本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

どうなる民進党?!一ヶ月前は1つだった党が、今や四分五裂で訳がわからない

f:id:inatei:20171026183902j:plain

 

細野豪志さんや長島昭久さんたちの離党から始まった、民進党の混迷。前原誠司さん一世一代の大博打は見事に下手を打ち、トドメを刺しちゃいました。

 

 

 

 「希望の党」はやくも分裂の兆し

 

www.nikkei.com

 

 希望の党は25日午後、両院議員懇談会を開き、衆院選敗北を招いた小池百合子代表(東京都知事)の辞任を求める意見が複数の出席者から出された。途中退席した柚木道義氏が明らかにした。

 

まず「希望の党」ですが、まず衆院議員移籍先の本丸だったここからして危ない。民進党という以前に、ここだけで四分五裂しかねない状態です。

 

  1. 民進党系(小池百合子さんなど、民進党由来ではない人)
  2. 抜け民系(細野豪志さんや長島昭久さんなど、民進党から抜けた人)
  3. 民進保守系民進党の中でも、希望の党の「踏絵」を踏めた人)
  4. 民進党革新系(希望の党に合流する際、信念を捻じ曲げた人)

 

特に民進党革新系などは、自らの政治主張を捻じ曲げて小池人気に抱き着いた方々です。そんな方々が、小池百合子さんに今更「代表辞めろ」と要求するのはなかなか滑稽。

 

というか、柚木道義さんって選挙区で負けて、希望の党のおかげで比例復活できた人ですよね?えらい態度でかいっすね。

 

 

さてこの「希望の党」の構造ですが、、大きくは「非民進党系」+「抜け民系」vs「民進保守系」+「民進保守系」の対立になると思います。

 

但し、抜け民系の長島さんがタマキンを代表候補に推すなど勢力争いははやくも熾烈を極めています。細野・小池と相次いでディスられた結果、これといった代表候補が存在しない・・・とはいえ、さすがに層が薄すぎます。

 

www.jiji.com

 

希望の党は26日、暫定執行部を率いる共同代表について、玉木雄一郎衆院議員(48)=香川2区=を軸に調整に入った。

 

おいおい本気か?^^;

 

取り立てて有力な議員がいないということは、パワーバランスでより多数に分裂する可能性があるということです。

 

 

 

無党派出馬者は岡田克也さん中心に衆院会派

 

www.nikkei.com

 

 衆院選に無所属で立候補し、当選した岡田克也元副総理ら民進党系の約10人は25日、国会内で会合を開き、衆院で新会派「無所属の会」を新たに結成することを確認した。岡田氏が代表を務める。終了後、岡田氏は記者団に「野党はなるべく協力することが大事だ。立憲民主党希望の党と連携する結節点になる」と強調した。

 

無所属で当選した人たちは、そのまま10名の会派を結成するようです。

 

民進党に戻ったり、結党しない理由は不明です。民進党系の各政党と野合するのに都合が良いのかも知れませんが、会派では政党助成金が手に入りません。

 

無所属の会」は選挙に強い人の集まりですので、ここも主導権争いで分裂する可能性はあります。

 

ただ、岡田克也さんが頭一つ抜き出しているので分裂の動きは弱いか?

 

 

 

立憲民主党は「排除の論理

 

www.sankei.com

 

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長は25日、立憲民主党が同日に開催を呼びかけた野党国対委員長会談に招かれなかったとして「『排除の論理』だ。野党筆頭としてどうなのか」と述べ、立憲民主党の対応に強い不快感を示した。国会内で記者団に語った。

 

 関係者によると、国対委員長会談には、維新のほか、希望の党にも呼びかけがなかった。

 

立憲民主党は「菅直人政権オールスターズ」なだけあり、有権者にとってあまりよくない形でまとまっています。

 

当面は現状のままだと思いますが、同じ民進党系の「希望の党」を排除してしまったため、波乱含みの展開となりそうです。

 

 

 

前原誠司さんはどの政党に所属するのも困難か?他の民進党議員は?

 

www.nikkei.com

 

 民進党の前原誠司代表は25日、都内で講演し、民進党の存続を容認する意向を示した。

 

前原誠司さんは、間違いなく放逐されるでしょう・・・。党を分裂させた戦犯扱いですし。

 

所属議員が全員立憲民主党希望の党に移籍するなら別ですが、民進党が存続するとなるととりあえずは残留でしょう。政党助成金がありますので。

 

しかし、いずれにせよ希望の党への合流を目論む人、立憲民主党への合流を目論む人、残留を望む人、そして立憲民主党枝野幸男さんによる「排除の理論」により合流を拒否された人が、政党助成金の配分をめぐって対立する事は間違いありません。

 

 

 

まとめ

 

こうしてみると、民進党系の勢力は表面上4、実際には10集団程度に分裂しているようです。

 

  1. 民進党系(小池百合子さんなど、民進党由来ではない人)
  2. 抜け民系(細野豪志さんや長島昭久さんなど、民進党から抜けた人)
  3. 民進保守系民進党の中でも、希望の党の「踏絵」を踏めた人)
  4. 民進党革新系(希望の党に合流する際、信念を捻じ曲げた人)
  5. 無所属の会
  6. 立憲民主党
  7. 参院民進党:残留組
  8. 参院民進党:立憲民主党合流組
  9. 参院民進党:立憲民主党排除組
  10. 参院民進党:希望の党合流組
  11. 本当に無所属(前原誠司さん)

  

実際にはそれぞれの中で主導権争いがありますので、さらに分裂しそうです。

 

面白くなりそうですよ!!