本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の小西洋之さんが、謎の「安倍政治根絶法」を提唱

f:id:inatei:20171101192849j:plain

 

毎度の事ながら、何言ってんだこいつ

 

 

小西洋之さん、「安倍政治根絶法」を堂々提唱!!

 

 

野党、質問短縮に猛反発https://t.co/59MOW5yNwm

解散前の民進党マニフェストの議論で、私は「安倍政治根絶法」を提唱。虚偽答弁や中間報告採決、大臣出席拒否など安倍政権下の暴挙から議会政治を再生する法律。希望合流で打ち出せなかったが、今の国会はこうしたレベルだ。

小西ひろゆき (参議院議員) (@konishihiroyuki) 2017年10月30日

 

すまん何を言いたいのかさっぱりわからない。

 

ところでこの「虚偽答弁」なんですが・・・

 

 

web.archive.org

 

 政府は10日の閣議で、閣僚が国会で虚偽答弁を行った場合の政治的・道義的責任について「答弁の内容いかんによる」とし、必ずしも責任は問われないとする答弁書を決定した。自民党の森雅子参院議員の質問主意書に答えた。先の臨時国会では、仙谷由人官房長官をはじめとする閣僚の虚偽答弁が追及された。

 

2010/12/10の事ですから、民主党菅直人政権時代の答弁書です。

 

民主党(現・民進党など)は、虚偽答弁自体認めちゃってます。

勿論、小西洋之さんもその一員です!!

 

 

web.archive.org

 

 政府は4日の閣議で、国会で閣僚が虚偽答弁を行っても、内容次第で必ずしも政治的・道義的責任は生じないとした昨年12月の政府答弁書について「(政府や国会議員に対する)国民からの信頼を損ねるとの指摘は当たらず、撤回する必要はない」とする答弁書を決定した。

 自民党の山谷えり子参院議員の質問主意書に答えた。

 政府は昨年12月10日の閣議で、閣僚の虚偽答弁で政治的・道義的責任が生じるかと問うた自民党の森まさこ参院議員の質問主意書に対し、「答弁の内容いかんによる」とする答弁書を決定していた。

 

翌2011/02/04ですから、震災の一か月前ですね。

 

民主党政権は、ご丁寧にもあらためて「虚偽答弁OK!」と言質を与えてくれちゃっています。

 

小西洋之さんは、この矛盾に一体どのような理由を語ってくれるのでしょうか?