本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

新聞社「ネット調査は対象が偏る」→「ニュース詳細は新聞で得る73%」なお調査対象は

f:id:inatei:20171102201726p:plain

 

我々がニュースを得る方法は現在でも複数ありますが、かつての新聞からラジオ、ラジオからテレビと徐々に変遷し、現在はネットが主体になりつつあるんじゃないかと思います。

 

そんな折、新聞各社から面白い報道が出てきました。

 

 

 

ネット調査は調査対象が偏る

 

www.nikkei.com

 

 ただ、ネット調査は「ネットをよく利用する人」のみを対象にしており、回答者は若年層に偏る傾向が強い。内閣支持率や政策の賛否など、有権者全体の「世論」の傾向を調べるためには、年齢や性別など様々な層からまんべんなく対象を選んで調査していることを統計学的に証明する必要がある。

 

さすが、天下の日経新聞さん。

 

至極ごもっともな主張だと思います。

 

 

 

新聞19紙が新聞読者から得たアンケート結果では新聞が一位

 

www.sankei.com

 

 新聞19紙が実施した読者アンケートで、ニュースの詳細な内容を知るためのメディアとして「新聞」を挙げた回答が73・4%と最多だった。

 

そりゃあ新聞読者に限定したアンケートなんだから、「新聞」って回答が多くなるでしょうよ・・・

 

様々な層からまんべんなく対象を選んで調査していることを統計学的に証明する必要があるんじゃなかったんすか

 

そうですか・・・