本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

衆院解散が決定的となり、民進党の混乱もいよいよ絶好調!!

f:id:inatei:20170920201735p:plain

 

 衆院解散がいよいよ現実味を帯びる中、民進党の混乱っぷりが期待以上に絶好調になっていたりします。

 

 

 

民進党蓮舫さん「解散しろ!」共産党の小池さん「解散しろ!」そして今

 

民進党にしろ共産党にしろ、ほんの2,3カ月前には執拗に「衆院解散」を叫び続けていました。

 

その辺の指摘が、維新の党の和田正宗さんからなされました。

 

blogos.com

 

民進党共産党の幹部が、解散総選挙は「自己保身だ」「党利党略だ」と言っているが、解散しろと言っていたのはあなた達ではないか。まさにブーメランだ。(まだ解散総選挙かはわからないが)

 

www.jiji.com

 

民進党蓮舫代表は6日の記者会見で、自民党東京都議選で惨敗したことを受け、「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。(衆院解散に)追い込みたい」と述べた。

 

社民党又市征治幹事長も同日の会見で、「内閣改造でごまかそうとしているが、解散・総選挙を打たざるを得ないところに追い込むことが大事だ」と強調した。

 

 

先ほどの記者会見で改造内閣について「稲田隠し、森友隠しに加計隠し。疑惑隠し内閣だ」「森友、加計疑惑は首相の関与が焦点。安保法制や共謀罪など強権政治を進めたのも首相。支持率低下の最大の理由は『安倍首相が信頼できない』。内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が必要」と述べました。

小池晃 (@koike_akira) 2017年8月3日

 

どうすんだこいつら。

 

 

 

「なぜ今解散なのか?」←今こそが唯一無二のタイミングです

 

民進党など共謀野党4党の口癖で、「なぜ今解散なのか」といった台詞があります。それじゃあいつなら良いんだよ?!と言いたい気持ちでいっぱいです。

 

少なくとも、今回のケースでは「今こそが唯一無二」の解散・総選挙タイミングです。

 

 

blogos.com

 

  10月18日、この日から一週間は、外交・安保の専門家からもともと大きな注目を集めていた極めて重要な一週間です。理由はいたってシンプルで、第19回中国共産党全国代表大会が開催されるからです。

 

 もちろん北朝鮮が中国の言いなりになるわけではなく、この時期にミサイルや核実験などの挑発行動を象徴的に行う可能性はありますが、10月24日までの期間、本格的な軍事行動や衝突の可能性は極めて低い。これが専門家のほぼ一致した見方であり、与野党問わず国政に携わる国会議員にとっては常識的な情勢認識でもあります。

 

 

 

民進党前原誠司さん「民進党の政策を盗んだ!トンビが油揚げさらった!」 

 

衆院の争点として安倍首相が掲げる「教育無償化」に対し、民進党前原誠司代表はトンビが油揚げをかっさらうかのような考え方を臆面もなく選挙の争点にしてくる。まさに争点消しをやろうとしている」と指摘してしまいました。

 

www.excite.co.jp

 

自身の「看板政策」を首相に奪われることに強い不快感を示した形だ。

 

 

これを見た瞬間、いかに敵とはいえ「アチャー・・・」という残念感がただよいました。

 

こんな事を言ってしまっては、民進党はもはや来たる衆院選で教育無償化を訴えることができません。「我々が政権を取った暁には、自民党と同じ政策をやる!」って事になりますし。

 

より一層まずいことに、衆院選後の国会で政府与党から「教育無償化法案」が提出された場合、これに反対できなくなりました。「自分たちの政策と同じ」なのに、反対できよう筈がありませんから・・・

 

・・・って、自分たちの出した法案に反対した事があるんでした民進党(当時は民主党)。

 

 

まあどうでもいいや。どうせ民進党大敗するんだし。