本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

小池百合子さん率いる「希望の党」の経済政策が謎すぎる

f:id:inatei:20171007065803j:plain

 

小池百合子さん率いる「希望の党」ですが、昨日経済政策らしきものを発表・・・したんだかしないんだかよく分からない状況のようです。

 

 

 

結局、何をするのかまったく分からない

 

www.sankei.com

 

 希望の党小池百合子代表(東京都知事)は6日午前、都内のホテルで記者会見し、衆院選公約を発表した。

 

 

いやしかし、ひっでえ会見(笑)

 

  • 憲法改正は「9条を含め改正論議を進める
  • 安全保障関連法は「適切に運用する」
  • 消費税増税凍結
  • 2030年までの「原発ゼロ」実現を目指す
  • 金融緩和と財政出動過度に依存せず
  • 原発について「日本の将来を担うエネルギーだと考えない

 

これだけ書いておいて何ですが、全部曖昧じゃあないですか。憲法改正は議論を進めるだけでどう変えるのか不明、安保は適切に運用するだけで、何をもって適切とするのか不明。

 

消費増税は一時的に凍結するだけで、結局増税する気なんじゃないの?という疑念満載。更に小池百合子さんの残念なところは、これが経済政策だと思ってしまっているところ。増税前後の税収試算出してください。というか、凍結したところで現状と変わりませんよね?変えないのですから。

 

原発ゼロは「目指す」だけで実現するのかどうか謎。そして「次世代のエネルギーだと考えない」だけで、考えるか考えないかなどはっきり言ってどうでもいい。まず代替となるベースロード電源提示してくださいやがれまし。

 

金融緩和には「過度に依存せず」なだけで、あなた結局金融緩和するんですかそうですか。だったら非難するな。というか、金融緩和否定してまた大不況でも巻き起こすつもりでいやがりますか。

 

というか、経済語るのに金勘定が全く無いってのも凄い。

 

 

 

都民ファーストの会の「政治とカネ」

 

blogos.com

 

音喜多都議の会見では、都民ファーストの会をめぐる"カネ"の問題も飛び出した。

 

 「都民ファーストの会の中では議員報酬の中から6万円、政務活動費から15万円を都民ファーストの会に収めるというルールになっていた。いずれも原資は税金だ。普通の政党では、選挙の時の公認料や軍資金として戻ってくるのが一般的。しがらみのない政治ということで、企業・団体からお金を集めないと言っている。選挙の時の写真撮影も、割り勘で支払ったということがあった。ただ、このお金がどこに使われたのか謎に包まれている。都民ファーストの会希望の党は同じような人が作業チームでやっている部分もあると思う。その人件費を都民ファーストの会から出しましたとなれば、グレーゾーンだ」。

 

 

 

さて小池百合子さんの経済政策には数字らしきものが見当たりませんでしたが、先日の音喜多駿さんの離党会見では「都民ファーストの会」の「黒いカネ」の数字が具体的に上がってきております。

 

いやしかし、これ見るとまんま共産党っぽい。企業献金を受け取らないという名目で、支持者からお金取るのが共産党。議員からお金取るのが都民ファーストの会希望の党

 

共産党の場合、新聞赤旗の代金として徴収する分マシですね。

 

 

 

おわりに

 

経済政策が壊滅的、公約は結局何をやるのか皆目不明で投票先の選択しとはなり得ない「希望の党」ですが、既に「旧・民進党系で改選前議席数を割る」とか「都民ファーストの会は3桁割る」という話が流れている状況ですので、あまり気にする必要はないのかも知れません。

 

といか、首班指名どうするんだ