本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党「憲法違反の解散を阻止するために憲法改正する!!」←???

f:id:inatei:20170922190323j:plain

 

民進党が、「首相の解散権の制限」という目先の都合しか見ていない公約を掲げ、わたしがあきれまくっている事は先日お伝えした通りです。

 

これですが、よくよく調べてみたら更にあきれた有様だった事が判明しちゃいましたよええ。

 

ほんとどーすんだこれ。

 

 

 

民進党「解散するな!!何故なら森友加計が重要だから」

 

www.nikkei.com

 

民進党の大島敦幹事長は21日午前、国会内で自民党二階俊博幹事長と会談した。28日に召集予定の臨時国会の冒頭で衆院を解散する意向の安倍晋三首相の対応に抗議した。学校法人「加計学園」などを巡る問題への説明が必要だとして、所信表明演説への代表質問や予算委員会党首討論の実施も求めた。


民進党衆院解散を非難する理由というのが、「森友学園籠池事件」や「加計学園前川喜平事件」でバラエティ番組をやりたいからだそうですよ奥さん!!

 

これは実に間抜けな話で、もし政府与党の人物に違法行為があったというのであれば、国会会期前に物証揃えて訴訟を起こせば良いだけの話です。

 

これについて民進党その他野党、マスコミが「嘘をついている」事の証左は、「この問題を理由に国会審議を求めている」点そのものにあります。何故なら、「国会会期中は、国会議員不逮捕特権が発生する」からです。

 

国会が開かれてなければ不逮捕特権は発生しないのですから、訴訟おこせばいいではありませんか。何故訴訟を起こさないの?。


民進党支持者やマスコミはこの「大島敦幹事長」をえらく持ち上げていますが、こんな事を言うようでは大したことないですね。政治実績も皆無だし。

 

 


解散は憲法違反???

 

jp.reuters.com

 

政府、与党が臨時国会安倍晋三首相による所信表明演説を行わず、冒頭で首相が衆院を解散するスケジュールを固めたことに野党は21日「憲法違反の疑いが極めて高い。解散権の乱用だ」(民進党前原誠司代表)と批判を強めた。


前原誠司さんがおっしゃるには、今回の衆院解散は「憲法違反の疑いが極めて高い」んだそうです。

 

これでかいフラグですので、赤丸要チェックです。

 

 

 

前原誠司さん「憲法違反に対抗するため憲法変えます!!キリッ」

 

昨日書いたエントリーにある通り、前原誠司さんときたら、首相の解散権を制限するために「憲法7条を改正する」と仰ってるんですよね。

 

www.inatei.com

 

首相の解散権の制限は、根拠となる憲法7条を改正し、69条に基づく内閣不信任決議案可決の場合に限定する考え方。

 


ほんと訳がわからない。

 

憲法違反」なのであれば、わざわざ改憲して首相の解散権を縛る必要ないじゃないですか。

 

これは民進党が自らの「嘘」を暴露しているだけですよね。「安倍晋三首相が憲法に従い衆院を解散しようとしているから、これが違憲となるように憲法を変えてやる!」と言っているわけです。

 

いやこれ事後法の問題まである。なんなんだこれは。