本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

希望の党から出馬するも、惜しくもあと一歩及ばなかった「井坂信彦」さんとは何者?!

f:id:inatei:20171023212357j:plain

 

昨日の衆院選、何だかんだ言っても選挙序盤以降の評判通り、与党が2/3を維持する結果となりました。

 

これをうけて、政治系のブログであるここも訪問者が増え・・・

 

おかげさまで増えてはいるんですが、検索キーワードを調べると「井坂信彦」さんの名前がトップだったりします。

 

誰?!

 

そこで、ちょっと調べてみました。

 

 

 

井坂信彦さんの政治経歴

 

とはいえ、Wikipedia から。

 

井坂信彦 - Wikipedia

 

この井坂信彦さんですが、元々は神戸市議だったそうです。

 

その後、2010年参院選に「みんなの党」から兵庫県選挙区に出馬し、落選。

2012年の衆院選にふたたび「みんなの党」から兵庫1区に出馬、敗れたもの比例復活で初当選しています。

 

2013年、みんなの党分裂にともない「結いの党」の結党に参加、結いの党が「日本維新の会」に合流したため「維新の党」の結党に参加することになります。

 

同年の衆院選は維新の公認で出馬し、選挙区で初当選しています。

 

2015年、維新分裂の結果民進党に合流。今回の衆院選では「希望の党」公認で出馬したものの、比例復活もできずに落選しました。

 

公式ホームページはここですが、見ることはおすすめしません。

※勝手にスクロールしまくるので、結構頭に来ます。

 

www.isaka-nobuhiko.jp

 

 

 

SMAP趣意書、堂々提出!!

 

なんだこのアホな見出しはーーーーっ!!(泣)

 

といっても、本当に出しちゃってるんだから仕方ないじゃあありませんか。

 

SMAP趣意書」。

 

SMAP騒動と放送法に関する質問主意書

 

平成二十八年二月三日提出
質問第一一二号


SMAP騒動と放送法に関する質問主意書

提出者  井坂信彦
 

 

SMAP騒動と放送法に関する質問主意書

 

 二〇一六年一月、国民的人気グループのSMAPの解散騒動がマスコミ各社で報道され、NHKのニュースでも取り上げられた。新聞各紙でも大きく報道され、東京新聞の「SMAP騒動 労働問題として考える」(東京新聞一月二十一日)では、「まるでパワハラ」との見出しで、米国で同じような事態になればパワハラとみなされ労働関連法的にアウトと報道されるなど、日本の芸能人と芸能事務所との日本特有の関係が議論されてきた。
 一月十八日には、SMAPのメンバー五人が番組内容を変更して、解散報道を謝罪し、所属事務所も存続を認めることで収束が図られた。今回の騒動によって、芸能人と芸能事務所との詳細な関係がクローズアップされ、多くの国民的議論がなされたことは周知のとおりである。
 一方、韓国の国民的人気グループであった「東方神起」は、二〇一〇年に分裂し、五人のうちの三人が独立し、JYJというグループを結成したが、地上波の音楽番組に一切出演できなくなってしまう事態に陥った。二〇一五年十一月、韓国は放送法を改正して「理由なく出演を阻止する不公正行為」を追加し、いわゆるJYJ法が国会で可決された。
 SMAPをはじめとする国民的な人気グループの解散騒動は、アジアを中心とする海外でも大きく報じられ、彼らが日本のソフトパワーの一翼を担っていることを大きく印象づけた。今後も、日本のクリエイティビティーの一角である、才能ある芸能人が、より活躍の機会を広げる環境を整備していくためにも、政府として真剣に議論すべきと考え、以下の質問をする。

 

一 現在の日本の放送法では、第三条で放送番組編成の自由に関し、「放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。」と規定している。
 (一) 日本では、韓国JYJ法で禁止されている「放送事業者の役職員以外の者の要請により、放送プログラムに出演をしようとする者を出演できないようにする行為」は放送法違反となる行為かどうか、政府の見解は如何。
 (二) 事実関係の有無は問わないが、週刊新潮の二〇一六年一月二十一日号では、NHK関係者の話として、「昨年の紅白歌合戦に際し、女性マネージャーからNHKにSMAPを総合司会にするよう申し入れがあり、局側が事務所に相談したところ、『そんなにSMAPを重用したいなら、どうぞお好きに。その代わり、今年は他のグループはすべて引き揚げますから』という趣旨の通告がなされた」と報じられている。一般論として、「芸能事務所が所属タレントの番組出演に大きな影響を及ぼすような行為」によって「放送プログラムに出演をしようとする者を出演できないようにすること」は、上記、放送法違反となるかどうか、政府の見解は如何。


二 前述のとおり、韓国では、放送法を改正して、いわゆるJYJ法を国会で可決させた。英国でも、英国通信法において、一般的な意味で反競争的な行為を禁止する規定や不公正な取扱いを禁止する規定が存在する。日本では現行、放送事業者は放送法第五条により、「番組基準」を定め公表し、第六条により「放送番組審議機関」による審議によって自主的に放送番組の適正を図るとしており、番組制作上の前述のような禁止規定は存在しない。このような、「放送事業者が第三者(芸能事務所等)の要請により、正当な理由なく、特定の芸能人への出演を阻止する行為を禁止する」制度について、日本で導入する検討や議論はこれまでなされてきたか。また、今後、導入の可能性等はないか。

 右質問する。

 

 

 

衆議院議員井坂信彦君提出SMAP騒動と放送法に関する質問に対する答弁書

 

 

内閣衆質一九〇第一一二号
  平成二十八年二月十二日
内閣総理大臣 安倍晋三

       衆議院議長 大島理森 殿
衆議院議員井坂信彦君提出SMAP騒動と放送法に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。

 

衆議院議員井坂信彦君提出SMAP騒動と放送法に関する質問に対する答弁書

 

一について
 お尋ねの内容が放送法(昭和二十五年法律第百三十二号)違反に該当するか否かについては、個別具体的な状況に即して判断する必要があり、一概にお答えすることは困難である。


二について
 お尋ねの「放送事業者が第三者(芸能事務所等)の要請により、正当な理由なく、特定の芸能人への出演を阻止する行為を禁止する」制度の具体的に意味するところが必ずしも明らかではなく、お答えすることは困難である。

 

これ、真顔で趣意書書いたんかな

 

 

 

このブログでも、何度か取り上げてますね。

 

何度か書いている割に、印象に残ってませんでした^^;

 

www.inatei.com

 

これは、井坂信彦さんが「公的年金が米国のインフラ事業に投資されている!(安倍首相がトランプ大統領への手土産としてお金を持って行った、というニュアンス)」として問題視したものです。

 

しかしGPIFの運用に首相が口を挟むことは「法的に」できませんし、そもそもGPIFが米国インフラに投資したとしても、何ら問題はありません。

 

井坂信彦さんはこのような質疑を国会で行ったが故に、「デマ」と指摘されてしまいました。

 

 

その他にも、こんな事とかありました。

 

www.inatei.com

 

うーん何というか、何ですなあ・・・

 

 

 

検索キーワードは「井坂信彦」「秘書」なんだけど・・・

 

このキーワードで検索がかけられているんですが、実際に検索をかけてみると「秘書ブログ」というのが引っかかります。しかし・・・

 

isaka-secretaries.hatenablog.com

 

記事1つしかないブログなので、ここを頻繁に見る人もいないでしょうし・・・うーん謎だ。

 

 

 

(10・28追記)まさかこれか・・・?

 

m.sponichi.co.jp

 

 兵庫県警甲子園署は17日、住居侵入の疑いで、兵庫県西宮市、神戸製鋼社員中道紀和容疑者(43)を逮捕した。

 

なんか、井坂さんがまだ維新に所属していた頃、秘書宅に不審者が侵入したそうです。その犯人というのが、ラグビーの元日本代表・中道紀和容疑者

 

中道容疑者は同志社大神戸製鋼ラグビー部で選手として活躍。日本代表に選ばれたこともある。

 

 逮捕容疑は17日午前3時45分ごろ、正当な理由がないのに西宮市内の国会議員秘書(47)宅に侵入した疑い。議員は維新の党の井坂信彦衆院議員(兵庫1区)。

 

いやしかし、ラガーマンを掃除機で追っ払ったというのもなかなか・・・

 

 

news.livedoor.com

 

 逮捕されたのは、ラグビー界で知らない者はいないとされる元日本代表の中道紀和容疑者(43)。同志社大神戸製鋼ラグビー部在籍時には関西紙の1面を飾ったこともある人物で、最近はフォワードコーチとしても活動中だった。

 

神戸製鋼と(井坂信彦)議員のつながりといえば、誰もが知る関係ですからね。それに、ちょうど昨年末は妙な怪文書が出回っていた」

 

 昨年末、一部マスコミに送付されたファックスには、先の衆院選の際、神戸製鋼が候補者に違法献金をしていたという内容が記されていた。同文書を手にした記者は「差出人は不明、証拠が提示されているようなものでもなく具体性に欠けていて怪文書と呼べる類いのものですが、過去のスキャンダルを思い出させた」と話す。

 

おおっと、何かきな臭い事になってきましたが、特に物証に基づいて書かれた記事ではなさそうなのでここまでにしとうございマッスル!!

 

ラガーマンだけに!!