアカンですね。

 

この柚木道義さんですが、政治実績がありませんので名前も聞いたことが無い方がほとんどだと思います。

 

しかし地元では「(希望の党は)玉木党柚木党と言われてる」ほどの超有力議員なんです!!

 

いや自称だけど。

 

www.buzznews.jp

 

「私はあの、ま、逆に非希望の党を半分頂いて、柚木さん応援するけど希望の党や小池さん応援しないと明確にものすごい多くの方から言われてその票が実は半分あって、まぁある意味地元では玉木党柚木党と言われてるわけですね。」

 

だが比例復活だ。

勿論、「希望の党」のおかげで、比例復活だ。

 

  • 2003年衆院選:落選
  • 2005年衆院選:当選
  • 2009年衆院選:当選
  • 2012年衆院選:落選(比例復活)
  • 2014年衆院選:落選(比例復活)
  • 2017年衆院選:落選(比例復活)

 

驚異的な弱さですね・・・

 

 

 

韓国人さん、反トランプデモを実施(なぜか日本で)

 

www.facebook.com

 

今日(11月3日)、戦争準備のためのトランプ大統領の訪韓・訪日に反対し、都内の米国大使館前で抗議をしました。

 

なんで、自分の国でやらないんですかね?

まあ、さも日本人がトランプ大統領の来日に反対しているかのように見せかける目的なんでしょうけど。

 

「戦争準備に向けたトランプ大統領の訪韓・訪日反対」キャンドルデモ

 

参加者3人

 

衝撃的な参加者数に、涙を禁じ得ません・・・

 

 

 

週刊誌「FLASH」、ゴルフ関連で捏造報道発覚!問われるモラル

 

smart-flash.jp

 

週刊誌「FLASH」が、ゴルフ関連で捏造報道をしたため大変な問題となっています。

問題となったのは、この箇所。

 

 そこで、官邸では警備の都合や移動時間を考慮し、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部を選んだ。問題は、同倶楽部ではカートの使用を環境面から認めていないこと。

 その旨を伝えると、トランプ大統領からは「自分は歩くのは嫌いだ。カートが使えないなら別のコースに変えてくれ」との要求が。

 慌てた官邸サイドでは、名門倶楽部に平身低頭。「なんとか特例でカート使用をお願いしたい」と拝み倒した模様。アメリカの要求には100%応じるという安倍首相の「トランプ様様ぶり」を象徴している。

 

「FLASH」記事には、明らかに「霞ヶ関カンツリー倶楽部ではカートの使用を環境面から認めていない」と明記しています。

 

ところが実際には、霞ヶ関カンツリー倶楽部の公式利用案内には、カートの存在が明記されています。

 

www.kasumigasekicc.or.jp

 

7.プレーはキャディー付き、歩いてのラウンドが原則です。
乗用カートは、80歳以上の方などのため準備がありますが、乗用カートの台数は限りがあり
使用の際は必ず事前にご予約いただきます。
なお、別途定める乗用カート利用要綱に従ってください。

 

ちなみに、このページには「環境面」などという単語すら出てきませんでした。

 

他国大統領さえも、捏造報道してまで貶めてしまったFLASH。このまま出版業を続けることができるのでしょうか?