本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

希望の党参加に反対していた有田芳生さんや小西洋之さんたち、手のひらを返す

f:id:inatei:20170929061626j:plain

 

9/28の昼過ぎまで「希望の党」に激しい拒絶反応を見せていた民進党有田芳生さんや小西洋之さんが、両院総会後に手のひらを返したことが話題になっています。

 

※昨日の予想を、若干ながら微修正させていただきます。

 

 

 

やはりキャスティングボートを取れると踏んだか?

 

まずは小西洋之さんから。

 

 

夜9時の参院総会は「明日の両院総会で前原代表より選挙や党のあり方等に関する重大な提案がある。出席し議論し結論には一致結束を」と小川会長より話があったのみ。各議員から、明日の決定プロセスに出席する小川会長への意見(伝言)があった。私からは、民進党の解党(消滅)は断固反対と意見した。 https://t.co/7yABhvYTx8

小西ひろゆき参議院議員) (@konishihiroyuki) 2017年9月27日

 

9/27 23:00の時点で、「民進党の解党には断固反対」とめいきしています。

 

 

 

民進の「希望」合流提案へ 前原氏https://t.co/Qn3remsKwv

安倍総理というお化け大蛇を退治するため、パンダの着ぐるみを被ったヒグマと組むということか。問題は、ヒグマ総理(党首)が大蛇がまき散らした毒液(=絶対違憲の解釈変更等)を破棄する意思があるかどうかだ。

小西ひろゆき参議院議員) (@konishihiroyuki) 2017年9月27日

 

 うん。

 

相変わらず何言いたいのか分かんねー

 

 

 

 

党員・サポーター、そして国民の皆様へ - 民進党https://t.co/R7fKZZ6Tow

大激動の中、何ら揺らぐことのない自分の信念を確認。今は、民進党の一員として多くの同志が参画する希望の党による安倍政権打倒に全力を尽くす。前原代表の政権打倒、政権交代の執念を実現する。

小西ひろゆき参議院議員) (@konishihiroyuki) 2017年9月28日

 

揺らいでるよ!!

半日で信念めっちゃ揺らいでるよ!!

 

それはともかく、「前原代表の政権打倒」の箇所に注目です。

 

この一言だけでも「前原政権を打倒するのか?そもそも前原誠司さんは政権取ってないのに?」と思ってしまいますが、たぶん「前原代表による安倍政権打倒」という意味なんじゃないかと思います。

 

各社報道の通りであれば、「消滅する政党の代表が政権を打倒できる筈がありません」。この一言は、先に述べたような「民進党議員の希望の党入りは、議席を取るための方便」であることの傍証になると思います。

 

 

 

激しい拒絶反応を見せていた有田芳生さん、あっさり陥落

 

 

民進党希望の党が合流する構想が強まっているという。「いう」と書くのは、いわゆる「ボス交」(ボスの交渉)でことが進んでいるから、全く知ることができないからだ。リベラル派を選別、置き去りにしての合流だとの解説もある。安保法、共謀罪などに賛成した議員との合体は「悪魔」との握手だ。

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月27日

 

 

首相が「国難」をいうなら、対抗は「救国」だろう。こんどの総選挙で一気に政権交代を実現するには「大きな対抗軸」が必要だ。しかしその動機のひとつが「親しいから」といった人脈主義(「敗北の本質」)を前提にして、基本政策を蔑ろにするのなら、それは単なる野合ではないのか。疑心が深まる。

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月27日

 

希望の党への合流を、「悪魔との握手」「敗北の本質」「野合」と激しく非難していた有田芳生さん。

 

 

前原提案は両院議員総会で承認されました。まずは10月22日の総選挙で安倍政権を打倒することです。 pic.twitter.com/uVcR8yQ2M4

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月28日

 

 うわあ・・・悪魔と握手しちゃったよ!!

有田さん、めっちゃ悪魔と握手しまくってるよ!!

敗北の本質だし野合だしどーすんのよこれ?!

 

 

 

合流ではない」とする位置づけも重要だと理解しました。 https://t.co/UeWdvFGOrq

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月28日

 

 

民進党衆議院)と希望の党との統一問題。安倍政権打倒が当面の共通した課題であることは全党で一致した。しかも参議院民進党はそのまま残っている憲法改悪・安保法制・共謀罪反対、格差是正などの立場は、これから何も変わらない。いま必要なのは現代版「国共合作」だ。

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月28日

 

 

トロイの木馬」。 https://t.co/datvyEft4U

有田芳生 (@aritayoshifu) 2017年9月28日

 

 

「合流ではない」「参議院民進党はそのまま残る」そしてもし政権を盗み取ることができた場合、前原誠司さんたちは「トロイの木馬」になる・・・

 

この辺のツイートからも、対希望の党キャスティングボートを握る算段が出来たことが読み取れます。

 

中でも「トロイの木馬」発言は重要で、これにより少しだけ昨日の予想を変更したいと思います。

 

 

 

前原誠司さんの狙いは、民進党議員の寝返り復帰ではなく・・・

 

www.inatei.com

 

昨日までの予想では、こんな感じでした。

 

「表面上は民進党希望の党に吸収される形で衆院選を戦うが、カネと地方組織を掌握する民進党執行部が事実上この選挙を支配。希望の党の名前を借りて当選した後、全員民進党に復帰」

 

しかしこの有田芳生さんのツイートから読み取れるのは、「民進党への復帰」ではなく「希望の党の乗っ取り」でしょう。数で言えば、民進党出身議員が小池派を上回る筈ですから。小池百合子さん、人望地に堕ちてますし。

 

しかし、なんか「少数民族の国に漢民族が大量に押し寄せて、数の力で国を乗っ取る」ような感じですなこれ。