本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

北朝鮮が8/26 6:49頃からミサイル発射、3発とも日本のEEZには到達せず失敗

f:id:inatei:20170826082540j:plain

 

今日明け方、北朝鮮がミサイルを飛ばした模様。

 

 

 

予想はされていた

 

昨日8/25は北朝鮮の「先軍節」であったため、何らかのデモンストレーションを行うであろうことは予想はされていました。(けどまあエントリー書くのさぼりました)

 

mainichi.jp

 

北朝鮮は25日、故金正日キム・ジョンイル)総書記が軍重視の政治指導を開始した記念日「先軍節」を迎えた。米朝間での威嚇の応酬はいったん小康状態に入っているものの、北朝鮮側は米韓演習に対して「超強硬措置で対応する」と表明しており、関係各国は北朝鮮の挑発に備えて監視を強化している。

 

 この状況のなか、米韓両軍は21日、予定通り定例の合同指揮所演習を開始するとともに、米軍幹部が相次いで韓国を訪問。北朝鮮側はこの動きに反発しており、先軍節に合わせて何らかの挑発行為に打って出るとの観測が出ていた。

 

 

関係ないですが、WikiPedia の金正恩最高指導者の写真の下に「金正恩写真」と書いた人正直に手を挙げなさい先生怒らないから正直に手を挙げなさい。

 

 

 

8/26 6:49頃から7:20にかけ、断続的にミサイル発射

 

そして各国が警戒する中、今朝実際に発射されてしまったようです。

 

 

米韓は、日本時間26日午前6時49分から約30分の間に、北朝鮮が東岸から「複数の飛翔体」を発射したと発表しました。米太平洋軍は、ミサイル3発が発射されたもののいずれも失敗し、2発目は発射後ただちに爆発したようだと説明。米本土やグアムを脅かすものではなかったとのことです(英語記事) https://t.co/vKQfn087re

BBC News Japan (@bbcnewsjapan) 2017年8月25日

 

 

www3.nhk.or.jp

 

韓国軍は、北朝鮮が26日朝、東部から日本海に向けて何らかの飛しょう体を発射したと発表し、韓国メディアは発射されたのは数発で250キロ余り飛行したと伝えています。

 

 

www.sankei.com

 

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は26日朝、南東部の江原道旗対嶺(カンウォンドキッテリョン)付近から日本海に向けて短距離の飛翔体を数発発射した。詳細は確認中というが、弾道ミサイルの可能性がある。韓国の聯合ニュースは約250キロ飛行したと報じている。

 

 

news.tv-asahi.co.jp

 

 北朝鮮が、日本海に向け飛翔体(ひしょうたい)を発射しました。弾道ミサイルの可能性もあります。

 

 

www.nikkei.com

 

韓国合同参謀本部によると、北朝鮮は26日朝6時49分ごろ、江原道旗対嶺一帯から不詳の短距離飛翔体を数発、発射した。飛行距離は250キロメートルあまりで、米韓両軍が分析している。

 

 

 

「250キロ」ってどのぐらいの位置よ?どれぐらい危険なの?

 

北朝鮮のミサイル関係のニュースで、「〇〇キロの地点に落下」という報道とともに、地図が表示されます。あれ見ても、どのへんに着地・着水したのかわかりませんよね?

 

この手のニュースを見る度に、「マスコミ一体何のために地図表示してんだろ馬鹿じゃねえの」と思っていることはヒミツですおおっと手がすべったああ!!だってインジケーター書いて無いんだもん。

 

そこで、Google 先生にお願いしてみました。

 

f:id:inatei:20170826084302j:plain

 

図の右下に、横長でちょっとわかりづらいですが縮尺ありますよね。これが200Kmです。

 

これを北朝鮮付近に当てはめると、今回は250Kmですのでおそらくは北朝鮮近海に着水。日本のEEZには到達していないのではないかと推測できます。

 

EEZというのは、いわば危険度のバロメーターです。日本の排他的経済水域ですので、ここに着水するという事は、日本の漁船に実害が発生しうるという事を意味します。

 

 

 

続報:気が向いたら追記します

this.kiji.is

 

米太平洋軍は北朝鮮が短距離弾道ミサイル3発を発射したとの初期分析を発表、いずれも失敗との見方を示した。

 

 

 

www3.nhk.or.jp

 

ポイント

  • 韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が26日朝、日本海に向けて何らかの飛しょう体を発射したと発表した
  • 米太平洋軍によると、北朝鮮が発射したのは短距離弾道ミサイル3発。いずれも失敗か
  • 政府は、発射された飛しょう体は日本の安全保障に直接影響を与えるようなものではないと見ている

  

 

www.asahi.com

 

北朝鮮によるミサイル発射を受け、菅義偉官房長官は26日朝、首相官邸で記者団に2度目の取材に応じた。「関係省庁から包括的な報告を受け、我が国の領域や排他的経済水域内に落下するような弾道ミサイルは確認されていない。我が国の安全保障に直接影響を与えるものではなかったことが確認できた」と語った。