本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党の小川敏夫さん「私の発言で枝野さんにご迷惑をかけた。なお国民には謝らない」

f:id:inatei:20171014113533j:plain

 

民進党の小川敏夫さんが、10/12の発言について「ごめんなさいツイ」を出しました。

 

なお謝罪は国民に対してではなく、枝野幸男さんに対してだけのようです。

 

 

 

「選挙後みんな合流」

 

www.inatei.com

 

小川敏夫さんは、10/12の「立憲民主党候補者(井戸まさえ)応援演説」で、次のような主張を展開しました。

 

「選挙後は、これまで一緒にやってきた民進党を大きな軸として結集し、自民党安倍晋三政権を打倒する」

 

まあ、常識的に考えればこれは「選挙が終わったら全員民進党に戻ってまた政治を妨害する」というように受け取れます。

 

 

 

ツイッターでも、「衆院選後の合流」をほのめかす発言

 

この小川敏夫さんですが、ツイッターでも「衆院選後の合流」をほのめかす発言を繰り返していました。

 

 

参議院の仲間たちともよく話し合って進めて行きます

民進参院で存続へ 小川会長「リベラル勢力を再結集」 - 毎日新聞 https://t.co/ZYSbKDr6JV

小川敏夫 (@OgawaToshioMP) 2017年10月12日

 

 

昨日は#東京4区で立候補している#井戸まさえさん@idomasae の応援に。合間に記者の皆さんから選挙後の行動について取材を受けました。自公で3分の2を超える参議院の構成は今後2年近く続くので、そこで野党が力を最大化するためにいかに連携するか、その形を仲間達と相談しています。 pic.twitter.com/VJ9IYMKiqH

小川敏夫 (@OgawaToshioMP) 2017年10月13日

 

 

立憲民主党」はともかく、「希望の党」は表向き「保守」を自称しています。

 

にもかかわらず、「希望の党から立候補した民進党元職」まで含む「連携」に言及しています。衆院選後の合流を視野に入れた発言であることは明らかです。

 

 

 

一晩で一転「枝野幸男さんごめんなさい」そして炎上へ

 

 

存続する民進党を大きな軸にリベラル再結集を、との私の発言が、一部報道で「民進党再結集」と意図せぬ解釈になり、あらぬ憶測から、党を離れて新たに鮮明な旗を掲げた枝野さん達に迷惑をかけたようです。多くの仲間が立憲民主党の結党に共感し、応援していますが、即合併や合流という話はしてません。 https://t.co/UJwbreRGKa

小川敏夫 (@OgawaToshioMP) 2017年10月13日

 

 

 

ところが、昨日の「合流」報道が出るやいなや、態度を急変。「一部報道」により、「意図せぬ解釈」や「あらぬ憶測」がなされたと主張しはじめました。

 

先の小川敏夫さんの応援演説を「衆院選後に民進党議員が合流する」という意図に読み取るのは、ごく自然な事のように思います。あの報道が「意図せぬ解釈」や「あらぬ憶測」によるものであったのであれば、小川さんの発言の問題だと思いますが・・・

 

それはともかく、このツイートは民進党支持者を含めた「有権者」に対してではなく、「枝野幸男さんたち(つまり枝野幸男立憲民主党関係者)」のみに対して謝罪する内容のものでした。

 

当然ながら、火に油を注ぐ感じで炎上しています。

 

www.buzznews.jp

 

  • 迷惑をかけたのは枝野達だけじゃないだろう
  • 「ちゃんと打ち合わせもしないで調子に乗ってるからだよ」
  • 民進党を軸にとか言ってる時点で状況わかってないよお前」
  • 「枝野じゃなくて戸惑った有権者に謝罪できねーのかよ
  • 「言い訳みっともないねぇ政治家のくせに真意伝えることも出来ないのか