本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「都民ファーストの会」野田数(のだ・かずさ)代表電撃辞任!その理由は?

f:id:inatei:20170912070049j:plain

 

都民ファーストの会」代表にして「東京都の特別秘書」として知事の寵愛著しい野田数さんが、突如代表を辞任したそうです。

 

 

 

都民ファーストの会」代表、突如辞任

 

web.archive.org

 

 

東京都の小池知事が率いる、地域政党都民ファーストの会」は、野田数代表が退任し、新たな代表に、7月の東京都議会議員選挙で当選し総務会長を務めていた荒木千陽氏が就任しました。


都民ファーストの会」は、都知事選の結果をうけて「都民ファーストの会豊島区議団」というものが出来たのが事の発端。

 

2017/01/23に正式な地域政党となり、この時に野田数さんが代表に就任しています。

 

都議選目前の2017/06/01に、代表が突如小池百合子都知事に変更されます。小池都知事を晴れて「選挙の顔」にした甲斐もあって、都民ファーストの会は都議選で記録的な大勝を達成します。

 

そして、野田氏から、特別秘書として小池知事を支え、市場の移転問題をはじめとする都政の課題により力を入れるため党の役職を離れたいとして10日、代表を退任する意向が示され、党内で協議した結果、新たな代表に小池知事の衆議院議員時代の秘書で、7月の都議会議員選挙で当選した荒木千陽氏が就任しました。

 

しかし都議選翌日の2017/07/03、小池百合子代表は突如代表を下り、野田数さんにその職を譲ります。この一連の行動が「露骨な選挙対策」として激しく非難される事になりました。

 

そして昨日2017/09/11、その野田数さんが再度代表を辞任。荒木千陽という人に代表を譲りました。

 

結党から8か月の間に代表が3度変わることも異例ですが、一応複数回当選の議員が数名存在するにも関わらず、当選して2か月少々の議員が代表に就任するのも極めて異例といえます。

 

 

 

野田数さんが代表辞任した、本当の理由は?

 

 

政党代表と特別秘書の兼務公私混同問題を各会派が定例会に向け調査していた矢先の辞職。特別秘書給与額の公開と同じ。追及される前に消滅させる。五輪調査チームや市場PTも。しかし、石原氏百条を求めたように、いつか責任を問われる。

— やながせ裕文 東京都議会議員(大田区) (@yanagase_ootaku) 2017年9月11日

 

どうやら、(おそらく金銭的な)公私混同問題を追及されることを恐れての辞任ではないか、という事です。

 

公認が一年生議員である理由は不明です。というより、今回の騒動については(今回も、か)都民ファーストの会内にも情報が流れていない模様、

 

otokitashun.com

 

都民ファースト 新代表に荒木氏 野田代表は辞任(毎日新聞)

夜半に上記のニュースが流れ、多くの方からお問い合わせをいただいております。

現時点で、党本部から事実関係のメールが一本届いたのみで、詳しい状況はまったく把握しておりません。

 

市場移転問題と五輪関連問題で都政のみならず関連自治体までをも混乱の渦に巻き込んでしまっている小池都政。今回の騒動で、足元の都民ファーストの会も崩壊するのでしょうか?期待しましょう!