本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

前原民進党、人事再調整へー山尾志桜里幹事長の評判があまりにも悪すぎるためー

f:id:inatei:20170708152406j:plain

  

なにやってんだこいつら

 

 

 

民進党、人事再調整へ

 

民進党前原誠司代表ですが、先日決めたかと思った党人事を再調整するんだそうです。

 

山尾おしり幹事長の評判が、あまりにも悪すぎるもんで。

 

いや結構軽い気持ちで決めてるもんなんですね。

 

www3.nhk.or.jp

 

民進党の前原・新代表は5日の党の両院議員総会で役員人事の骨格を提示することにしていますが、幹事長に起用したいとしていた山尾・元政務調査会長について、党内に政治経験を不安視する声などがあり、人事案の差し替えも含め再調整することにしています。

 

しかし党内では山尾氏の政治経験を不安視する声などがあり、前原氏は4日、国会内で山尾氏や枝野・元官房長官とともに代表代行への起用を検討している大島敦・元総務副大臣らと会談しました。

 

このため前原氏は人事の骨格を提示する5日の両院議員総会の開会ギリギリまで、幹事長の人事案をみずからに近く、政治経験がある大島氏に差し替えることも含め、再調整することにしています。

 

むしろ、政治経験が無い上にガソリンプリカやコーヒー代、レシートなど爆弾を大量に抱えているおしりさんを何故大抜擢したのか、そもそもそちらを教えて欲しいものだなあと。

 

こう簡単にひっくり返される、それも外部ではなく、党内から不安視されて、それを説得できないとなるとですね。山尾大抜擢っていったい何だったんだろうと。

 

 

 

おしりさんに代わって幹事長候補にあげられている大島敦さんはこんな人

 

この大島敦さんって方なんですが・・・

・・・

・・・?!

 

ある意味民進党マニアな私も、ほとんど名前聞いたこと無いんですよ、実は。

 

「電子レンジの電磁波による体への健康被害を恐れて、事務所に電子レンジを置いてない」という武勇伝が、唯一の逸話ですかね・・・。政治的に何か実績のある方でもありませんし、それぐらいです。

 

あとは、民主党鳩山政権時に国会で遅刻と中座を繰り返して問題になったぐらいか・・・

 

やはり問題が多々ある人のようですが、個人的にはやはりおしりさんを超越するインパクトを持ってほしいと思います。

 

 

 

「おしりさん辞めないで!!」幹事長人事撤回を惜しむ声多数

 

この「民進党幹事長人事撤回?」報道をうけ、主に自民党支持層方面から残念がる声が多数上がっている模様。

 

???「幹事長落ちた民進党shine☆!!」

 

www.buzznews.jp

 

「えーつまんない!」
「何をやってるんだ前原は」
「こういうドタバタは信頼失うね」
「前ナントカさん人事下手くそだったんだ」
「完全に崩壊過程に入ったように見える」
日本死ねを政党の顔にしてはいけない」
「ガソリンプリカ追及がそんなに怖いのか」
「炎上楽しみだったのに」
「自民が悔しがってそうだな」
「つまんねえな山尾でいいよ面白いから」
「せっかく笑わせてもらえると思ってたのに」
「発足する前から混乱とかアホかよ」

 

 

 

山尾志桜里さんが幹事長落ちた真相は?

 

 

ダブル不倫とか刑事告訴とかいう話があったみたいです。

はやくも「ガソ倫山尾」というパワーワードが出回っていました。

誰が考えたんだか、頭いいな(誉めてない)

 

 

近いうちに文春が報じるようですが、既にテレビ東京が報じてました。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

民進党の新しい幹事長をめぐり前原新代表が山尾志桜里氏の起用を断念した背景に、山尾氏の私生活をめぐる問題が影響していたことがテレビ東京の取材で分かりました。関係者によりますと、山尾氏はすでに一部週刊誌に私生活をめぐるスキャンダルについて取材を受けているということです。前原代表は、山尾氏について幹事長に代えて、代表代行で処遇する方向で調整していますが、党内から更なる異論が出かねない情勢です。

 

そういえば、「フリーランスのあづみ」こと安積明子さんが予言されてましたよね。

 

www.inatei.com

 

 

 

菅直人さんと有田芳生さんがおこ

 

www.buzznews.jp

 

新執行部人事では「山尾幹事長」のインパクトが大きかっただけに、これが見送られる可能性が生じていることへの反響も大きくなっていますが(関連記事参照)、民進党内からは早くも、前原新代表のへの苦言が飛び出しています。

 

菅直人元首相が「大きなつまづきになる。いったん決めたなら初心を貫くべし」、また有田芳生参議院議員が「内部の論理に引きずられるなら再生への道はさらに遠くなる」などとしてそれぞれ、前原代表の路線調整を批判しているもの。