本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

民進党代表の前原誠司さん、日本人全員に呪いをかけた「デマおしり」を幹事長に指名

f:id:inatei:20170903085015p:plain

 

 アチャー・・・

 

初っ端から、もっともやってはいけない失策をやっちゃいましたね前原誠司さん。

 

 

 

 

デマお尻

 

なんか、党幹事長に「デマお尻」の悪名名高い山尾志桜里さんを起用するんだそうです。おしり。

 

この東スポ報道は完全な「飛ばし」記事でしたが、本当にやらかしてくれやがりました。おしり。

 

民進・前原代表で“魔の幹事長”は? 大抜てきされるアノ女性議員

 

 民進党の新代表に就任した前原誠司氏(55)は来週前半に開く衆参両院議員総会で「“魔の幹事長”を誰に決めるか?」と注目を集めている。

 

 

 前原氏が党内融和を目指すなら、幹事長候補の“本命”は代表選で戦った枝野幸男氏(53)。ほかにも前原陣営の選対本部長を務めた中間派グループの「素交会」会長・大島敦元総務副大臣(60)や玄葉光一郎元外相(53)の名前が浮上している。

 

電波光一郎さんが幹事長になれなかったのは、やっぱこれのせいですかね・・・

 

www.inatei.com

 

電波さんが「幹事長落ちた民進党氏ね」と言ったら、同情してしまうかもしれない。おしり。

 

 さらには、政調会長を務め「保育園落ちた 日本死ね」問題を取り上げ、一躍話題を集めた山尾志桜里氏(43)が“大穴”候補として取りざたされている。

 

 

 

日本人全員に呪いをかけた悪魔

 

山尾おしりさんと言えば、待機児童問題をでっちあげ、日本人全員に呪いをかけたことで有名な人です。おしり。

 

具体的には、これを書いた張本人であるとの疑惑が非常に強い方です。おしり。

 

anond.hatelabo.jp

 

 

なぜ「問題発言を書いた張本人である」という疑いが強いのかと言うと、この問題発言をなぜかユーキャンが流行語大賞に選出した際、これまたなぜか山おしりさんが受賞したからなんですね。おしり。

 

受賞式に姿見せちゃったら、自作自演白状しちゃったようなもんでしょうよ。おしり。

 

netgeek.biz

 

保育園が足りず、待機児童問題が深刻化する中で直球な表現をした記事は大きな波紋を呼び、ついには山尾志桜里議員が国会で取り上げるまでになった。※山尾志桜里議員の自作自演説あり

 

受賞の様子。
なぜか嬉しそう

 

▼笑顔。辞退すべきだったのではないか。

 

 

更に問題なのは、なんと前原誠司さん自身がこんなツイートをたれ流している点。日本人全員を呪った功績で、幹事長に起用したんですかそうですか。おしり。

 

 

山尾志桜里さん、新語・流行語大賞トップ10入り、おめでとうございます。
日本死ね」という言葉の是非、また一つのネットを取り上げて普遍化するのは如何かという意見もありましたが、多くの国民の思いをリサーチした上での山尾さんの国会での追及と伝播。それが評価されたのだと思います。(誠) https://t.co/2t0hbkaxlp

前原誠司 (@Maehara2016) 2016年12月1日

 

「多くの国民の思い」???

ふざけるのもいい加減にしやがれという気持ちでいっぱいでございます。おしり。

 

 

 

ガソリンプリカ事件!あのカードの使い勝手が悪い理由は、山おしりのせい?

 

山尾しおりさんといえば、政治資金規正法違反(巨額なガソリン代、巨額なコーヒー代)で一躍「ガソリーヌ」の称号をほしいままにした大御所です。おしり。

 

www.inatei.com

 

 

 

予想を下回る下策を初っ端からうつ前原誠司さん

 

 しかし、枝野氏を支援したグループからは「前原氏には適切な人事を期待したい。幹事長が山尾氏になった場合、党内に混乱が生じる。同じ野党の日本維新の会ガソリンプリペイドカード問題を取り上げられて絶対に叩かれる」との声も上がっている。

 

これが枝野幸男さんを起用するぐらいなら、「くっそつまんねえ」ぐらいで終わりだったんですよ。タマキンや小西洋之あたりだったら、ネタ扱いで終わりだったかと。おしり。

 

しかし、さすがは「外国人献金問題で外相を辞任した前原誠司」さん。どうやら日本人全員を敵に廻す決意を表明したようです。おしり。

 

しっかし枝野幸男派も情けないですね。日本維新の会という「第三者」の名前を利用して前原誠司を叩こうとは。正々堂々と正論叩きつければいいのに。おしり。

 

正々堂々と叩けないなら黙ってろと。無関係の第三者の口を利用しようなど、失礼にも程があるというものです。おしり。