本家いなてい

本家いなてい

日本ブログ村の政治ブログ・民進党(旧民主党・旧維新の党)で常時1位の誉れ高いブログ(なおエントリー数は2ブログ)

「民進党代表選に井出庸生(いで・ようせい)さんが出馬意欲」・・・フリーランスのあづみ記者ツイート

f:id:inatei:20170818165740p:plain

 

 

「フリーランスのあづみ記者」こと安積明子記者が、「民進党代表選に井出庸生(いで・ようせい)さんが出馬意欲」とツイートして話題に

 

RTが2回だけされていました。

やっぱ盛り上がらない民進党代表選。

 

 

 

「民進党代表選に井出庸生さんが出馬意欲」?!しかし他に情報無し

 

本日、あづみ記者が突如こんなツイートをされました。

 

 

民進党代表選に井出ようせい出馬意欲の模様

— 会館の美女★フリーランスのあづみです (@main_streamz) 2017年8月18日

 

 

なお、今のところ他に情報はありません。

確定情報を待ちたいところです。

 

とはいえ、井出さんが立候補したところで代表選にどれだけの影響があるのか・・・

というか、この記事どれだけの需要があるんだろう?

 

 

 

井出庸生(いで・ようせい)さんはこんな人!

 

先日民進党を離党した横山博幸さんに続き、またも名前すら聞いたことの無い議員が・・・しかも代表選に出馬するかも知れない事態になったということで、民進党の層の厚さにあらためて驚愕を隠しきれません(すっとぼけ)

 

www.inatei.com

 

 

調べていたところ、この井出庸生さんって江田憲司さんの子分っぽいですね。

 

  • 2010年の参院選に、みんなの党公認で立候補(落選)
  • 2012年の衆院選に、みんなの党公認で立候補(比例復活当選)
  • 2013/12/09のみんなの党分裂で、江田憲司さんの「結いの党」結党に参加
  • 2014/08/01に日本維新の会と結いの党が合流した「維新の党」に参加
  • 2014年の衆院選に、維新の党公認で立候補(比例復活当選)
  • 2016/03/27に民主党と維新の党(松野維新)が合流した「民進党」に参加(民進党松野派)
  • 2016/09/末頃、民進党松野派(旧・松野維新)内の対立が激化。おそらくこのタイミングで江田派に参加した

 

www.dailyshincho.jp

 

 

江田憲司派(旧ゆいの党)は、第三候補としてタマキン(玉木雄一郎)さんの擁立を目論んでいたものの頓挫。他の「タマキン以外の第三の候補」を模索していました。

 

www.inatei.com

 

そこで、若いもんを適当に見繕って井出さんを立候補させることにしたんじゃないでしょうか。知らんけど。

 

 

政治的に何をやった人かというと・・・

 

www.inatei.com

 

民進党はその後記者会見を開き、逢坂誠二議員や枝野幸男議員、山尾志桜里議員、階猛議員それに井出庸生議員が口々に与党側を批判するとともに、鈴木淳司委員長の解任決議案を読み上げるなど対立姿勢を鮮明にしています。

 

国会でもめごとを起こして大騒ぎしたとんでもない事件がありましたが、その時の主犯の一人でした。他に実績はとくになさそう。

 

この井出さん、政治実績こそ皆無ですが、大学野球で変な記録を持ってました。かつて甲子園で松坂大輔投手の好敵手だった上重聡投手がPL学園にいましたが、その上重投手が完全試合を達成した時のラストバッターがこの井出さんだったそうです。

 

 

 

俺たちは小西洋之さんの乱入を待ってるんだ!!

 

もし本当に井出庸生さんが立候補してしまう事になると、民進党代表選は「本命・対抗・穴」がそろってしまうことになります。

 

しかしツイッターランドでは小西洋之さんの立候補に期待するひとが非常に多く、特に自民党支持層や保守層から強い期待がかけられています。

 

www.inatei.com

 

この噂に惑わされることなく、引き続き小西洋之さんの立候補に期待をもち続けていきたいと思います!!

 

 

 

正式な記者会見が行われました

 

安積さんが速報ツイートをしてからほどなく、記者会見が行われたようです。

 

web.archive.org

 

民進党の井出庸生衆議院議員は18日夕方、記者会見し、来週21日に告示される党の代表選挙について、「先のことに惑わされず、党がどうあるべきか問題提起したい。活発な選挙にして党の求心力を高め、党への批判を変えるため、出馬する決意を固めた」と述べました。

 

そのうえで井出氏は「確保した推薦人は十数名で、必要な数がそろっている状況ではないが、最後の最後まで推薦人集めをして立候補したい」と述べ、立候補に必要な国会議員20人の推薦人の確保を目指す考えを示しました。

 

 

推薦人が不足しているので、実際に立候補できるかどうかは未知数です。

 

井出さんの場合は「江田憲司さんの人望と影響力」に頼らざるを得ないため、かなーりハードルが高いんじゃないかと思います。